16年生きて

朝、起きたら飼い犬、チワワのりくが死んでいると報告があった。
16年生きた、最近は一回り小さくなっていたもののお腹をこわすでもなく
気道が少し狭いくらいで病気らしい病気もせず、目を開けたまま
可愛さはそのまんまだった。

思えば、アイフルのCMに安易に便乗、
その当時道行く人全員に吠えるセンサー犬
(子犬の頃の印象からの命名、眠人、ミント)も居たにも関わらず
知り合いから譲り受けたと突然連れてきた犬で、
私が昔飼っていたうさぎの一件で正直犬は苦手で
という話も知っているくせに
子供の情操教育とかなんとかちょっとだけ飼いたい意思を示した
当の子供(次女小学生、長女は私と同じく噛まれたことがあり苦手)は
気まぐれで、突然の命の責任問題に逃げ腰の様相ともしらず
呑気なものだ。

主人の犬ということで一件落着、でも世話をするのは私だ
それでも在宅中は適当な主人の管理下で
どれほど周囲に迷惑をかけたことか
りくも飛んだとばっちりで「チワワ憎けりゃ飼い主も憎し」状態。
「」内はチワワ所有者にもつ特有の感想らしい、
他人に良く吠えるし気が強いからだろう。
ご近所の評判も何も有ったもんじゃない。

そうこうしてるうちに地震にも巻き込まれ
猫と犬双方のアパート住まい問題で
一悶着、
犬はOK猫はNG物件が多く猫はボランティア施設へと
犬はアパート、
それでも本物の犬好きではない(ちゃんと散歩には行ってたが)
家族との同居はりくにとっては不憫な(←主人には自覚なし)感じもあった。
犬猫双方を飼って見てわかる飼いやすさの妙、
老犬ともなれば小型とは言え臭いが半端じゃない。
しかも痩せてきてるので洗うことも体に触りそうで怖く、
おっかなびっくり状態。

新築に移り住む時は犬を置いた部屋中
何とも言えない臭いで、臭いもなかなか取れず
事務所の方へ預けた状態だったのだ。
いい加減な主人の管理下、いいから連れて帰ってきてと
何度も言っていた矢先だったが当の主人が臭いに堪えられないと
睡眠不足も堪えて居たようで、やっと犬を最後まで飼うことの大変さを
思い知ったことで。
自責の念で声を漏らして泣きながら敷地に埋葬し花を供えた。
りく、本当にごめんなさい。と
スポンサーサイト

自由猫

猫は何かインプットでもされているのだろうか
仔猫時代
飼ってくれそうなうちを探す物件巡りをする、
親猫がいないことに気がついて諦めた時に
仕方なく物件探し。

「人」と猫とは何色かは知らないが運命の糸で繋がってるのではないかと思う。
その糸を「人」の方が自ら切ってしまうことはあっても
猫のほうは切らない
ノラが多かった昔、うちにも猫さんのお訪ねが何度かあった

いつの間にか家の中に居るという、迷い込み「にゃあにゃあ」
お願いでもしてるかのよう

野生なのに人という生き物が(人を見極めて)存外怖くないのは猫だけと思う、
最初から猫には人が何とかしてくれるというインプットでもあるのかと
きっと猫と人の長い歴史でのDNA
生まれ出でたと思ったら自ら訪ねきて寄りそおうとする
このコミュニケーション能力は見習わねばならぬものがある
人だけに限らず異種に働きかける猫は
生きることにも長けている。
自由(ノラ)猫が居なくなれば物件探しのお訪ねもなくなり、、寂しいような気もする

娘の住むアパートから一歩も出なくなった「にゃ」さんは
どう見積もっても悲しげである。



日本人の猫に対する感情はハードタッチに現れる

岩合さんの番組を見てる。
世界ネコ歩き、全部録画、岩合さんと猫の間には言葉以外の通じる会話があるようだ。
猫が岩合さんの歩調に合わせ道案内とかしてるのを見る。

猫が時に早足、そして区切りのいいところでちゃんと付いて来てる?
って感じで振り向く、そして「待つ」をする。
飼い猫のにゃは私に対して良くそれをしたがノラの自由猫がそれをするとは驚きだ。

良く昔 、漫画なんかで描かれていたのが魚を咥えて逃げるノラのどろぼう猫の図。
猫に対して、厳しいのだ日本は、
何故だろうと思っていたが
食卓のお皿のお魚は、人間の主なるおかずメインディッシュだったわけで、
その当時、それを盗む猫は日本に住む人間の少ない資源から考えると立派な
ライバル。

生き残る上では死活問題で、それで昔から猫に対してやることなすこと
猫の一挙手一投足(猫パンチやら後ろ足ケリケリ)に重きをおくのだと思う。

そのぶん強い思いがあるからか、猫の撫で方もすごいものがある。
海外の人が人権を尊重するように(にゃん権尊重で)
ソフトタッチなのに対して、日本人は猫を強めに撫でつけ
結構しつこく(撫で回すの方が当たってるかな)しまいには嫌がる猫を抱き上げる
猫の毛皮ごと撫で回すから顔が変形して、
つり目気味になってたりして原形をとどめてない、もう、可愛いんだかなんだか、、可愛いけど

思い入れが強すぎなんだろうなと、
可愛さ余って、、
みたいな感情も抱きやすい人種にっぽん、
猫は食卓の生存競争ライバルだったから、「昔は取られた魚返せー」追いかけ回した。
海外だと猫のために魚を釣ってあげたりしてるからすごい。

日本では猫は食卓のライバルだったから何となく猫と人は同等の存在?
で、猫に厳しくなるのではないか、、なんて勝手に考察している。




感謝知らず・のとか言う漫画を思い出し

岩合さんの世界ネコ歩きを見てるのだけれど
自称、猫好きなほうでも猫のこと全然わかっていなかったことに気がつく。

飼うことですら初めてではないのに、性質に個体差も大きいのだろうけれど
のほーんとした猫、色々と画策する猫、
餌のこと狩のことしか考えてないような猫(うちのだ)そのために画策もするけど。

私の幼少からの猫に対するイメージは間違っていて、
まず、盛りのついた雌猫、人間にたとえて罵るみたいなところがあるけれど
意外や猫のオス選びは荘厳だ、本能で自分のDNAを高める方向で選んでいるし
一度子育てに入ると防衛本能のすごさよ、他の近づくオス猫を張り飛ばさんばかりの勢い

しかも猫の子育て本能、オスだとしても父性溢れる猫もいて子猫を育てたり保護したり

もっと言うなら異種、自分より大きな犬と仲良しとか、羊や馬、豚に牛と
小さなものならフクロウやら鶏まで襲うこと無く暮らしてたりするからすごい。

挨拶も人間よりも上手く交わす。
危険因子(人間で言うならヤーさん)のかわし方、挨拶の仕方も絶妙だ。
言葉も話せないのに(猫)相手の領域にすこしずつ近づいて間合いを詰めて
やがて空気のように
そこに存在しても良いよと言う領域をいつの間にか作り上げる、とか。

子育てには尊敬の念さえ持つ、安全地帯の確保の仕方、子離れのタイミング
どれを取っても人間が猫に勝手につけてきた
イメージが間違いだらけだと気がつく、人間よりよっぽど賢い。

日本人くらいだろう猫に手厳しいのは、よその国の特に猫野良が街中でおおらかなこと
仰向けに寝転がるなんて日本の屋外では絶対に考えられない。
下手にいじって、予想外の反応されて逆上して、、、
海外の猫の扱いは女性の扱いくらい繊細で優しい。
昔はペストや伝染病予防で船に乗せられ連れてこられて、ありがたがられた存在と言うのに
、今や糞尿でバイキン呼ばわり、「実は」と言う高貴さ神聖さが読み取れず
猫の虐待、情けないったら有りやしない。
日本では「野良、ノラ」つまり「野生種」は早々に絶滅させられる勢いのような
小さな島国で災害大国だとシステム化がより一層叫ばれて
自然環境とは程遠い日本ができあがるのでは?と危惧する。
「グッバイ古い組織」とか言って過去を尊ばない国になったと思う。

住み分けをしない犬の苦悩

うちのチワワんももう14歳、抱っこしても未だ力強い脚力に思うのに
お散歩の時は、足がたまにもつれる。
動物病院で見てもらっても何ら異常が見つからず
この歳でこの検査内容は珍しいくらい健康体だそうだ。
食欲もすごい。
ドッグフード等先に出してあげて、同じく人間の食事時間はジトーっとした目つきで
こちらを見てくるのでたまらない。

以前ちょっとだけ食べたことのある
ドッグフードより、犬用おやつより「人間用の食品のがうまい」という
覚えがあるのだと思う。
人用を食べないから健康、健康だけれど美味しそうなものは食べられない。
これって人間ならやすやすと解消してることで
例えば、タバコを吸う大人、将来肺に心臓と内臓ボロボロになろうが
御構いなしスッパスッパやって
「好きなもの我慢するくらいなら健康害してもいいから好きな事したい」
たとえ息も絶え絶えの未来が待っていても。

そう考えると犬はどう考えているのだろう
「(人間)自分たちばかり美味しそうなもの食べて」って、
(うちは全然そうじゃないが)健康気遣う愛犬家で通ってるのに
等の犬には、「ずるい、ずるい、人間ばっかりワーンワーン」って泣かれて
意外に不当に恨まれたまま旅立たれてるのかもしれず
うちもいずれは、、か




北朝鮮って時間が止まってる、多分今が日本でいう昭和の戦時中
国際的な思想もないし国民は洗脳状態にあって、こんな似たような時期に
日本は核を落とされた。

「核を持ってるかも、いや持ってるに違いない」でフセインは殺され
北は核を持ってるよ〜って見せしめて来ても攻撃できない
結局核武装してるからだ。
日本が戦後取りたかったもう一つの道を選んだのが北。
でも日本は国際化を選んで時代に乗った、北はそのまま時代が止まって、今に至る。
ある意味異星人との交渉のよう。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード