気持ちをまとめるために始めたのだから

シンクロニシティが頻繁におこって気持ちが悪い。
もうここまで来るとさすがに厳しい。
だからといって何か劇的異変が起こることもなく日常はいたって平凡。

地震の起こる一年くらい前から今日まで平凡だなんて言える口がおかしいか。
不思議と行くとこで親切にされることか?
にこやかだし対応に特別感を感じたりもする、お金持ちにも見えないだろうに。
対応が普通のところもあるけれど、自分の発してるものが様変わりでもしたのだろうか。
よく笑うようにはなったというのもあるのか。
よく泣きもするが、涙は流れ放題に流して、、止まったときそれから拭く(どうでもいい報告)

ブログを書くのはいつだ、と思い悩んでいたらそういう記事を書いてる所に行き当たる。
それもシンクロニシティについての記事で、書きたい時に書く、それで良いのだと。
自分のために書いてるこういうまとまらず気持ちが悪いときに。

偶然がひとつとかじゃなく丸ごと起こる、壮大過ぎて自分のおつむでは処理しかねる。
落ち着け、落ち着けと。
昔はブログを毎日アップしていたが随分引っ込めた、個人的な恥も随分書いていたし、
憤ることは書きすぎて重複し、
同じような内容だと思い当たったり。
何も起こらないのが普通、永遠に続くと思っていた。
平凡を絵に書いたような日々に一変して非凡を感じて、だからといって何が起こるでもなく。
スポンサーサイト

異空間に舞い込んだような一年


壁をカリカリすることももないし、固い床にしてもらったので爪痕ひとつ付かない。
ただ、夜行性が過ぎる完全覚醒状態で、餌場と窓辺のパトロールがはじまる。
猫の発てる音が気になるのなんの。

地震で、病院→ボランティア→娘のアパート→今の住まいと
住家をかえるたびに
神経質な性格に拍車をかけたよう、以前とはどこか違う
かなりの落ち着きのなさと餌場へとの往復はうんざりする
元野良なもので食いっぱぐれの心配が付き纏うのか
食べても落ち着くことなくにゃーにゃーというか
よく通る高音の音色の不思議な声でしょっちゅう鳴いてくれる
窓辺が多いのに、外が手に届きそうなのに、外に出れないから
いっそう鳴くのだろう。半野良のにゃ
地震の後は私の一番好きな風景が見えるところに引っ越して
目前ががらりと変わった。
空も美しいと感傷的にも感覚的にもなって以前のようなぼんやりではなく
研ぎ澄まされるので厳しい気分にもなる。

キリンジのアルバム「愛をあるだけ、すべて」
すべてが良い曲だ、AIの逃避行、時間がない、
女の子の声の酔っ払いのAfter The Party、特に最後の
Silvergirlなんてメロディーだけで感涙、なんてきれいな、なぜか母を思い出す。
↑高級とかの意だが(銀色の少女)SIMON & GARFUNKEL

今年は有りすぎたなんてもんじゃないくらい心境が変化しまくる
年だった、悪いことではない、
慎重に、他人を自分を慮って生きる、たやすい年ではなかったがよく頑張りました。
来年も頑張ります、
皆さん良いお年をお迎えください。

暗号

暗号解けて愕然とした。
そういうことかーって、良くある話。

好きな人がいると生身の人間特有の
表情、目線、一挙手一投足が気になるものだけれど
よーく見てればテレパシー(←映画の受け売り)みたいにわかるのだそう
鈍いからちんぷんかんぷん

昔から片思いはしない主義でいたいと希望、(結婚以前)少ない経験上
自分の方を向いていないものには興味がなかった。
結局、合わないということだから、無理にこちらを向くよう仕向けることは
合うように努力するということだろうから、
付け焼き刃だと自分と違う人を演じることになるのでは、と思うと
二人ともいずれ、誰?ってなる。
だからほとんど失恋の経験はない、
いや、忘れたくて忘れているだけで、、、

ただ日本の場合受け身の立場が「女性(おんな)らしい」という、都合上
男性側の一方的になる可能性が大で
自由性がない、そのうえその時の好き嫌いの判断はできても
永続的過ぎてお互いが気持ちの持続性が持たなくなる

よってテレパシーが飛び交うことになって
キャッチしてしまうだけでも不貞とか言われてしまう、

女性に厳しくて世は男性に甘い
未婚既婚に関わらず
50代くらいで体型も身だしなみも人間性も保ててる者が
居るだろうか、もはや30代でも怪しい
そのだらけた身で迫られても女性はいやなだけだろう。
良くあるセクハラで捕まる面々の気持ち悪いにも程がある風貌たるや。


化粧で化ける

フェイシャルエステとか受けた後、(最近じたばたしはじめた)
美容部員の人の化粧が良いと真似したくなる。良い仕上がり具合だ。
せっかくだから買い物に時間かけてわざとうろうろしたりして。

ン十年前の結婚式では年の差婚で釣り合わせるため
ずいぶんおとなびた化粧をしてくれた。
ただでさえ眉が上がり気味をさらに吊り上げるから、、怖いよ。
老けメイクか。下手なわけじゃない、ただ自分がどう成長しても
こんなに女性的な迫力ある顔にはならないという、仕上がりの顔なのだ。

今そのときのアルバム見てみても誰だかわからない、
娘達さえこの人誰?ですもん、
その後、主人の勤め先の(転勤でこちらに)人が用事で家に立ち寄ったとき

そりゃあ   
かなり安心したみたい
かわいい人じゃないですかあ!←(昔です)と信憑性の高いうれしい反応を示していたが
一体どんな前評判を叩き込まれてお尋ねになったのだか、よっぽど
あの式で見た顔に度肝を抜かれ人の印象怖かったのだろう、
あんまり笑うなと釘も刺されていて、うつむき加減にしてと←暗い印象
一生の思い出を誰だか分からないものに
するなんて、ダメじゃないですかね。

化粧映えするタイプといわれる。
そういわれる人の名誉のため言うがのっぺりなんぞじゃない
ハッキリした顔と言われる
普段は化粧取ってもあまり変わらない程度の化粧で済ます。
濃い赤が好みの口紅だけはしっかりめに、眉は自前だけど少しペンで濃くなるように。

にっしー愛称の西島隆弘作
香水どんな香りなんだろう、男性用ってあまりピンと来ない、
男女兼用ならなお良いだろう
センスの良い、にっしーに
間違いはないだろ、色気で男も女も何人も倒す勢いの香水と思う。

やはり日本はおかしい2

日本の企業戦士達が毎日の仕事に追われ他のことが考えられないくらい
憔悴しきってるうちに、日本が水面下で
どんどんおかしなことになっている、テレビも内容を低レベル内容にして
テレビ離れを起こさせても、しめしめ

マスコミはいつも下世話ネタしかも国内のみの、国内でしか通じない芸能ネタで終始。

芸術や音楽は糧だから大事です。

そのほかについては、そりゃあバカになりますはな
毎日開いてる教科書がバカなんだもの、それでしめしめ
ほくそ笑んでいるのは日本国民は国内の大事なことに気がついてないと見た
欲にまみれた資本主義の権化達。

この人たちのビジネスチャンスを伺う目は巧妙且つ狡猾で。
環境問題にも自然災害が度重なるうちに先進国の知恵があるのに、
果敢にチャレンジして来る。

だから慣れてない日本の先行く大人達の目新しい大変な事態が起こったとき
余りの不安のため経験もしてない近所の人にどうだか尋ねて見るのだと
大まじめに言っている、そんなレベルなのだ、皆、大抵が。

考えることをしないでご近所さんにお伺いを立てる、
そして挙げ句安心してしまうから始末に終えないここの政治
日本の自治体のいにしえ構想が日本の政治の基本理念だから
井の中のかわずだし、妄想の域を出ない、未だにの政治。

これからの政治はすでに他国により(信頼される)データベース化された
未来を基軸にしたある程度道筋の通った
道を歩くべきで、日本のように欲深を起こして右往左往すべきでないと思う。