コメンテーター達の出すクイズ番組

休みが続くと体が鈍る。
充分寝たと思うのになんなんだろ?平日よりもだるい。

子供時代は昼近くまで寝られる日もあったのに、
寝るのってやっぱり体力要るんだ。

休日寝坊してもせいぜい午前9時止まり。

心は心で色んな想いに振り回されて、振り回されまいと思えば思うほど
そこのところをピックアップしてる時点で気にしまくっているわけで
ただ、年の功で回避できる技もあるわけだけど、
単純思考が秒速で支配してくるから、てんで間に合わない。

ものの分かったお年寄りが杖突きつつ後から現れるという具合で。
もう、遅いって。

ところで世の中、マスコミさんが大威張りだけど
テレビをとんと見なくなったから、たとえ街中に突然現れても
誰?ってなって、通用しなくなる時期が今にくる。

今や、コメンテーターは共感を誘う人たちではなく
逆に、理解すると言う努力を要するコメンテーター達の
発言から、謎やらクイズを解くクイズ番組。

正解を知っても何にもならない。





スポンサーサイト

結局世の中は好感が持てるかどうかです

人の感覚がどこまでいいかげんかってつくづく思ったのだけれど。
「不倫けしからん報道」にはもうほとほとウンザリなのだけれど

斎藤さんがまたやってしもうた、常連さんらしく、
別に遠い、知らない環境間、人間関係の中どうでもいい話。

謝罪の仕方と印象で雲泥の差、今後の芸能生命の分かれ目になる。
それが斎藤(由貴)さんの場合「大変良かったです」の花マルで
どうやらすんなりスルーできそうな感じなのだ。

挙句は謝罪会見の好印象なやり方解説まで。
斎藤さんがそうだとは言わない、人間性が出ただけだとは思うけど
テレビは、この世の欺き方詐欺の方法を指南する気でいるようで
結局陥れたい自民党と比べてどうのこうのと言いたいのだろう。
そういえば今回の河野さん野田さん起用は意味深。
やっぱり中韓の圧力強すぎか。

この頃テレビのやりたいことの規制が多すぎるとか嘆いてる
テレビの人たちがいたけれど、果たしてそうだろか。
昔は言って良いことと悪いことの区別がある程度規制なく出来ていて

昼日中御構い無しにとても卑猥な下ネタ言い放つタレント
映像は減ったけど言葉の自由さエロ表現には度肝を抜く、
「ハゲー」とかで笑ってるけどNHKで「世界歩き」日差しの強いオーストラリア
若い人がハゲ頭に日焼け止め大っぴらに塗りだした、
番組中、日本じゃ考えられないくらい静寂で普通だったよ。
日本なら、何か笑いが起こるか、誰かがすかさずツッコミ入れてる。

こういうところが、ここが変だよ日本人なんだろうと思う。

強くないと生きられない

「熊本」っていう地域性を思うと努力の県っていう感じがすごくする。
唐突で申し訳ないが、アメリカも(笑)
アメリカは、落ち込んで傷心旅行に選ぶ地ではないと
誰かが来て、慰めてくれるとか一切ない、余計に落ち込むとか言われている。

それに少し熊本は似ていると思う、
落ち込んで暗いオーラを放ってる人には極力近づかない
もし、落ち込んで暗い気分の中に居ても前向きな気分を読み取れたら
そばに寄って行っても良いと判断する。

おとなしい子供には厳しい県と思う、
私もそうだったから、相手は男の子だったが
先生が〇〇さんに(墨汁だったか?)を貸してあげなさいと言っても、
貸さない理由を「〇〇さんが貸してって言わないから」と
貸さない理由を先生にそう弁明して反論したのを思い出した。

まずダイレクトに「おとなしい」を克服しなければ二進も三進もいかない。
それが出来ないからおとなしいんだろうが、
そんなものわかろうはずがない、だってその子はおとなしくないのだから。
口を訊くのに勇気を要する子が居るなんて理解出来るわけがない。


おとなしいなりに一目置かれる努力をしないといけない厳しい県と思う。
案外面白い子だとか、スポーツが出来るとか、
センスが良いとか、家がお金持ちとか、知り合いに有力者がいるとか。

そう言う面では、何のメリットも持ってなさそうな子に
「おいでおいで」をしたりはしない
姉御肌な面倒見の良い県ではない。
簡単なことでも「助けて」と。
言われれば助けるけど積極的には助けない。
度胸を認め臆病を嫌う。
市内に出る時、周囲に言われた、市内に住むなら性格は気が強くないと
無理って。





とても嫌な感じがした

娘が医療費免除の申請をしてくれたので
文字通り医療費は9月末までだったか免除、
なのだがこの制度、受けない方が良かった。
なにか卑屈な気分にさせられる、病院サイドは細かい配慮のいる歯科医なので
患者の一挙手一投足にまで過敏だし、なんと長〜い鼻呼吸にまで反応
鼻で笑われ、
出来上がった詰め物を被せるのに
「お痛みがあられたら麻酔」とか最初意味が解らなかった。
解らずにいると「大丈夫ですか」
え?頭のこと?麻酔のこと?いや、これはないと思う。

何にでも気がつけば良いというものでは無いと思う。
言葉の端々には嫌味を感じてしまう始末で、
被害妄想も甚だしい。
あのレントゲン写真いつのだろう?今回撮られなかったのだけど。

真意は定かではないが、読まれているのか
今回最初っから今までとは全然違う対応で
慇懃無礼というか、名札を外して再度現れたような気がしたし。
いかんいかん、被害妄想か、
市内など、もう被災者気分なんて誰一人持ってなくて
明るい都市です
逆に憐れまれたりするからこういう制度は受けない方がいいかも。

犬っぽい芸能界

世の犬好きさんには悪いけれど
最近の日本のテレビには、犬的性質の芸能人が多くて
飼いならされてる。
犬ならいいの自然体だから、人間が犬っぽくなるってのが嫌だって話。

マスコミに対して忠実な忠犬ハチ公ばかり

善悪関係なく自分より上と見なしたら尻尾振りちぎらんばかりに振りまくり

何より周辺をクンクンクンクン嗅ぎ回る、単純思考で正義と見なせば
ワンワンワンワン吠え立てる

最近のテレビはあらかじめ犯人と決めつけてた
警察みたいに追い回し、出どころ怪しい週刊誌並み。

嫌いな人には狭量で好きな人には相当なまでに寛大になる。

今日なんて一線超えたかどうだかを恥ずかしげもなくテレビでしょ?
どうでもいいやろ、いくら政治家でもプライバシーは最低限守れ!
センセーショナルだと「このハゲー」を繰り返して放送
どうやら面白いらしい、ゲス報道。

お終いはワンパターンで、犬も卒倒してる

日本人は気がつかないのか、マスコミが日本をダメにする報道ばかり繰り返してることに。
政治家にだっているのに。
日本の政治は世界から見て安定だし、強いから、羨ましがってた
それは過去の話しだけど
ずいぶん汚点を付けられたから、

栄養面考えずにグルメ特集ばかり、お笑いは地に落ちて人を貶す笑いばかり
男の司会者ばかりで、身体壊させて今度は人間性を壊そうとしてる。

でもつくづく思うのだけれど、よく男性が笑うようになった
「マツコの知らない世界」でも笑ってるのは男の声ばかり、ま、仕方ないけど
なんか男性の笑いには偏見を持つ。
どうせバカにしたいか、もしくは自己顕示欲か
声がやけに立つから、笑い方で大体の人間性がわかる。

この前、医療関係で相談したら電話の相手に男性をよこしてきた
人の質問の返答に「うん」とかで返してきたから「うん」?
って返したら改まったけど、
こんな非常識な返答してくる人が男女問わず公共機関に多い。
やっぱり電話を回すなら第三者機関でしょ?
取り上げて論議してもらわないと。
そこのトップに電話を回すって
苦情みたいに感じたら小馬鹿にするか揉み消すに決まってる。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード