レコード、カセットテープの時代

ハズキルーぺって結構早いうちから通販で購入してたのだけど
前回のが大きすぎて合わず女性向けなら合うかなって2つ目を購入したんだけど
どうも横幅が広すぎてダメ、耳掛けも心もとないし
鼻当て部分もどうも合わない
普通にメガネのリーディングルーペで良いかな
視力も今の所大丈夫でメガネデビューも出来ないから
しようがないから伊達メガネデビューをしようかな。




郷ひろみさんの
懐かしいアルバムLPレコード
どんなに歌詞検索しても出てこない。
最近ようやく見つけたかも
一つだけタイトルを思い出したもので。
愛の神話?  違うかもしれん
すごく好きな曲が沢山あったのに
コンテナにはこれを録音したカセットテープが
あるはずなんだけど。
探さねば。


音楽

ポコポコ歩いてってもたかが知れてる。
もう誰のライブも見ることもないと思ってた
宇多田ヒカルさんのDVDを買い、
聴いて、観て、感動。
楽器奏者の一流粒ぞろいもさることながら
大聖堂を思わすようなコーラスも心震わす感じで、
背景から色とりどり綺麗なカラーがこぼれるというか
溢れ出すようなステージ、
そして宇多田ヒカルさん一貫して安定の声、表現が難しいが
佇まい、超越してる。
奇をてらわないアレンジも良くて。
ブランクがあったというのに
МCから切り替わり歌い出すと途端に変わる気迫みたいなのがあるし、
比べては悪いが他アーチスト達との違いは歴然、プロの凄み。
一回のステージで、どれだけイメージが変わる人なんだろう
不慣れなMCも新鮮だし、心根の良さを感じさせる。
場面場面でいちいち、え、同じ人?と思わせたり。
ラップの台詞は母として痛いところを突かれてはいた
後悔するし考えさせられる。
笑いはブラック?(笑)
落ちは良かった、そういう意味ではダークなのか。

完成型を見た感じ。
世界で認められるだけの
プロデューサー手腕もある人。
しっかりした明るい人と言う感じも。

自分なら面白がる

面白いって笑うっていう意味じゃなく興味深くのほうがあってるかな。
闘病される方へのお見舞いの言葉、デリケートなだけに。


意見の言い方もずいぶん注意を払わなくてはならなくなったものです。
言いたいことをうまく言えないと
気持ちを伝えたい人も口をつぐまなくてはならなくなる。

一方通行の言い合い
だから話はピンポンみたいにラリーで続けるべきで
ぽつんぽつんなしゃべりでは埒が明かない。昔はこのタイプ(笑)
聞くほうだって何が言いたいのだろうかとか、
誤解して聞いていないかとか、思いやるのも大事で。
誰だって人のこと言えるほど優しいお返しの会話してないし。
いつもわがふりなおせを肝に銘じ

サイコパスなる言葉を調べると日本の上層部企業のトップに
これが多いとのことで
確かに従業員の働きを生かさず、もしくは給金を不当に減らし、職場環境も考えない
しかも自分の取り分に加算するのは立派なサイコパスいわゆる
ブラック企業のトップはサイコパス。で確定


熊本に浅田真央さん来てる、地方局のテレビに告知で、
すごいな、滑りを見たいな。
お見舞い先の病院で知った。
真央さんはやはり放ってる雰囲気が違う何か、クリアというか
その辺一帯の空気を綺麗にするみたいな空気清浄機?(笑)

キリンジの曲は詩に母性を感じる。   
 Wake up   のリフレインとかメロディー  
曲調の高まりもさることながら花々の名列の数々の
歌詞だけで大層に泣けて来るから
困る     早く起きてーー!   

導かれるままに素直な人という感じ

読み直したら何だかおかしいと思ったので書き直しです。

遠い地から宇多田ヒカルのライブの模様が時々配信されて来るが
世の中には好きすぎて「近くに寄って姿を見る」(笑)
さえができない者も
居る。ここに

感情的にクールな感じの、うちの長女ですら
ライブなんて見たら倒れるとか言ってるのだから。
笑っちゃう

そういう自分は終始たかぶりっぱなしだわ泣いて何しに来たのだか
わからない人になるのは想像に難くない。


特別な魅力や才能を湛えた人のコンサートとか
宇多田ヒカルさんはそういう
稀有な人、
天女みたいなんですもん、見ていて引き込まれるような。
なんであんなにすぐに自信なくしたみたいになるのかな
これなら世界中の人がもっともっと落ち込まないと
いけなくなる、人生に真摯に受け止め過ぎるというか
もっと楽に生きたら周りもきっとそう(そういう人だと)見るのに。

初恋のアルバムの歌詞カードの写真、とてもいい感じ。
、、、アルバム聴くだけで感涙するくらいだから
。。


美しいものへの憧れは少女のものとは限らない

タイトルは(郷ひろみの)歌の歌詞、検索したけど見つからなかった。
夕方6時以降の楽しみといえばYouTubeなのだけれど。
筋トレなんかも見て実践する時間に充てている。

中でもAAAの西島隆弘、西島隆弘Nissyを見つけたのは良かった。
曲もノリが良くて中には歌詞が陳腐(失礼、昔のもの)なものもあるけれど
ラップ的なものはひじょーに軽快でストーリー性ある映像も
若者らしく微笑ましい
なんか妖しい色気満載ですごくいい。
ダンスはうまい、歌もうまい、企画力もある、芝居もうまけりゃ一体何者?
男の子(私から見れば)なのに色気はあるし美形で中性的にも見える。

表現力が他の追随を許さないくらい魅力的。
持って生まれた天性的な稀有な存在ではあるのだろう。
 
話変わって
人はウィークポイントと捉えてる部分だって内面や見せ方の工夫で
他にはない魅力に変換することも可能で
いや、容姿はその人の努力の表れだし長年の経験(ダンス歴など)
表現者の研究とか、自分の見せ方.
「美しいとか、かっこいい」とは年代じゃないし内面がにじみ出るもの
経験上結果を多く見る機会からそう考えるようになった。
これから私もどんどん老ける、でも努力は怠らないでおきたい、
目も当てられないような老け方だけは避けたいから(笑)
もう年だからと諦めず

若い時怠けていると年配になったときよくわかる。
太ったり痩せたり繰り返すな、弛みますよ、と。警告しとく(笑)
こめかみ押すだけたるみが軽減、こんな簡単なことなのに
美容じゃ大事になるのはなぜ?

プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード