思い込みのマニュアルで接してる

テレビのアプリでYouTubeが見られるようになってから
邦画を幾つかと、ちょっと?Hなのは履歴が残るので最小限に(笑)

洋画といえば一年前話題?「ララランド」と
熊本地震の2016年辺りに話題になっていたような「キャロル」
を観た。
この「キャロル」と言う映画、たしかに男性ウケは悪いだろうなと思う。
だって同性を好きになるキャロル自身が相手に話す会話に無駄が全くないし
洗練され尽くし気が利いている。
圧倒的な包容力、積極性、人間性。「私の存在意義」と言っていた、当然と思う。
行動も相手を常に思ってのものだし、強い想いは子供に対してだって
決してブレない。女性は知性的に描かれていて
容姿から立ち居振る舞い、優雅で何せ美しい。
後半に行くほどに感動、テレーズ役の人なんて全く演技に見えず。
男性が(自己中な)真似のしようがないから、一部でのブーイングも仕方がない。
そしてこの映画を女性が評価しないなら男は相変わらずの野放し。
性別関係なく見習ったらどう?と思う、アビーの無償の愛も素晴らしく
愛し方のお手本のような映画でした。


それに比べて「ララランド」あんなに賞を取って賑やかだった割には
結局そうなるの?って
言ってたこと嘘だったの?
チャラい愛だなぁ(この場合しょうもないのは女性)
と「キャロル」とは対照的で相反する感想を持ったのであった。
音楽とダンスでストーリーは二の次だったのかな、にしても、、個人的に時間の無駄。
スポンサーサイト

時代錯誤的な

いやー時代遅れなことで感動。
家も新築なら、テレビもそれなりに大きなものを買い、家電店の勧めもあって
無線LANで、YouTube、Unext(お試し)観てる。

テレビ番組は霞む、特に日中なんて全番組が面白くもないから暇な時間観てしまう。
テレビは終わったんじゃなく進化してた。
「パンとスープとネコ日和」観たりして。

すぐに嗅ぎつけたみたいにNHK受信料の件で集金員さんが
やってきたんだけれど住所変更するだけだから。
でも今は、集金の方が自ら玄関先でNHKに電話して失礼な態度がなかったかって
取り次ぎさせるのにはびっくり、集金の人、目の前にしてさ、
「いやあ失礼な人だねえ、君の社の社員は」なんて言える人いるのかなあ
無意味なオプションと思ったけど。
とかなんとか1Q84の本の内容とか思い出しつつ。
因果な仕事だ、と今回ばかりはちょっと同情した。。

YouTubeでは宇多田ヒカルの「真夏の通り雨」とか聴いては干渉的になっては
いつの間にか泣いてたりするのだけれど
終盤あたりの重低音は
胎児が子宮の中で聴いてる心音みたいに響いてすごく心地い。
音の良い迫力のテレビはいいね。


ゴミ出しルールと雑感。

まったくだよ、ゴミは夜のうちに出しておきたい。
朝出す習慣がついてるからなんとかぶーぶー言いつつ

人に行かせてる、今は自分が当番だけど。

週2回の燃えるゴミくらい、ついでだから持たせて良いと思う。
今のご時世、若い世代と年配世代が手伝って
一つは面倒だから行かない、
一つは年取って色々支障をきたすから行かない、行けない。
これではドラマカルテットのノリのようにゴミ屋敷になってしまう。
福岡のようにゴミは夜出しOKにして夜回収にして欲しい、熊本も。





人が飼ってる犬はお利口さんに見えて可愛い
うちのは老犬の域まで来てもトイレが覚えられず、
ペットシーツの上は色彩目立ってダメだと思ってぜーったいにしないから
散歩に連れてかないと大変な事になる。
目立たず見つからない座布団の上とか、今はぬくくても後から冷たい思いするのに
ある意味頭が良いのかもしれないが、猫は基本あとあと気持ち悪くなる事しないから。
どうなってるんだか、主人がしつけた犬だもんで。


その点、猫はどんな猫でも話せばわかるんだと思う。うんうん
自分のしたいように生きてる猫だけど、「ダメ」を聞き分ける猫で
止めたりするからやはり頭が良いのだと思う。

会いに行ったら声が出なくなってる、それが心配。

松田龍平、広末涼子主演の映画「恋愛寫眞」を見た。
脇役はコメディ要素もあって二の次、主人公二人さえ上手ければ成立する映画。
自分がこんなに泣けた映画は今までなかった気がする。
理不尽で身勝手、他人の才能を自己と共通の価値と思う思い上がり。
まるで存在しない人のように儚い感じが良く出ている。
見てはいけないものを見たかのような純真無垢に芝居する広末さん、
二人の顔が良い、音楽もいいし映像もすごく綺麗。



借りるだけではなく「かもめ食堂」

小林聡美さん主演「かもめ食堂」

映画は見損ねた。
評判も良いのでせめてDVDを観たいと思いつつ今に至り。
やっぱり良かった。
器用な人とのうわさはあったけどやっぱり流石です。
手際とか動作とか。付け焼刃じゃなく入り込める人だ
借りて来た映画なんてストーリー重視で画面なんて適当にしか観てなかったりするけれど

その点「かもめ食堂」は全体が良く出来てるから真剣に映像を観てた。
無駄な物も執着も無くシンプルで
どこか、物事に対してあっさりしてる主人公の生き方に憧れる。

なんか家に置いといて何度も見たくなる作品。
終盤のテロップ見て驚いた。
原作は群ようこ。
作品のジャンルはコメディが多く猫が良く出てくる猫好きな作家。
以前良く読んでいた。

この映画には尾美君は出て来なかったけど。
ドラマ「すいか」と並ぶ好きな作品。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード