無骨な手でも優しくあればなんぼかまし

私は小さい頃から手が老けていた、この手は父親譲りだ、
似なくていいところが似てしまった。

下の娘が(誤解なきようが「特に」としておこう、)主人譲りの綺麗な手をしていて
「手タレして良いんじゃない」と周囲に言われるくらい動きも形も綺麗だった。
そこは良かったのだけれど
男で綺麗な手?手のひらなんて必要な最低限のシワしかないし
これはこれでどうなのよ、私は手のひらだってシワが多い(ふん!自慢だ)
私と正反対、こんなにシワが多いと
神秘十字線とか、網焼き線とかラッキーMやらいろんな線が結構有るんだから

でも本当にしわしわだなあ
そう思いつつも、愛おしい。老けて見える手を気にする人が多い。
でも、その手は当たり前だが、自分の手らしい動きをすると思うし
脳と直結してるから他人の手でも姿形よりも動きの方が見ていたいと思うポイント。
賢さも出るし、認知症テストなどは手先の動きの出題があるくらいだし。

薄い皮膚はどうしようもない生まれつき、でも嫌いじゃない、自分の手。
いつも自分を守ってくれてるし、人を支えてもあげられる(あまりしてないけど)
「手なき人だって(今は亡き私の尊敬する人の言葉)あなたより(心で)手を合わせるよ」
と言われたりもした。
それを心に留めているのだけれど、
ジェスチャーや動きの少ない日本人、思いを伝える手をもっと使うべきと思う。


スポンサーサイト

セーラー服は骨格を選ぶスタイル

小さい頃のトラウマ
あれは忘れられない思い出、
廊下の延長線奥に控えてる母の嫁入り道具の「鏡台」にまつわるお話。
スカート履いてワンストロークするにはもってこいの位置。

そこで恐る恐る履いて見たのはお初のセーラー服。
私的にもこのタイプのスカートは、なで肩タイプにちょうどよく似合いそうで
いかり肩ではないけれど肩パットなしでちょうど良い私には似合わないの極致だ、
と思いつつ見ていたのに後ろからの追い打ち

「○(←名前)はスカート似合わんねー」誰あろう母である。
いや、このセーラータイプが似合わないだけで普通のスカートは大丈夫なはず
心ではそう思っていたのに、まるでスカート全般が似合わないみたいな、
断然としたそしてとても残念そうな口調が何をか言わんやだ。



確かに毛量多く癖っ毛の私はショートヘアが定番スタイルでそれもセーラーには少し
バランスが合わない。

果たして翌日のセーラー服初日の日、下駄箱で
最近聞いたばかりの空耳アワー
「○(←苗字の呼び捨て)はスカート似合わんねー」バカ男子である、嘲笑の響き有る。
スカート嫌いにするのは誰あろう本人では無い、外野です。
一人は哀れみ、一人は嘲り。
思ったことを正直に言う必要ある?
一番気がついてる(そして傷ついてる)のは本人ですがな。
後三年もあるんだから。

監視不足

勘違いして見てたCM
例の引っ越しの

引っ越していく女の子の申し出をことごとく断る。
リンゴの次のぶどう編のもの。

男の子のセリフ「ほんっとに良いから」って聞こえてたけど。
「取りに行くから」って言ってるらしい。
溜めて言うくらい、
「ほん、、とに」だからどんだけ嫌なんだろう冒頭の「ほ」はほとんど聞き取れない
だから「、ッとに良いから」こう聞こえてるんだもん、聞き間違うはずだ

何をアピールしてるCMなのかわからなかった。
「本当は嫌いでした」って言うCMかと
でもにっこり笑って終わるもんなあ、って
耳がおかしいのかな
耳鼻科に行ったら耳栓して寝てるせいか
耳垢が無いって言われたけど、ほかでも耳が詰まった感じして
突発性難聴?疑うのだけれど
すぐ治ったりする、どうやら風邪気味の時に出る

一時的なもの
耳も聴力落ちてないらしいし、不思議なCM作るっう先入観があるからかな?

朝からご当地アイドルの自殺の経緯
人間のクズみたいな社長の話、弱いものを食い物にする
駆け込み寺のような形で飛び込んで行っただろうに
狭く見えないところで暴挙の限りを尽くす、
本当に弱い男、
こんなのの懐に勘違いして飛び込んだらいけない。
手ぐすね引く金儲けの道具として。

日本の伝統的相撲の終焉

日本の伝統的な相撲の継承
その夢が貴乃花の引退、これで潰えた。

この八角理事長確執は
モンゴルVS日本のことで

貴乃花の負けは日本の負けを意味する、
エルボー、空手チョップ相撲を認め
これをNHKも見て見ぬ振り。

今後どんどん相撲ファンが減るでしょう。

悪代官の高笑いみたいな

ほーらね際立って来たでしょう熊本の男たちの問題点
男尊女卑をこれほど謳歌してる県があろうか。

馬を虐待して女性議員をやり玉に挙げる
公共の場所でぎゃははと大声で笑ってるのは、大抵がいい歳こいた男達。
男の笑い声って嫌い。

私は古いタイプの人間だから男は黙って
笑む、くらいがカッコいい、男がこれだから女は強くないとね。
そして男の子の子育ては標準仕様にしないと熊本みたいな県でしか通用しない。

のど飴舐めてる緒方議員の対応に腹を立てて議長の
うわずる声、
「馬鹿にするなよ、女ごときが」そんなようなのが心の底にあるから
あれほど逆上する。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード