占い

昨日の地震、揺れはあまり感じなかったけれどスマホのただならぬ
警報音に多少慣れの有った地震速報
「動け~、動かんかい、ボケ!」と言っているのを感じ取り
ボンヤリ感をハッキリと目覚めさす。2台でギューギュー言ってたからね。
北区の被害は前回あまりなかったのに、まんべんなく熊本市なのか。


芦田愛菜ちゃんが高嶋ちさこさんをリスペクト、さすが愛菜ちゃん見る目あるわ。

占いというと星座占いがあるのだけれど、私は(てんびん、)縁のある星座というと
水の宮で(魚座、かに座、さそり座)、特に魚座なんてトップクラスで多く
昔飼ってた犬の「ジョン」コピーまでもが(笑)ジョンは全力で魚座だった。

性格的には流されやすいらしい、お魚なのに。
マグロじゃなくシャケを目指したら良いのにと思う。
でもその中でもかに座はすくないかな
かに座って根は悪い人じゃないのに誤解され易いような風に感じる、そして家庭的。
後、火の宮、しし座、いて座に縁がある感じ、おひつじはリーダー的強くて面白い感じ。

あまり星座の相性の良し悪しを感じない、何だか調べたらおとめ座の月運が
入ってるみたいで小さい頃は「文学少女」と友人からのからかいみたいなのも
有った。おとなしいとか、人見知りも、今は全然しないけれど(笑)
昔は私がどうやらおとめ座っぽい部分が、、とでも言おうものなら、
なんで○○ちゃん←私の愛称が、と目くじらを立てられるほど
似合わないらしく、、、乙女というイメージがないんでしょうよ、ハイハイ
運動も大好きだった、お勉強はあえてしない主義を貫いて「馬鹿やってたと思う」(by友近)
天皇家など星座の相性など超越されておられる。

私は個人的に真面目な人が好きだし土の宮(やぎ、おうし、おとめ)
星座がわかっていて見る芸能人などでは
おうしは凄いんだかなんだか底知れないものを感じるから
すこし遠慮がちに見るくらいだけれど。

案外相性が良いとされる風の宮(みずがめ、ふたご、てんびん)
最近出会わないな~
風サインの調子のいい人は苦手、すこし傾向有ったりして、自分もだ(笑)
スポンサーサイト

繰り返す余震

余震、ドーン突き上げるような音がすると身構え
逃げる準備、常にアメリカンスタイル、靴を履いている。

今は家と車を行ったり来たり。

家の近所では明暗がはっきり分かれた感じ。

古い家屋はひび割れ、瓦の被害
うちの場合も古い家屋なので、壁にもヒビ
かろうじて建ってはいるがもう住めないと思われる。

地震の際のゴミ出し、そうじに
これからの事も考え、いま少し頭を整理している。
ゆるりまいさんの「私のウチにはなんにもない」
今回つくづくバイブルにしていて良かった。

今日は、かなり寒い
みんな助け合っていて、こういうところは誇りに思える。

地震の前に見た夢、地殻や地表を暗示していたようで
フジというのは、安藤優子アナウンサーの暗示ではなかったか。

少し前にはアパートのようなところに住む夢も見ていて
これも現実になりそうだ。

脈略が


ぼやけてますが
乾電池で撮れてコンパクト、でもさすがにこの倍率で鮮明には難しい。
言い訳はこれくらいにして、と

夢の中でオリジナルなキャラがいいなと、
散々頭絞ってゆるキャラを書く夢みてた。

どんな夢だよ。

知恵、絞り倒したというに、限りなくふなっしーに似てた。
寝られないときは読書がいい。

頭が切り替わるから
でも、ゆるキャラ書く夢につながる読書っていったい。
(ちょっとショート過ぎて苦手な)星新一読んで寝たのだけど
不条理って点では
わかるかも。



続きを読む»

階段の夢



怪談の夢ではなく階段の夢を見てはうなされていた昔。
とんでもない階段の夢
急勾配とか
ほぼ垂直とか
切り立った崖を登るような
足を乗せる場所はつま先のみとか
まるでロッククライミング。
登ったところで先がなんなのか見えない、わからない。
背中にずんずん来る、落ちる恐怖。

また別の夢
学校の階段が上がれない
上へ行く程にこれまた急勾配で、あと少しのところで…

上がれない階段が
くだりはなぜか滑り台
滑り落ちる、という。
何度もスタートラインに戻される、疲労困憊、教室が遠い…

夢の支離滅裂さよ
他にもよく階段の夢を見たものでした。

夢の内容は人生そのもの。

現実はこのように登りやすいと、ほっとする
秋月城跡

最近階段を気にするようになった
階段は生命力のバロメーター
階段が得意?な人は超元気な人。


中には夢ほどではないけれど急な階段もあるようで。

朝の目覚め

一日の目覚めは夜間の夢見がかかわってくる。

起きがけ嫌な夢で目覚めたとかで、いやな気分のまま目覚めた、
眠れなかったとかで「目覚めが悪い」夜間の気分を引きずって
起きてこられては傍が迷惑する
「朝からなんか不機嫌」はよく見る光景(笑)
こうならないように布団を出るときの気分は朝リセットをしておきたいもの、
この気分を引きずってこれで一日を台無しにしたら
もったいない。

夢の良し悪しこれが馬鹿にならない、夢も見ないぐっすり寝はもとより
夢はすごい、夢が楽しい内容の物だったら、その時間の脳内は体験したも同じような
高揚感に包まれて目覚めるもの。ありえない設定、ありえない能力。

布団を離れて夢を忘れてもなんかいい気分の
その雰囲気は案外長時間「いい気」にさせている。
一日が最高になるくらいなスタート。

残念なことに心地よい夢も見なかった朝は
不快な目覚めにならないように
布団を剝ぐと同時にリセットして邪気も昇華させてしまおうと思う。
「布団で吹っ飛んだ」
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード