なんとなくやりずらいことの積み重ね

そんなに大量には要らないという、アパート暮らしで気がついたこと
野菜の入ってる袋の不便、

スーパーで八百屋で、道の駅で野菜を買ったりするけれど
野菜の包まれてるパラフィンみたいな素材は
パリパリするもので巻物のように巻いてあり
最後そこを留めるためにセロテープで止めてある、露打ってるとなおのこと
開けにくい。
そして取り出したあと二倍とかにポン!と膨れる出る詰まった野菜達
出てこない、出しにくい
水気の多い野菜と袋は摩擦が強い、出し過ぎを戻そうとすると金輪際袋に戻ろうとはしない
野菜達が全部「使って」と出たがっているような。
そんなに大量に使わないし、保管場所も限られてるアパート住まいちょっと入れ方が
おかしくなるともう満員御礼、入れ込む隙間さえも見つからない。

大体全部がそんな感じなので台所ではちょこちょこストレスを感じてる
あとトレイから出すお魚、お肉とかのラップやら、ドリップ
なかなかラップが取れないタイプのものを開ける時は
トレイの上掛けのラップ部分を包丁でスーッと切ることがある
その前の開くか開かないか「しばしの格闘」が要らない時間
もっと使いやすいように包装の仕方工夫したらいいのに。

長ネギ、ごぼう、セロリ長いままなのも運ぶ時に飛び出すとか
少ない買い物では袋自体不安定になって入れ方で「しばしの格闘」
人参とか3本も要らない1本で良いとか探す時があるくらい、

取り出す、仕まう、保管する、捨てる、の不便さ
小包装をやめるとか?難しそう
画期的な改革したらば野菜も買う人がどんどん増えるかも

そして、このしばしの思案と格闘がなければ調理のストレスがずいぶん減るのに
調理台が一杯になるので、片付けつつの調理にも相当トレイが頻繁に登場
料理の手際からしたらロスが多すぎるように思う。
スポンサーサイト

売れるならなんでも売る


コンビニで余ったケーキを販売員に割り当て、、
クリスマスは気が重いらしい
困ったケーキは豚の餌に、肉質が甘くなって美味しくなると
まさしく苦肉の策、それをまた消費者が食べる。
こんな話の方が私にはとんでもなくおかしい笑える話と感じてしまう。
マーガリンやらトランス脂肪酸微量なら大丈夫とか言って作った
パンやらケーキは食べたくない、結局チリも積もったくらい食べてしまってる。

ケントギルバート著の本を読んだ
反日勢力で有名なテレビ局や人物はみんなハニートラップの犠牲ではなかろうかと
訝る癖がついてしまった。
ものすごく意味のわからないことをごり押しして放送する人ら。
国民を騙せていると思って放送してるからおかしくって仕方がない。

しかし中国が世界を席巻したら寿命の短い星になることでしょう。
環境を無視、国際感覚を無視 、ただただ拝金主義の
この地球がなんとか秩序を保っていられるのは
経験値の高い日本が小さな声なりに発信を怠らないから、
それは国じゃなく、一般人だったりする。
手先が器用で、誰にも認められず何にもならないかもしれなくても
地道なことをコツコツと続けられるという国民性にあると思う。
根本的に価値観が違ってる、
清掃の大事さや貪らないことを国民の個一人一人の中に
悠久の歴史古くから息づいている(息づいて無い人もいるけど)憧れるだけでも価値がある。
逆立ちしても真似できないし、価値もわからないこと。
もしパクることで有名な国が真似したら、良い人になってしまう。
するわけがない。

酸いも甘いもわかりません



「にゃ」をみてるとなんでだろ、じゃりン子チエの小鉄を思い出してしまう。
ちょっとずんぐり体型だからかな。

美味しいイチゴ大福食べて思った。
甘ーい大福に合わせたもの。
甘酸っぱいイチゴのおかげで後味爽やかだなーって。


イチゴの一番甘いところだけ食べて捨てた、


美味しいと思うセンサーが壊れてる?
そして飽食。
そして無礼者。

ビタミンCのイチゴ。
イチゴは酸いも甘いも両方合わせて美味しいのであって
大人になると「美味しい」には栄養が合わさってきたりなんかする。

甘いだけのイチゴはそれなりに使い道があっても
ジャムとかには向かない、
ジャムには酸味が大事だから。

甘いもの=美味しいものと思う信仰は止めたほうがいい。
自分の好きなもの=体に良い、ではないように。

イチゴ自体が本来酸いも甘いも両方持ち合わせていて
口の中で合わさることでいい塩梅で美味しくなるのに。


続きを読む»

食べ物の好み

マツコデラックスさんの出てる番組もいろいろあるけど
そんな中でも3番組が見てるもの
夜更かし、知らない世界、時々怒り新党も、

当然のように、話題に食べ物が多く出てくる中
食べ物の好みがマツコデラックスとそっくりで。

違うところは、
椎茸、貝類と山菜、命が詰まった感じの魚卵が苦手らしいところ
そこは、父が美味しそうに食べて嫌いを克服させてくれた。
列挙してみたら、違うところは結構いっぱいあった(笑)
わたしは牛乳嫌いだし

椎茸は大人になってから克服した。
野菜類とかも今度は義母が克服させてくれた。
人が美味しそうに食べるのを見てるとつられる、単純なおつむ。

給食残すなのような
無理強い強制ではない
建設的治療は食わず嫌いを直すのだから大したもんだ。

煮物の中の椎茸が苦手だったっけ。
どうも高野豆腐みたいにじゅわーっと味を含む食べ物が苦手みたい。


肉が嫌いなのだけどカリカリな豚バラは食べられるとか
こだわりみたいなところまで似てる。

体型だけは…たくない。
ま、今んとこ一応大丈夫だけど(笑)

最近、チョコミントの話が出ていて
案外あれを嫌うのは少数と思っててチョコミント居座る
アイスのショーケース見つめては
この問題には触れないでおこうとしてた。

案外嫌いな人がいてよかった。

今まで言えずに心にしまってた感想

あれって、チョコレートに求める感覚を
ミント味が押しのけて大主張、チョコレートの敗北が口の中で起こってる。
出来レース、チョコレートVSミントの戦いとしか思えない
チョコ食べて、なんでさわやかにならんといかんのだ。
そんなこと求めとらんのに。

そ、ソフトクリームはカップが主、コーンは確かに食べ切るにはきつい時がある。

もっと光を、もっと管理栄養士を

医と食事はすごく関係性があると思うのに
まず病の進行形の状態で医者は薬を進める。

人間というものは、もっと前段階
食事の段階で止めておくということがなかなかできない。
もっと管理栄養士を増やすべきだ、
アメリカの人たちが気軽に相談できる心(精神)担当のセラピーをつけるように
それよりも前段階の食事が何より大事と思う。

家族の形態が大家族から核家族になって
協調性は失われるは、朝ご飯はおろそかになるは
日本人の個人主義が止まらない。

個人主義の弊害から来た
個性的面々の一人一人に栄養面でのアドバイスを!

食事管理をお願いして健康を維持したらいいと思う。
医者の前に控えるのが管理栄養士と思う。



プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード