納得できる

久しぶりにスパイスカレー作ろうと
冷蔵庫の余り物ジャガ芋、玉ねぎ、プチトマト、リンゴ等炒めて
2~3日前買った、鯖の水煮缶を開けた。
そしたらばすごいやなにおいで。鯖の生臭さとかじゃなく
何て言ったって相手は缶詰だから、何年ももつという。
何かの間違いだろうと何度も嗅ぐ(笑)吐きそうになりつつ。
怪しい奴を嗅ぐ、は昔から担当は私
水洗いした空缶自体も臭い(腐敗臭)
製造元を読めば    ちなみにシュールストレミングとは書いてない
中国とな。信憑性が増した、足の臭いが3ポイント上がったくらいの問題じゃない。
いつもなら絶対に購入しないのに、見落とした。
過去にも中国はみかんの缶詰で腐敗したもの続々見つかったって。
やっぱりね、さもありなんです。

おいしい果物達や野菜や魚介類が適当に扱われたら素材も育ちも関係ない。
少し傷んだ鯖を缶詰に、、じゃないかと思われる。
これまでの経緯と推理で
そ、何かの間違いなんかじゃない、とも思われる。
一人納得して鯖達を葬る、
(南無阿弥陀仏)  いやもうとっくに。
冷凍海老見つけてそれを入れカレーの
セットの色んなスパイス味付けは自身で(アナン カレー、インド人が考えた日本のカレーとか書いてあった)
これ、うまいです。
塩こうじ液と少しの白だし、海老と海老粉粒少々を入れて味を整え、結局海老でグレードアップ。
間違えてまるごとの唐辛子、口に含んで火を噴く思いをした。
スポンサーサイト

食べ物の好みもすこしだけ変化

イオンの映画館、チラシがたくさん有ってダンボのチラシが一枚抜き取られ
私も、ずいぶん見回し「コンフィデェンスマンJP」に目がいった。
面白そう、
家でもUNEXTだったか映画も観るひまもなく放置してたらなんだか観られなくなってるし。
IDとかいちいち出てくるからわけがわからない(笑)
なんとかせねば、観たいのあるし。

映画館で映画観るのが苦手で急に明るくなるとかで明暗反応(瞳孔)がおかしくなる(笑)
だから二十歳過ぎから観たことがなかった、でも今は大丈夫そう。
昔は古ーい映画館が田舎でもたくさん有って人に連れていってもらってたけど
今は風情がなくなったなあ、ほとんどが無くなってしまって。

変わったこと、コーヒーが飲めるようになった、苦過ぎなのはやはり意味がわからないが
甘いものと一緒なら、断然和菓子が良いのだけれど(笑)
今頃気がついたがどうも乳糖不耐症のよう。
母乳があまり飲めず母は両方切開したから本当に悪いことしたなあって
昔はアイスクリームなんてこの世から無くなっても良い食べ物のなかに加えていたけれど
最近選びたがる、  子供か!
小さいサイズのとか、白熊イチゴソースのやつとか、運よくお腹下さない事を祈りつつ(笑)

今、選挙戦真っ只中、選挙カーがうるさく候補者の名前を連呼、
政策もなにもわからない、うるさいだけの人には絶対に入れない。
おかげで名前はしっかり覚えた、政策がわからないから入れようがないけど。
松野明美候補の選挙カー、本人とは対照的に静かに走ってった(笑)

緒方さんに女性の有権者が凄い反応してる手を振って応援してる人多々、
やはり子育てしながら頑張る人は応援したい。
うちのなんかも、男性じゃ緒方さんに冷ややか、温度差あるなあ。

これまでの不思議ほんとに不思議だった
それに乗っかっての妄想はもうよそう
もうなにを聞いても驚かない            
ついにパラレルワールドからご帰還、村上春樹に完敗

添加物テンコ盛り、ハートマーク。


一国民の出来ることはほんの少し
国産品を買う、○○フリーなものを選ぶ、
食品成分表示や添加物、一番気にする世代が
商品を手にとって裏っかえしに必死こいて読むのに、
文字が小さすぎて見えない。
「わざとだな」
ではないとしてもあえて大きく書くサービスはしないと思う。
文字が大きくなった分、添加物の気色悪い聞き慣れないカタカナが目立って
文字が大=(増量)増えたみたいな錯覚起こす。
でも消費者は慣れてきますから大きく表示してほしい。

形の悪い野菜も買います、綺麗な形を保つにはリスクもあるのだし
残留農薬にも気をつけて遺伝子組み換え表示だって
消してしまうくらいアメリカは巧妙だから

最近お魚のサバが全然おいしくないと言うか、魚全般が美味しくない
身が固く小さすぎる、中国の消費者に美味しいのが行き渡ってるからか、
それとも乱獲で育たず、成育がわるくて美味しくないのか。
で、即刻大きくなるように、
遺伝子組み換えはアメリカ推進そんでもって
格安のキングサーモン、成長ホルモンテンコ盛りで飼育なさるのだそうよ、
これ日本人へ愛を米てみました❤

相変わらず他国でクジラは代替え食物であふれてて
食べる必要に迫られないから日本の立場がわからない、
若い世代の日本人もわからない、
クジラ、個人的にはソウルフードだし

食べたことないからわからないんだろうな、牛肉より美味しいと思う、
刺身なら生姜酢醤油で、くさみはないし、クジラの脂でだしをとった
コクのある団子汁や筍の煮物なんて別物の仕上がりくらい美味しくて、
母の作る料理で大好物だったし。
何たって鉄分がすごい、フライも美味しいし。

断っておくけれど、もうここ何十年と食べていない、
食べちゃダメって言われたから。

子供のころから当たり前に食べていたから
ええええっ!!!クジラ食べちゃうの?
かわいいキャラクター扱いのクジラだよ!
頭もいいんだよ、おバカな牛とは違うんだよ。
っていう感想がないもので。
333頭とか?
調査捕鯨のやり方に問題がないとは言えないかもしれないが。

捕らなくなったら生態系おかしくならない?
しかも打ち上げられてたら腐敗して大変なことにならないか。
日本では美味しくいただくことが供養とか言って
外国でもよい心がけだとか言うのに

クジラだけは違うって変な感じしかしない。

なんとなくやりずらいことの積み重ね

そんなに大量には要らないという、アパート暮らしで気がついたこと
野菜の入ってる袋の不便、

スーパーで八百屋で、道の駅で野菜を買ったりするけれど
野菜の包まれてるパラフィンみたいな素材は
パリパリするもので巻物のように巻いてあり
最後そこを留めるためにセロテープで止めてある、露打ってるとなおのこと
開けにくい。
そして取り出したあと二倍とかにポン!と膨れる出る詰まった野菜達
出てこない、出しにくい
水気の多い野菜と袋は摩擦が強い、出し過ぎを戻そうとすると金輪際袋に戻ろうとはしない
野菜達が全部「使って」と出たがっているような。
そんなに大量に使わないし、保管場所も限られてるアパート住まいちょっと入れ方が
おかしくなるともう満員御礼、入れ込む隙間さえも見つからない。

大体全部がそんな感じなので台所ではちょこちょこストレスを感じてる
あとトレイから出すお魚、お肉とかのラップやら、ドリップ
なかなかラップが取れないタイプのものを開ける時は
トレイの上掛けのラップ部分を包丁でスーッと切ることがある
その前の開くか開かないか「しばしの格闘」が要らない時間
もっと使いやすいように包装の仕方工夫したらいいのに。

長ネギ、ごぼう、セロリ長いままなのも運ぶ時に飛び出すとか
少ない買い物では袋自体不安定になって入れ方で「しばしの格闘」
人参とか3本も要らない1本で良いとか探す時があるくらい、

取り出す、仕まう、保管する、捨てる、の不便さ
小包装をやめるとか?難しそう
画期的な改革したらば野菜も買う人がどんどん増えるかも

そして、このしばしの思案と格闘がなければ調理のストレスがずいぶん減るのに
調理台が一杯になるので、片付けつつの調理にも相当トレイが頻繁に登場
料理の手際からしたらロスが多すぎるように思う。

売れるならなんでも売る


コンビニで余ったケーキを販売員に割り当て、、
クリスマスは気が重いらしい
困ったケーキは豚の餌に、肉質が甘くなって美味しくなると
まさしく苦肉の策、それをまた消費者が食べる。
こんな話の方が私にはとんでもなくおかしい笑える話と感じてしまう。
マーガリンやらトランス脂肪酸微量なら大丈夫とか言って作った
パンやらケーキは食べたくない、結局チリも積もったくらい食べてしまってる。

ケントギルバート著の本を読んだ
反日勢力で有名なテレビ局や人物はみんなハニートラップの犠牲ではなかろうかと
訝る癖がついてしまった。
ものすごく意味のわからないことをごり押しして放送する人ら。
国民を騙せていると思って放送してるからおかしくって仕方がない。

しかし中国が世界を席巻したら寿命の短い星になることでしょう。
環境を無視、国際感覚を無視 、ただただ拝金主義の
この地球がなんとか秩序を保っていられるのは
経験値の高い日本が小さな声なりに発信を怠らないから、
それは国じゃなく、一般人だったりする。
手先が器用で、誰にも認められず何にもならないかもしれなくても
地道なことをコツコツと続けられるという国民性にあると思う。
根本的に価値観が違ってる、
清掃の大事さや貪らないことを国民の個一人一人の中に
悠久の歴史古くから息づいている(息づいて無い人もいるけど)憧れるだけでも価値がある。
逆立ちしても真似できないし、価値もわからないこと。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード