感受性感じられない裁判官



熊本県は最強の保守派天国。時代錯誤の保守だらけ。
もう完全に違う世界に行ってる。



いじめの被害生徒に11万円の賠償金
イジメ内容のラインも見せて「こんくらいの(この程度の)
みたいな扱い、裁判官に感受性が感じられない。
一人一人の「傷つく」というラインが熊本では決められているらしい。
県知事の樺島さんも同意見で県の主張が認められて良かったと
これから も イジメ問題に取り組んでいきます。
「も」?  取り組んでこれですか。
人の命に対してのコメントがこれとは。自民党は、、

チャンネル捻ればお笑い芸人が
女性タレントに「お前」呼ばわり、汚い声で「がなってた」

「駆け込み結婚」にこの3人以外が出来そうです と発表。
喜ぶ選ばれし3人、
何の根拠もない上に駆け込みだろうと結婚出来て幸せと思う浅はかさ。

テレビの相変わらず地を掘る勢いの低レベル化に呆れ。
熊本県は相変わらずでかい声で「くしゃみ2回」
勢いついてるから凄い爆音に。
私は咳←(変な咳になるけど)に変換して出せるくしゃみ。
突然だからびっくりして思わず
「うるさい」って言ったら、反応してきた、、まずい。。
仏の顔も随分やってたにもかかわらず
そういう万が一が起きやすい不幸な私(笑)
中学生のときもよりによってとか、その日に限ってとか
静かにしてるのになんか目立ってしまうという特技も、、(笑)全然良くない。
二三日前の夢が正夢
粘着質の男に背後からおばさん、おばさんと呼ばれ
「言い逃げするな」としつこい。
あ、まずい奴に当たってしもうたと内心、
マナーはこれこれこうでしょうと説明したが
それには謝らず、年上の私にお説教始めた。正論ならありがたく聞くけど
そ、危ない人に注意は禁物なのです、波長を合わせてしまったらしい。
まず通じないですから「しかと」すべきなのです。
でも、心臓に衝撃受けて反射神経による反応はどうしようもなくて。

ビックリしたり突然だと反射的に、、(笑)な人になるから困る。
心臓に悪いくらいの大声とか大笑い、「へぇっくしょん!!」
熊本県の男性は本当にガサツで粗野。
良く言えば無邪気。
傷つけようとおばさんを連発したのでしょうが
もうわたしゃそろそろおばあさんの域に
達する寸前、ある意味おねえさんと呼ばれたくらい
嬉しいです!!。←ザブングル加藤の口調で、好きな芸人さん。

強がり

警察は最初から決めつける

ワイドスクランブル
江藤と言う元警視

犯人像をかなり決めつけてるし
関係ない人々に対しても偏見を持ったような表現

その人に言わせれば
最初に女の人に声をかけ断られてスイッチが入ったんだろう。
と、そんなことを言われたら「エスカレートさせた」と言う
イメージがついてしまう
こんなこと言われたら
未然に防ごうとしての警察に電話すらできなくなってしまう。

今日のワイドスクランブル
フォローする人もいない。

警察は決めつける。
最初から疑ってかかるのが警察だとしても
専門家の断言は説得力もある
思い込み激し過ぎ、
テレビで言い過ぎてどこかに弊害が。

公開捜査

最近公開捜査が増えている気がする。
秘密保護法案に対して反対派マスコミの反動から来てるのか
多いなとおもう。

しかも公開捜査の対象が女児だったりする
公開捜査するかしないかの判断は
警察かなんかが家族に説明して
判断をするのは被害者家族なのでしょうがもっと詳細に
専門家の意見とか、
先々の事まで考えてあげているのか。

日本って本当に男社会で「古い」
そうしてそれを良しとして甘やかすから男性による横暴な犯罪が増える

女性側の考えや、後あとのケアとか言う人がいない
「言わせない」の方が正しいのかな、
頭角現し始めてなんかしゃべるとチャチャとか入れてじゃまをする。
そうやって、黙らせておいて意見を言うのは
上層部の男性ばかり、

女性は強くないと生きられなくなって
強くなればなったで結局叩かれる。
大きい器ならちゃんと認めて包み込める男性もいるでしょうに

男性社会に媚びたいのか、そういう「さが」を生きてうっかり癖がついてしまったのか
女性の地位向上を妨げてるのが当の本人の女性だったりもする、


感受性なし

ちょうど国木田独歩の「武蔵野」を読んでいた時。
吉祥寺の事件が起こった。

武蔵野のどれだけ素晴らしいかを述べた本。
作者は昔の武蔵野に憧れ今でもその姿の武蔵野かと散策し、
やはり素晴らしかったと書かれていて
それはそれはこだわりを持って武蔵野の自然の美しさ風情で厳選。
詩的な味わいのある、当時の田舎と都会が入り混じった武蔵野。
憧れの散策を空想させられる。

国木田独歩の世界から離れ現代に戻り今でも武蔵野界隈は別の意味で若者の憧れの地。
憧れの部分は変われど。
想像の中でしか思い描けない私は、
今のも昔のも武蔵野がどんな土地なのかを詳しくは知らない。

今回被害に遭った女性は
若者のあこがれとして吉祥時へとやってきたとか報道されていて、いきさつは知らないが
きっと、風景やライフスタイル等に憧れを持ち夢と希望いっぱいで越してきたのでしょう。

対照的に、この感受性を全く持たない加害者に「騒がれるより先に刺してしまおう」
自分の中では先があるつもりで勝手に進行してるが、
傍から見れば完全に
「自分(自由)人生ストップボタン」を押している事に気が付いていない。
そうして、裁かれてもまた往生際悪く、自由を返してくれと請求する。

こういう子、話してみれば普通の少年とか言うけれど、
絶対に観ていて違和感あるはずで
よくよく付き合ってみれば小さなルールを軽視したりする言動の片鱗を見せるはず。

あまりの考えのなさに驚く、それは刹那に生きるとかの範疇ではなく
人として暮らして来ていない気さえする。
生きてきてではなく暮らしてきていないと書き変えたのだけど。
本人だけの問題ではないと思う部分があるから。
に、してもこの年齢にして浅はか過ぎる




書きたい内容

書きたいことは山あれど

不満や、ぼやいているばかりそう見られたら不本意だけど。
実際に書き出そうとすれば、ほぼこのブログ日本のこまごま改善を願う内容多しで

だって今の社会改善すべきところばかり。
それでも願いが聞き入れられるわけでもなし
さしずめブログで日参と行かないまでもお参りしているようなもの

書きたい内容も朝と昼間じゃ全然違うし、
夜書きたかったことは朝考え直してみたらばかばかしいとか

頭の中の柔軟さが昼夜でこうも変わるもの
朝はまじめで昼間は中間、夜はふにゃらふにゃ。

日本の法律って血が通ってないっていうか融通が利かないっていうか馬鹿みたい。
犯罪者側の屁理屈多しで黒いカラスも白カラスに。
屁理屈通って無罪放免。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード