見馴れすぎて

にゃさんを仰向けにひっくり返して抱っこするんだが、重たいから、、
首の裏辺り撫でるとゴロニャンゴロゴロうるさいのだけれど
不意に涙がこぼれた時のにゃさんの驚き
何かが落ちたのに即気がつくあたりさすが猫
まず落ちた水滴なるものを濡れたと思い条件反射のように舐め

水敵とは違うと判断、明らかに目線がこちらを向く
相変わらず驚きのまなこでもって、しばし思案するふうで、
やはりにゃさんは人かと。

こころのにごりあり。
すこし食事を減らそう
あ、熊本駅が随分変わった飲食街とお土産屋、食事もしてきたが美味しかった。
落ち着けるし居心地が良い。、長きにわたってローカル駅のイメージだった。
後ここから分散して市内のほうにも行ってほしいものだ。
まだ本県民は風景のよさが日常なもので特段綺麗な場所を整備してないから
立ち寄れないところだらけ、綺麗とも認識してないのかも
河川沿いが好きなのだけれど高い雑木林にはばまれてせっかくの風景見えず。
加勢川の河川敷は夢で観た風景、もっと橋等の建造物は大きかったが見つけたときそっくりだと。
橋から眺める川面のきらきら、鳥の群れ、夕日が沈む時間帯などすごく綺麗。
スポンサーサイト

きれいな水


浮島神社
写真は透明度が上手く出てないけど本当に水が綺麗。
覗き込むことが怖いくらい。
冷たそうで、透き通った深そうな水の塊を見ると
ちょっと怖いと思ってしまう。
天然プールもこの近くにあるけど
四角い形に納まった透明でわりと深そうな水の塊
覗き込んだらやっぱりちょっと怖かった。



日中は暑い、このたび冬に向けて
冬の寒さに逆らってでも、体力つけたいなと思ってる。
今は、動こうと思える日中の温かさに感謝して、

この後、寒い寒い季節になろうと
断然、逆らってやろうと思ってる。

秋の気配

ここ最近の暑さはものすごいものがあるのだけど
案外朝晩は涼しい。

昨日なんか夕方5時位に突然感じた秋の赤ちゃんの生まれた気配
なーんか感じる秋の植物が放つような風の独特のにおい。

むあーんとした風の中に、確かに。
ただ雨が降らないとね、干からびる。
気持ちまで干からびる。

餅つきに帰省


三年ぶりの名月は撮り損ね。
雲隠れしたりしてすごく綺麗だったから
残念だった。
心のフィルムに焼き付けても、もう記憶が薄らぼんやり。



その、三日ぐらい後に撮った月、少しいびつ。
「もこちゃん…」

クラッシック
ドビュッシーの「月の光」は下校時の夕方の曲だと思ってた。
田舎の外灯の少なさや、夕方の市内の夜も明るい感じ。

変わりがないからあの曲がしっくりくるのかな。
外灯の少なさは、月の光を際立たせていた。

子供のころ月明りもない暗い夜が寂しくて田舎が嫌いと思った記憶がある。

大雨の6月

今日は朝起きて見たら庭には水たまりできてるし、すごい雨。

空に水道の蛇口があるかと思うくらい。
「いっせいに蛇口をひねったか」くらい
よく降るなあ。
海が空に憑依したか。

しばし様子見てた、うちの者も遅めの出勤。

いつものことと思ってたらすごいことが起こるから
「何が起こるかわからない」くらい思って警戒しとかないと。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード