おばあちゃんは花が好き。
お庭の手入れが行き届いている、と近所の人が褒めて通るほど。
だけれど困ったことがあった。
それはまだ子供が小さかった頃、保育園から「お花を持ってきてください」といわれること。
またこの年が巡って来たかと気に病むことが。
子どもは家へ帰ると、私ではなく真っ先におばあちゃんに言う。
「お花もっていきたいんだけど」

おばあちゃんが迷わず持たせる花、それは菊。
私は、なんで菊?それも少し地味系の菊いわゆる・・・
それを教室に飾るの?
先生の困惑の顔が浮かぶ。それとも教育上、素直に喜んでみせる?
2人の子ども、2人とも登龍門のようにその行事に参加してくれた。

私には頑なに菊を自慢に思う義母と娘たちに
口を挟むことが、できなかった。
スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード