労働基準監督署

この前ここに相談したとき、何の意味もなく存在して意味さえ見いだせなかった。
企業と繋がってどうするのだろう。

また、本人にも困ったもので
今回は近々一身上の都合も含めてパート扱いに移行するから辞めないという。
優しい性格と真面目な性格がこういう時代裏目に出る。
今辞めたらとにもかくにも同じく職場の次から次へ
と駒のように入ってくる仲間に申し訳ないからの一点張り。

どう考えてもブラック企業
残業時間があのかの有名な、広告代理店と同レベル、
別な鬼十訓でもありそうな。
労働基準監督署は何故本人の意思に委ねるわけ?
正しい判断が出来ているとでも?

こんな企業がある限り次々とここに入り込み運がよければすぐ退社出来ても
回す人材が残る限り
延々と回りつづけ存続し、病人寸前を排出し続ける。
一刻も早く止めることが先決なのに。
いや心配しているのは家族だけではない病院だって、アドバイスして協力しますよと言ってくださる。
同じように懸念する内容の意見を言われた。
書かないで、電話抗議しないで、心配しないで、と必死で止めに来るから我慢していたが
医療関係、栄養士の職場環境どこで聞いても悪辣窮まりない。
本当なら怒鳴りこみたいくらいの勢い。


辞めない方が悪い、の意見があっても仕方ないが
辞めたところで残るのは劣悪環境、言えない優しい従業員、
是が非でもなくなってほしい会社。

長女によれば「管理栄養士もいずれAIに取って代わるらしいよ、パターンがあるからね」って
また手厳しい発言だなあ、と思うのだけれど、確かに日本も人材よりAI開発に余念がないから
終い人間は居ないシステム化したロボット案内人(神社に居ました)だらけかなと。
確かに人間相手の部分では人である(こだわるべき)べきとは思うけれど。
最近もカルハズミ従業員が動画サイトでバカやって大怪我してるの見るにつけ
足引っ張るのバカ因子ばっかしでうんざりする。
雇うサイドにしても人間味を失った機械の一部みたいな心の雇い主なら
AIがピッタリかもね、
心が機械じみてるのだからさっさと辞めてあげないと
人情発揮する分バカを見る、人の気持ちとやらを汲まないから。

もう何十年も前に夢を見た。
雑草生い茂る冷たい感じの病院をそとから覗いたらそこは産院で、赤ちゃんがベットに、、
人間が一人も居ないでロボットがすべてのお世話してる、人の形もしてないロボット
気味の悪い夢だった。
スポンサーサイト

お役所はどこの県も同じみたいで


お役所に電話する、そうすると男が出る、ここで「げーっ負けるじゃん」って思う。
嫌な感じなんだよね上から目線なうえ詳しいからこんなこともしらんの?
戦法で畳み掛けられ、相談事なのにどんどんフラストレーション溜まっていくような話し方
全然相談になってない。

女性に変わってって言ってやりました。

もう本当、男は出しゃばらないで欲しいよ。
日本は男尊女卑役所も男女の比率同じにしてほしい。
そして適材適所の人選にしてよね、相談にならないから
例の労働問題の相談ブラック企業野放し問題です。
病んで苦しんでるのに。

わたしは日本以外で暮らしたことはないけれど、息苦しい国と良く思う。
生まれ変われるならもっとフランクでオープンな国がいい
日本は余りに小利口ぶって生きて正解らしく、いい国には間違いないけれど
本音を言わず言わさず単なる理想的な作り物の国になろうとしてるようで。

現場に男性が多すぎる

家が建つまでいろんな業者さんがお見えになったが
人を招くにはこちらから遠慮申し上げたい以前の家で、ん十年過ごした。
接待に慣れていない。

まあ、新築の慣れない家に何かが(追加で)出来る、運ばれる、説明が終わり歓談に至るまで
男性の多いことに参った。

家に関する仕事にこれほど女性が少ないとはおかしい気がする。
田舎の保守的発想が現存する我が県の(甲斐性のある者の理想)
家は女が守るもんで男は外で働くものとか言っておいて
家のアドバイスに
男がわんさか現われ出でて、
だからまあその分野に明るい若手も育つはずもなく
心細い新築の家は自分にとってもよそに出掛けてる気分になるものだから
説得から、陳情、不満、全部ひとりで。
始終気を張って明るく振舞ってるうちに、そろそろ笑顔で膠着したまま顔が固まりそうだ。
表情が明るく接待慣れも多少はしてきたようでも
ここまでに至るには相当無理なエンジンふかしを必要としたような。

今は住み心地良い家になりましたので感謝申し上げますけれど。

女の不祥事の陰に男あり

ミヤネ屋では女性議員の不祥事を取り上げて
いかに女性の社会進出連のレベルが
大したことないなのような報道をしていたが、
この女子たちの陰には
とんでもなく仕事の出来ない男のパートナーたちが
陰でよろしく足を引っ張っている。
女性の特性(感情的なことは良くも悪くも人らしさの表れ)人間代表としては適切すぎるくらいだ。
そこばかり叩くなら男特性の性的不祥事も同じくらい叩くべき。

うちの方の地方議員の女性も似たような境地の窮地。
仕事への意欲は何もしようとしてくれない男なんかとは比べものにもならない
やり方がまずいとか言って今や槍玉に上がっている。

日本中がそんな感じ、女性の出る杭を探し出してポカポカやってるばっかり。
男性議員の不祥事は仕事とかけ離れた女性問題とかばかりで
仕事上でも何でもない。

今や出来る女たちが怖くて週刊誌並みに張り付いて不祥事を探し出すのが常。
男の沽券?に関わるとばかり、張り切ってる。

人生の中の空き時間

この春めでたく大学卒業の娘。




内定もらってませーん。
就職決まるまでお引っ越しもできません。
大学の寮があまりに時代錯誤だったのと(お部屋は冷房なしの自然風)
過酷な気温変化に調子を崩しやすいので
寮に入らず一人暮らし。

これはこれで(急に)尋ねても部屋は掃除されてたし
これのビフォーアフターでは自制、自炊、自己管理の力がついたと思う。
(なんと、「喉のために暖房を使っていない」とな、
ひたすら「こたつ」でまにあわせ)

薬局のレジのアルバイトもしていたし、
大学4年間は友人にも恵まれ充実のことだったよう。

高校はあまり楽しそうではなかったから
よかったなと、。

国試も終え、後は内定、就職なんだけど。
求人が少数だし、出にくい職種なだけに職探しが難しい。
この前の面接なんて
面接官と学生が同郷の同じ大学出身ということで意気投合したらしく
(ありえないシチュエーション)しかもサイレントだった。
娘は面接が苦手なうえ、非常にやりにくかったそう。

ただでさえ同郷や同じ出身校で盛り上がる傾向強い熊本県。

福岡にて職を探す選択、
先を見る目が着実な子だし、いい意味で「いい加減さ」も持ち合わせているし。
あまり過剰な心配はしてないが。



プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード