PTA会合の中には独特の空気が流れてる

今日の「あさイチ」PTA役員決めがテーマ
男性陣は関わりが浅いから、メリットの部分ばかり強調。
男性もどんどん参加したらいい。

PTAの中に流れる空気感は、まさに親の通う学校。
役員決めはクラス替えと考えていいくらい。

あそこでうまくやれるやれないは単にメンバー(クラスメート)によるのだとおもう。
人には好き嫌いがあるから子供時代と違って大人独特の嫌味やら無視、派閥も。
居心地が悪い空気感もあるのです。
慣れていくうちに上手く行き出すこともあるが
そこは簡易でも学校と同じ
「家庭内に問題があったり体調が悪かったりすればあまり明るいオーラーも放てない物でしょう」
強制だから引きずったまま余裕なくこなす、余裕が無いから陰気な空気を放ってしまう。
そんな状況でも「子供の為だから」とか
「参加すれば友達が出来るよ」とか言われても

悩みある人の放つ空気感が人を寄せ付けないでしょう
結局何一つ立場に立って思いやることなどしないのだから言うだけ無駄なのだ。

知らなかったのだがPTA活動は任意で、
強制ではないらしいが、うちの場合は完全に強制だった。
TVでは「言い訳大会を聞くのが楽しい」ですって?
プライバシー満載の手紙を声高らかに読んでおいて

どうやら読み手も聴き手も確信犯か。

子供の年が離れていたので、たった二人なのに12年以上も役員選出時悩まされることに。
処理能力がいっぱいいっぱいで常にフル活動だから子供はもういらないと思ったくらい。

子供が居れば何らかの活動をしなければならなくて
比較的軽いかなと思うのが校内の草むしり、ベルマーク集め等、
でも、炎天下での草むしり終了頃、危うく倒れそうになったことがあったから
PTA活動も命がけ。
そろそろ卒業の最後の集大成でとんでもないきつい役も引き当てた。

昔からすると大体子供がやるべきことも親にやらせすぎな気がする。
自分たちの校庭の草ぐらい自分でむしったら?

田舎の母校ではこんなことは親にさせなかった、
「草むしり大会」なんて行事が有ったし(笑)

あまりに過保護になるからPTA活動がしんどくなるのだと思う。

草むしりしながら子供たちの動向を観察
ほうきを振り回して掃除をしてない、塵箱を運んでほしいと先生に媚を売る子、
先生への口のきき方も酷ければ、先生もデレデレ、
こんな子供達の為に…

学校も先生もしっかりしてくれよな。

今年の夏の暑さは

今年の夏の暑さは
子供の頃の「運動会」を思い出す。

運動会と言えば、炎天下での軍隊的行進練習の繰り返し。
直立、動かずの号令の中、先生の立てる心地よい小砂利の音が背後から聞こえてきて

そんなここち良さをよそに対照的にいきなり飛ぶ先生の怒号
生徒の列の乱れを監視、叱ってる声
制限から解き放たれたときのみ
水飲み場に駆け込んで。

今年の夏はそんな日々を思い出す暑さ、時折の風が有ったり
まだ、環境が健全だった頃
父が最初から最後まで居て、
母がここ一番の運動会だけが取り柄の私を応援する。

大きな声で。
今では考えられないかな?体育は得意だった。
小学4年生)200メートル35,6秒の記録で校内で表彰
小学2年生)縄跳び大会で2位とか、不本意ながら…(笑)
意地悪な先生がチャイムが鳴ってるのに終わらないから決着をつけるため跳ぶのを止めた

高校生まで100メートルは1位か2位調子悪くても3位
長距離は真中くらい
よく出来ない生徒への見本として前にだされるのもしばしば
打つ、投げる、鉄棒で回る、走る、跳ぶ、蹴るが楽しかった。

たとえあの頃に戻れなくても
運動が好きだった頃に戻ろうと思う。

働くお母さん

昔共働きでかぎっ子だった私の憧れ、
家に帰ったら
額の汗を見て「汗かいたね、シャワーでも浴びたら?」ってお母さんが声をかける。
妄想
こう書かれた小説の一節に非常にあこがれたものだった。
「おかえり」の声にどれほどあこがれたものか。
父の再婚相手は専業主婦、ほんの一時期を一緒に暮らし家へ帰れば親的存在がいるを経験、
血縁で無くても家への暖かさ安心感を感じた、ほんの一時期一緒に暮らした時期があった。
今の時代は、そんなお母さんの役割に微塵の価値も見出してない、
働く女性を男性でさえ高評価、そして大事な稼ぎ手。


当時、自分はと言えばわが子誕生から仕事を辞め(仕事は嫌いではないが子育てとの両立はムリ)
自分の満たされなかった願望を子に
与えては私の子育てはどう?(みたいな)と、
どんなにわが幼少の一人の不安と孤独の昔を語ったところで
ぽっかりの空洞を埋められなかったさみしさを子への代賞行動で埋めようったって
それは所詮代賞でしかない。
子供は逆に最初から「それ」は満たされてしまってる。

そうして今度は子供自身が満たされなかったことを実践するのだ。
今後の子供の生き方が親への評価だろうか、項目が違うから恐怖。
働くことは、女性だって同じ、野心が満たされるのだ。
より多くの人の役に立ち(賞賛を浴びたい)たいのだから。
その前に生活の為の金銭も。
そうやって、いつの間にか性別も取っ払われてくるのだろう。
働くことを夫婦で許しながら女性の役割も家で果たそうとしたら
普通に考えるなら立場は女性が上になる

子育てはそんなに簡単なものじゃない。
「親は無くとも子は育つ」は慰めであって正論とは思わない。
今の様なやまいだれの日本、「見守る目」失くして子が育つものか。

それでも歴史は繰り返してしまう。

警察はなんか的をはずしてない?

まだ若かりし頃バイク時代の最後(前回の記事に続く2回目)の違反切符のお話。

バイクを駅に止め目的地へと通ってた頃の話で、
帰宅路のことだった。
熊本駅の駐輪場からバイクを出して来て1~2メートル先に一時停止線が有る
でもバイクに乗っかったばかりで安全確認済み
何せバイクは耳からの情報がかなりある
車は絶対に来てないし、人だってだ~れもいないのが確認しやすいのは
箱型で外部との遮断型でないバイクの利点で。

その上見通しはかなり良い場所。
そんな事も有って停止線では停止せず。

「しまった!」ここいらには、派出所が有った。
運が悪いったらありゃしない派出所の裏窓
窓からたまたまの偶然「ちら見」の警察官に見られていたようだ、
警官の勘、隠したつもりの狼狽の様子に意を決したようで(笑)
ついでに捕まったって感じ。

またまた手招き、飛んで火にいるなんとやらだ。
あまりに落胆の私は何でまた…と自分の不運を呪いつつ
ぶつぶつこれが2度目だみたいなことをつぶやき
「なるほど~あんた常習者?」みたいな格好に「ええ~っ!」んな訳ない
不当な調べに合うのが二度目ってこと。
まじめなまじめなまじめな…ド真面目な私に向かって何を言うか。
…警察官の前で墓穴を掘ってしまった。ホリホリ

こんな時印鑑なんか持ち歩いてるわけじゃ無いから「親指?ぼ印」を押す事になる。
なんとなく不快感を感じる警察とのやり取りや、やり方
警察への憧れなんてもう全然なくなり。

本当に貧しい学生時代や親との独立直後、警察はこんな若者からお金をむしり取る、
暴走車、ノーヘル、改造車、悪い奴にさんざん迷惑かけられてるのに取り締まらず
こんな、たまたま目に入って来た、と言う怠惰な取り締まりで
警察によって貧民な上をさらに苦しめられるとは。


警察さんにはその後、ある事件での犯人逮捕とか紛失自転車発見とか助けられもして
今では感謝の気持ちもあるにはあるが。
やはり苦しかった時の警察の
不平等な取り締まり、温かみのない冷淡な対応を苦い思いで反芻してしまう。



将来の夢

子供の頃の夢は警官になる事だった。
ただ漠然とカッコいいからって事だけで、危険なお仕事だとかは全く見えてない。

でも今は全然違う、警官には、ちょいと恨みも(笑)うらめしや~
今でこそ普通免許2○年無事故無違反者だけど
その前バイク通勤だった頃に警察には酷い目にあわされたから(笑)

亡き母あと父親の再婚、独立、帰る家もない、就活時期に入院などバッドタイミング
亡き母はとてもとても父をフォローした人だったのに父は一人じゃ何も出来ない人
再婚は母の遺言でも有ったけど。
職探しに入院でタイミングが合わなかった私は自力で職探し。

アルバイトで繋ぐも、とかく不安定な一時期が有った。
そんな折、出食わすのがいらん所に張り込む警察官だ
有る、車も人もまばらでヤーさんも住むと言われる通りをバイクで走行中。

張り込む警察官発見!

ニュースでこの近辺、銃撃事件も耳にして新しい
「もし」…流れ弾にでも当たったらでビクビクそしたら
「ピーピーピー」笛。    と来たもんだ。
ちょいちょいちょいと手でこまねかれた
ノロノロノロと吸い寄せられるように、、
はなからスピード出してない。
何ですねん???何か事件でも起こったんですか?と聞こうとしたらば

「は~い、一時停止しなかったから違反ね♡」ですってさ。

っていう事件が起こった。
まったく、人通りもまばらな場所に仰々しくパトカー止めて目立ちまくっておきながら
何かと思えばこんな「ちんけ」な違反者を捕まえに張り込んで喜んで。

すわ、「やくざの抗争流れ弾」の連想は妄想に過ぎず
「つい驚いたが運の尽き」で。
こんだけ条件整えば一時停止も見逃すってもんでしょうよ。
「無駄に違反者を捕まえましょう」で罠にはまったって感じ

聞けば違反者のお金が警察の収益とな。
今日の夕飯は高級レストランのディナーになりましたか。よかったですな。

こちらは違反金5000円支払ってスッカラカン
また、ジャガイモ生活だと言うのに。ここは海の上?甲板生活??

貧民を苦しめるなんて警察の本末転倒、警官になる夢も雲散霧消。





            続く






プロフィール

CHAKOMO

Author:CHAKOMO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード