車間を保つ車をメーカーは作って欲しい

今、キレるドライバーが話題になっていて運転手がなぜキレるのか
って疑問らしかったが、命がかかってるのだから運転手は真剣だし
特に煽られたりしたら身の危険を感じて気持ちが高ぶるのは当然な心境と思う。

やっと煽り運転が話題になるようになった、
この手の運転手には本当にイライラさせられる。
セダン
特に白
が走ってると警戒する、追い越し時にチラ見すると大抵が若者の
免許取り立ての二十代男性。
このタイプは単にスピード狂なのであって、特に煽ってくるわけではないが
車をスラローム走行で障がいレースのように追い越すのが主流。

一度大阪ナンバーの車が誰かの運転が気に入らなかったようで
電車通りのバスレーンに自分の車を横付けしてドアを開けてわざわざ降車し
「何やコラあ」って凄んでいるのを見かけたがあれが一番この田舎では
とんだ場違いな光景と思った。

そして今やそんな光景が全国区に
追い越されて腹がたつとか言う異端児もいるらしく
やむを得ない、車線変更時隣がダメなら追い越して入るしかないのだが
そこを曲がらないと帰宅できないとかなら追い越す場合もままあるわけでしょうに
「よくも追い越したなオラオラー」ってなってるのは、
かなり幼稚でおばかでおかしい人と思われる。

そして、煽られるくらいならまだましだが、追い越して急ブレーキときたら
これほどの捨て身の(受け身)攻撃はない、下手したら自分だって
追突されて「むち打ち症の医者通い」だもの
低気圧をいつも気にしてないといけない後遺症。
よほど後続の車の運転技術を買ってる、いわば自分より運転技術上級者を狙った犯行で
よほど相手の運転を信頼してる信奉者かと思うくらいだ。
降りてくるような激昂の極み人も相手の器のでかさを想定しての犯行だし。
まずいことに、同じ種類の人間同士だったら道路上で喧嘩して二人もろとも跳ね飛ばされる。
やばい人と思ったらやはり全ロックして相手にしないことが大事。


昨日なんてのこんなことがあったのだ
若者は私が車に乗り込もうとした時、車を何の躊躇なく出そうとして
危うく接触しそうになり、とっさにボンネットを平手で叩いて注意を促したが
ぼんやりした運転手で、ハッとしたようだったが謝りもせず
複雑な心境の苦笑いだか薄笑いだか半笑いを浮かべて出て行ってしまった。
普通少しバックしてから方向転換するだろうに、その場でだもん気がつくわけがない。

こんな時は車種やらナンバーを覚えておくことが大事
だけどとっさだし逃げられたのでは如何にもこうにも

外だったから防犯カメラ
ドライブレコーダーを今度検討している

スポンサーサイト

踏み間違う車こそ欠陥車と思う

「高齢ドライバーの免許証返納でひとまず決着着きました」
で済まそうとしてるみたいだけれど全然解決になってない。

返納したところで、その方たちは
周囲の利便性やら協力者が居ると踏んだから出来るのであって
まかり間違い正義感からの勢いで返納してたりしたら、
先々、無人島で孤立したお年寄りに成りかねず。

自分が事故を起こすかも知れないという正義感というのもおかしいが
車がなければどうしようもない田舎ではあり得ない話。

だいたい簡単、単純なことこそ間違いやすいのだから。
右と左を間違うと大騒動で「馬鹿だのスカタンだの」めちゃめちゃ言われたりするが
そんなもん反射で間違うことがあるのが普通。
思い込んでたらもう最悪。
「おいおい、左だってば」ってよく使う言葉でしょうが。

旗揚げ体操?ゲームで
永遠に間違えないで出来てしまう人が居ないように、人は間違う生き物です。

なのに、こんな単純な動作で間違った結果を招く車こそ欠陥車だと思う。
よくこれで売り出したもんだと感心していた、でもこれが正解のように認めるから
変だ変だと思いつつ従うだけで。
マニュアルならエンストする事はあっても
暴走したりする事故は意志が働かないとできない所業だった。
それならオートマチックにだってあっさり出来てしまう、だからマニュアルから
オートマチック主流に変わる時激しく嫌だったのだ、
乗ってみたらおもちゃのようでまるで遊園地のゴーカート感覚、
そこまで人に何もさせない機械、操る資格さえも、ないも同然。

アクセルもブレーキも同じ足、同じ動作って、どう考えてもおかしいと思う。
緩やかに走ってたら、瞬間今どっち?ってなってしまう。
ブレーキはワンタッチでもアクセルだけは一手間かけてから掛かるようにしたほうが
少なくとも暴走の被害は減ると思う、あとは「ぶつからない車」で解決。

車の性能でカバーすべき

宮崎の事故事故現場となった歩道の広さに驚いた。
車道かと思うほど広い。

フランスだったかイタリアだったか
歩道と車道の間に丸い石のオブジェがずーっと並んでた。
こういう風にしたら例えば何らかの理由で運転がおろそかになった時
自然、自分と車を守ろうとブレーキかけなければという心理が働く。

最悪ブレーキをかけずとも石にぶつかって止まることができる。
車道のトラブル回避に歩道に突っ込むなど無いように
車道のトラブルは車道で解決すべきと来ればブレーキに工夫がいる。
スピード制限して運転しないと。

田舎ほど高齢者は車が必要で
車自体も全自動運転なんて突飛なこと考えないで
全車に安全ブレーキシステム、カーナビと連動して歩道に入ったら
後、高速の逆走とかにも
警報音が鳴るとか車の工夫をしてほしい。

以前一度だけ、急発進した時「急発進です…」という言葉で車が突然しゃべった。
こういう工夫はいいなと思う、車に叱られるのも。
ちょいと苦笑いした。

命にかかわるものだから

以前買ったばかり(2009年に)で不具合を起こした○ズキの○ィフトが
このたび完全、廃車になりました。

この車の最初の不具合
道を走行中、突然アクセルが効かなくなりスピードダウン
後ろから煽られようにも前に進まず、何とか路肩に寄せ
事なきを得たが、ヒヤヒヤものだった。

プログラムを書き換えた?そんな感じの修理が行われたよう。
対応も全然感情が感じられない事務的な感じだし。

最近の修理内容はアナログ世代の私には「全然わっかりませーん」
文明開化時代を今に生き。
そんなんで車全体の調子が良くなるものなのか。
私ゃ、オートマチック車は欠陥車の部類に入るとさえ思ってるくらいなのに。


新車同然だったので交換してほしかったが叶わず。

そしてまた今回の不具合
後の修理代が中古購入くらいかかりそうなので、泣く泣くあきらめることにした。

もともとが、交換してほしかった車なのに修理して乗るのも(あれ)なので
廃車にすることに、それでも愛着はあって、、
他の人が乗ることも多々あるので、そのためにも走らせられないと判断。

なぜか車検時の同じ車種の代車と比べても恐ろしく小回りが効かなかったのも
不思議でしょうがなかった車だった。

Uターン時、切り返す、切り返す、いったい何回?ってくらい。
これも本当、もたついてヒヤヒヤものだった。
今の車は正反対ギュンギュン回る(笑)

もう、○ズキはこりごりです。

ブレーキとアクセルの踏み間違いはメーカーの見過ごし

メーカーも怠慢なんじゃないか
車の事故相次ぐのがアクセルとブレーキの踏み間違い。

こんなもん、車運転したことない人や
運転が頻繁じゃない人には理解できないことなのかもしれない。
踏み間違い問題が見過ごされてきたと、
NHKのクローズアップ現代でも取り上げられてるようで
ここを、改善しないメーカーは欠陥車を産み続けてるとまで思う。

過去に自分だって一瞬、ブレーキとアクセルどっちのステップペダルに足をのせているのか
踏み込んでない時、一瞬わからなくなったことが一度だけあった。
瞬間だからそっと、踏んで確かめるしかない。

こんな時はブレーキであることが必須だから。
そっと踏んで、確かめる。
でも、「そっと」だなんて危険回避の時には命取りだ。
だから思いっきり踏んでコンビニに突っ込んだり、立駐から飛びだすのだ。

若い時は「老いる」なんてどんな感じか想像もつかないし
自分が老いるなんて、んなわけないなんて思ったりしてるもの。
大体番組では、踏み間違いは「運転技術の未熟さ」とか「老い」とか
関係ないとまで明言されているのにだ。

もうすでに40代くらいから物忘れ、反応の鈍さ等、
ほとんどの人が徐々に老いを感じてくるものなら余計考えるべきこと。

大体ブレーキもアクセルも同じ足でペダルを踏むこと自体
何かしらの工夫がいるに決まっている。
最低でも1~2㎝も右にずれたらアクセル、そんな差を空間感覚で気が付くかな。

熊本の会社だったかブレーキペダルに工夫した人がいて、
足の甲部分で右横斜めに踏むのだったかな
この工夫を車メーカーは見習うべきだと思う。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード