車の性能でカバーすべき

宮崎の事故事故現場となった歩道の広さに驚いた。
車道かと思うほど広い。

フランスだったかイタリアだったか
歩道と車道の間に丸い石のオブジェがずーっと並んでた。
こういう風にしたら例えば何らかの理由で運転がおろそかになった時
自然、自分と車を守ろうとブレーキかけなければという心理が働く。

最悪ブレーキをかけずとも石にぶつかって止まることができる。
車道のトラブル回避に歩道に突っ込むなど無いように
車道のトラブルは車道で解決すべきと来ればブレーキに工夫がいる。
スピード制限して運転しないと。

田舎ほど高齢者は車が必要で
車自体も全自動運転なんて突飛なこと考えないで
全車に安全ブレーキシステム、カーナビと連動して歩道に入ったら
後、高速の逆走とかにも
警報音が鳴るとか車の工夫をしてほしい。

以前一度だけ、急発進した時「急発進です…」という言葉で車が突然しゃべった。
こういう工夫はいいなと思う、車に叱られるのも。
ちょいと苦笑いした。
スポンサーサイト

命にかかわるものだから

以前買ったばかり(2009年に)で不具合を起こした○ズキの○ィフトが
このたび完全、廃車になりました。

この車の最初の不具合
道を走行中、突然アクセルが効かなくなりスピードダウン
後ろから煽られようにも前に進まず、何とか路肩に寄せ
事なきを得たが、ヒヤヒヤものだった。

プログラムを書き換えた?そんな感じの修理が行われたよう。
対応も全然感情が感じられない事務的な感じだし。

最近の修理内容はアナログ世代の私には「全然わっかりませーん」
文明開化時代を今に生き。
そんなんで車全体の調子が良くなるものなのか。
私ゃ、オートマチック車は欠陥車の部類に入るとさえ思ってるくらいなのに。


新車同然だったので交換してほしかったが叶わず。

そしてまた今回の不具合
後の修理代が中古購入くらいかかりそうなので、泣く泣くあきらめることにした。

もともとが、交換してほしかった車なのに修理して乗るのも(あれ)なので
廃車にすることに、それでも愛着はあって、、
他の人が乗ることも多々あるので、そのためにも走らせられないと判断。

なぜか車検時の同じ車種の代車と比べても恐ろしく小回りが効かなかったのも
不思議でしょうがなかった車だった。

Uターン時、切り返す、切り返す、いったい何回?ってくらい。
これも本当、もたついてヒヤヒヤものだった。
今の車は正反対ギュンギュン回る(笑)

もう、○ズキはこりごりです。

ブレーキとアクセルの踏み間違いはメーカーの見過ごし

メーカーも怠慢なんじゃないか
車の事故相次ぐのがアクセルとブレーキの踏み間違い。

こんなもん、車運転したことない人や
運転が頻繁じゃない人には理解できないことなのかもしれない。
踏み間違い問題が見過ごされてきたと、
NHKのクローズアップ現代でも取り上げられてるようで
ここを、改善しないメーカーは欠陥車を産み続けてるとまで思う。

過去に自分だって一瞬、ブレーキとアクセルどっちのステップペダルに足をのせているのか
踏み込んでない時、一瞬わからなくなったことが一度だけあった。
瞬間だからそっと、踏んで確かめるしかない。

こんな時はブレーキであることが必須だから。
そっと踏んで、確かめる。
でも、「そっと」だなんて危険回避の時には命取りだ。
だから思いっきり踏んでコンビニに突っ込んだり、立駐から飛びだすのだ。

若い時は「老いる」なんてどんな感じか想像もつかないし
自分が老いるなんて、んなわけないなんて思ったりしてるもの。
大体番組では、踏み間違いは「運転技術の未熟さ」とか「老い」とか
関係ないとまで明言されているのにだ。

もうすでに40代くらいから物忘れ、反応の鈍さ等、
ほとんどの人が徐々に老いを感じてくるものなら余計考えるべきこと。

大体ブレーキもアクセルも同じ足でペダルを踏むこと自体
何かしらの工夫がいるに決まっている。
最低でも1~2㎝も右にずれたらアクセル、そんな差を空間感覚で気が付くかな。

熊本の会社だったかブレーキペダルに工夫した人がいて、
足の甲部分で右横斜めに踏むのだったかな
この工夫を車メーカーは見習うべきだと思う。

田舎ならではの

子供たちやお年寄りを渡らせるためドライバーが判断して止まってあげるってことは
時としてとても危なくて
たとえば止まるとき自分の進行方向だけじゃなく対向車の
車も気にしなくてはならず。まあ当然ですが。
子供たちとお年寄りとでは止まってあげた時の反応が違うような気がした。

子供たちの場合は信号のない横断歩道で
ドライバーが止まってくれるかどうかに注目してるのか
止まらなければこの車のドライバーはけちだ
…じゃ次ぎは? と意外と冷静に待ってる。

お年寄りだとまた違う
免許取りたての娘が運転してるときだった。
渡る気満々で、車道側に乗り出し気味に手を挙げてアピール。
こちらが(当たりそうで危ないから)止まると、対向車も気にせず
ニコニコ「ありがと、ありがと」と渡ろうとするから
危ないのなんの。
その時は止まってあげたものの「行きなさい」と娘を促した。
初心者なのでのろのろ気味なのが歩行者を惑わすのでしょうが。

冷たいとかケチとか思われようと
対向車が止まっているか、対向車がいない時以外
基本止まらないようにしてる。


あおり運転


これ、見る限りではパンに見えますが、パンではありません、
たこ焼きだそうです。スカスカの
○ー○○の「たこ焼き」で確定だそうです。

このパン的な生地の中に白っぽいタコらしき切り身が入っていて
たこ焼きと言い張っている。
とてもたこ焼きを知る日本人が作っているとは思えない。

もう、何も言う気になりません。
恐る恐る味見、塩っ辛いパン生地。
ま、まずい。
支払のついでに寄って
大体このお店ではほとんどお弁当も買わないし
せいぜい買ってお茶、お茶と「もひとつ何かほしいな」で、いつもこんなことに。
子に見せたら大笑いしてまして、やはりパンだと。
でも百歩譲って気持ちを切り替えパンと思って食べようにも
スカスカでしゅわしゅわ、生地がどうにもだめでした。
そういえばこの前も同じ○ー○○でたこ焼き事件に遭遇してた。
懲りないなあ、違うたこ焼きだったけど、どうもさいきん忘れっぽい。
ここのタコとは相性が悪いみたい。

さて、コンビニから出ての
帰りは帰りで、車であおられ
住宅街を40キロ越えでついてくるいい年したおっさん
スピード感と車間感覚のないへたくそな後続車に右折を阻まれおうちに帰れない。

こういうのに限って自信家で自分の運転に間違いはないと思い込んでるから、
猪突猛進のイノシシ運転をする。

右折時に減速したことで後ろから追突されても嫌だし
そしてこういう人は自分の前行く車は、まっすぐ走るとしか思ってない運転手だろうから
こちらはこちらで乱雑で意地の悪い運転をする運転手を信用してない

帰れないから車線変更で同列にならんだ。
あおりの犯人を見る。
隣にならんで睨んできた。やっぱり自分が悪いとは微塵も思ってない。
車載機器で動画を撮らないといけません。
こんな人に、免許取って以来無事故無違反の証に傷をつけられたくない。
これからもハプニングが増えてゆくんでしょう。
「ルール違反者」や「売れさえすれば何でもいい」が増え続けてるから。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード