猫も杓子も疑問数々

無いに越したことはないのかもしれないけど
交通違反には有るのに
罰金制度が無いって言えるの?
だから国民が裁こうとする国になると思う。

なんで悠長な発言集ばかり流すんだろう?これこそ煽ってる。
マスコミは罰金の法律がないことをわかるまで説明すべき。

デマが良くないかな?見極めれば良いだけで
国の発表だって人づてなら見極めてから信じてるんでしょ?←デマになり得る
自分でよく考えれば解ること、人に考えさせるからおかしくなる。

森友学園問題も
誰が一番悪いかってこと、事の始まり、発端。
「忖度したんでしょうね」ってさせた本人が言います?
誰のせいで?
これじゃ仕掛け人がいるってネタバラシしてるようなもの、
しかも自分から。
コロナウイルス発生時のシステムかと思った。

舛添さん
影響力も発信力もあるでしょうに無責任なだけ、
やり方が悪いって思うなら黙って見てないで発言したらいいのに。


いつも独り言になってるけど何らかの見えぬ力が書かせてしまう。
少数でも読んでくださる方に感謝と共感、
と、ともに大恐縮なのです←伝わらないでしょうが
馬鹿な記事だから(笑)

そして何より自分の頭がまとまる。

PCR検査に入る前に味覚異常?
味覚異常を感じたからPCRって、、、
28日雨
熊本もついに自粛要請
買い込むより期間限定ならサバイバル気分、
家にあるものでちょっとした生き残りゲームする。
もちろん食料品限定だけど。他のは切れたら洒落にならない。
普段からストックせいぜい(大容量1〜2個)しとくくらい。

車に乗り込むと必ずアルコール消毒している。
ハンドル、シフトレバー、ドア、サイドブレーキ等
あと、走行中の換気。
また、帰宅したら手洗いうがい、まだ不完全だとしたら
同居人かなぁ。

「結核予防BCGワクチンが有効か」、とネットでも
完全なワクチンが出来るまでの時間稼ぎになるかもと。
調べないとガセかもしれない。
コッホ博士も北里柴三郎博士もそれぞれのコレラやペスト
命の危険を冒しつつワクチンや血清の精度
高める初期段階から身を呈し研究されてて、感慨深い。



何が恐怖かって、患者が増えすぎてベッド数が足りないこと。
若い人だって治療(対処療法)が受けられないと
簡単なことで命を落としかねず
院内感染でも始まれば隔離なんてしようがない


今日は雨
うちのにゃさんいつも物事の最初に発する「にゃっ!!」にかなり驚く。
いつまでたっても不意をつかれて慣れない、
にゃっ!!と発しつつベッドに飛び乗る
もう、こうなりゃ掛け声です。

しかも寝入ってる深夜とか
飛び乗った後の居場所が絶妙
枕元で始まるゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロが延々と

にゃっ!!で起こされ

その「にゃっ!!」ってなに?

そして前を歩く速度と場所
足元右斜め前は丁度、踏み出す一歩先
まるでサッカーボールの位置だもんで

蹴ってしまいそうになり
そうは言ってもテコでも動かぬ
体重はまるで柔らかなツチノコ
度々家庭で安易に発見される

足が触ったくらいじゃ
ビクとも動かないのでけつまづくのです。
100%キャットですが。

人の脳科学のお話が興味深い。猫のも推察しよう(笑)
課題が待ってる
ひとりひとりに向いた(合った)老け方って難しい。
内面も外見も。

サイズが

香箱
お水の流れる音を聞けばこんな態勢の時でも
お風呂場までとか、必ず飛んでくる。
それで水が飲みたいのだとわかる、
そうして争うように案内をし合いにゃさんの水飲み場へ
あげた分全部飲もうとするから吐くことが多い。
少しずつ計量カップで入れてあげてるのに
嬉しすぎて腕にスリスリして
頭突きをかまして来るからあらぬところにこぼす(笑)

コロコロが好きだから少面積で少しずつかけてあげている
背中の毛が逆立ったまま
鍵の音に対しての反応パブロフの犬より賢い、その他でも
鳴り物なんて付いてなくてもかすかな音も逃さない。
掴んだだけでわかるみたい
ステックちゅーる3分の1をあげてそのすきに外出。

お供する猫


光の加減でオッドアイみたいな目に、影が入ってしまった。
そういえば昨日久しぶりに見たボクシングいい試合展開
面白かった。

にゃさんは2階に上がるのが大好きなようで
行くとより落ち着くような気がする。
私が上がると追い越して上がっていく。椅子を置いているのだけれど
ボードなど書き込んでいようと膝に乗り込んできて「撫でろにゃ」
ボードで顔が隠れるとしきりに覗き込んできて見え隠れするにゃさんが
可笑しくて。
「にゃおにゃお」鳴いてたのはどうやらお呼び出しの申し上げだったらしい(笑)
邪魔して何も出来ないからひとしきり遊ぶ。
最近釣り竿みたいな遊びグッズが大のお気に入り
これは少し敵対心むき出しのような食いつきかた
絶対に100ぱーじゃれる、釣竿だけにすごい食いつき。

おみくじ引いても今ひとつで今の状況からして解る気がする。
なんか乗り越えないといけないデカい難所みたいなものがある。
昔は割と出来ていたのに今はとっても苦手な分野の課題もある。
確信持って生きてるわけじゃないから迷いもするだろうけど。
でもおみくじには迷うなって書いてあった。

皆自由なんだから身も心も自由に生きないとね、って思う。
意外と?そういう考え方。嘘ついて暮らしたくない、
だから不満をぶつけてしまう
でも大半はそんな感じで生きてる。

天皇祝賀御列
採点のし過ぎ。
国民の意向が行き過ぎたら象徴でもなんでもなくなりそう。
象徴だと言うなら希望も意向も上皇ご夫妻、今上天皇の手に返すべきで
国民を代表してない政治がとやかく言うべきではないと思う、
個人的な権限を無くしすぎている
お人柄が素晴らしいお二人なのに。

台風もなんのその

昨日の台風久しぶりに酷かった。
長女の帰宅時が調度暴風域に、玄関ドア開けたどさくさ紛れで
何かが起こった。
しばらく気がつかなかったが
暴風の為、帰宅をあきらめた長女絶叫

猫のにゃさんが居ない

部屋中を捜したが居ない、どうやらあの時(どのとき?)

私に「呆れた様子で外出てみたら?」って言ってた長女
玄関ドア
風が全面に当たって重たいのなんの開けたら最後閉めるのに一苦労。
安普請だったらドアごと飛んでいく勢いの。
風向きによっては閉まる方に勢いついて指の怪我等に要注意です。

こんな風の中どうやらにゃさんお出かけのご様子。
外の異変に気付かんのか呼べど叫べど返事は無い。
いや確信犯だろう。
でも、今までの経緯
にゃさんは絶対に大丈夫と、根拠もあるし。。寝る。
夜中の1時「風もおさまった」で
玄関開けたらサトウのご飯、じゃなくにゃさん現る
やっぱりね。
ご飯かにゃ?って言いました。


反撃が予想外

お盆のお茶の間を騒然とさせた事件
行き詰まった挙げ句劇昂し殴打、しかもしつこいときてる。
それでもなお飽き足らず、辺りに憤怒の暴言を叫び散らかし
微塵の反省も感じてない。
その犯人の様子と年齢に驚いた。
年齢だけ見たらの話だけれど、付き添いの女性も良い歳をした大人で。

もう、お茶の間で見世物状態になってもどうも無いのだ。
車から降りても切り替わらないモードで
恥のかき捨てなんて言葉、曲解するから死語にしてほしいくらい。

昨日(猫の)にゃさん←猫じゃなけりゃ何?が吐きまして
未消化の餌の原型で結構な量を吐きもどす。
その後もまだげーげー
見たらば血が!! 吐血ーーーっ
うろたえまくって動物病院、
最近行ったばかりだったけれど。

早々に涙ぐむ自分自身、相当に先が思いやられる。
どうしても悪いほうに心配してしまう。
でも、先生の話ではこんなに元気なら(笑)
吐き戻しで胃とかの粘膜傷つけての、そこからの出血とのこと。
良くあるらしい。
懸念してた肝臓の疾患ならば
吐くとかより、元気がないとか、食欲が無い←二つとも全く無い症状。
それより野性味が全開になっておりまして
キャリーバッグの中からシャーシャーと猫パンチの応酬、
口元は、といえば噛み付く顎の振り被り
こんな猫の動き、動物園のライオンあたりでしか見たことが無い。
先生も死闘というか殺し合いみたいになるからなーって
注射もしなくて良いかなって、胃薬を処方。
この反撃の様子ったら本当に元気で、
キャリーバッグから出そうとして
出ないから斜め上に持ち上げたら
とっさに後ずさり前足だけで逆立つようにして
キャリーバッグに納まろうとする、しばし出ず、重力に逆らい踏ん張る(笑)
相当に無理があるぞ(苦笑)
やっぱり人間みたいに見えるらしい、頭良い風に見える目のあたり。
帰ってきても普通に元気。
食欲も有りすぎるほどに(嬉し泣)
でもあげない、決まった量しか。
やっとこ落ち着く。連れて行くと毎回加わる迫力に私が一番驚いた。
そういえば「ダイエット後の体重は?」と期待の私に言い渡された
にゃさんの
100g減(笑)🆚    吐いた分より少ないではないか。
私の方は1kg増(爆笑)、私の負け
双方でダイエット開始。
プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード