地震の後で、な気がする

買い物に行くと以前は知り合い同士の話しかけがほぼ
今はお惣菜やら変わり種なものとか見てると話しかけて来る人の多さよ

道の駅なんか特に。
「これ美味しい」?「美味しいですよ」、とか、皆意外と話したがり?
ここは(中央区)以前より田舎だから余計に、なのかもしれないが
昨日もレジに並んでたら
しきりに後ろに並んでる私を見てくるおばちゃんあり(笑)
私よりすこし年配の。
ニコニコしながら「重いね、置けないもんね」私を気遣かってくれてる。
こちらもすぐに笑って「全然(重くない)平気ですから」と返す。

こういう人増えた、
見知らぬ人に話しかける人、でも気がついたのは話しかける人は
微妙なまでの相手の(余裕的な)ものを瞬間で見抜いてる気がする。
余裕のなかった頃はギスギスしたオーラしか放てずに、
眼差しをシャットアウトしていて(笑)
受け取れなかったのだろうな昔は。
でも、果敢な人はあえて余裕のなさそうな人を助けようとして
話しかけているから(笑)
すごく嬉しくなる。

日本の政治、完全に国民置き去りに走り出した感あり。
刷新されるものの感覚のズレ、
「令和」、万葉集からと内容等詳しく聞いてから気に入る、遅れた感。
相当に引き離して独走状態。

北朝鮮、韓国、にたいして米国の引かないゾという印象操作、
普通の心理作戦が通じる相手じゃないと思うけど。
韓国はアメリカにはヘコヘコするけど北は、、、
なんか変な不穏な静けさが気になる。

続き過ぎる不思議

地震前の家は子供達にとっては想い出の地。
「それを考えたこと有る?」(責めてるわけじゃないのでしょうが)
余りに相談無しに決めたので。
「引っ越したい」と言ったとき私にちょっと強気に出れる次女(笑)
もちろん長女も)が尋ねた言葉だけれど、
確かに一番楽しかったのは色々失敗しつつの子育て時代だったけれど
あの地のあの家は家族的と言うより
駐車場に囲まれていてパブリックのイメージで
解放された気分になったことがあまりなかった。
理想的な土地を見つけたら住み替えたかった。
それにみんな個人主義的な個性だから良いのかなと。

それ以上何も言わなかった。
福岡に移り住んでからどちらに居たときも帰省も稀だったのだから、
良いのでしょうと。
住み心地は広めのリビングが冬場は少し寒いけれど、すぐ温まるし
導線も散々考えたからストレスなく動けるし、
クローゼットは扉無しにしたから
何たって埃が溜まらない。
綺麗にしておかないと雑多さが目に飛び込んで来るから。

確かに大事な何かを無くしてしまった感は否めない。
でも仕方がない、2013年の猫を飼いだしたころから←にゃさんのせいじゃ無い
家族皆がすごく体調とか崩し出して何事かと思った。
神社に皆でお祓いに行ったくらい、それで何とかおさまって
今度は神懸かり的なことが続くと思ってたら地震で、
あの時期は本当にすることすること次に繋がっていて、
身の回りの整理や、結局地震で短命に終わる建具の新調も
頑丈な枠組みで身(家)を守ったという意味では無駄ではなかった。

困った状況なのに何故か水が出たとか余震の合間の取り出しも
整理してたので手探りでも物がスムーズに持ってこれたとか、
スムーズに食べ物が手に入ったり暑さ寒さもそうだし
義母は頑丈そうな病院で揺れもそれほど恐怖に思わず居られて、
もしも一緒に住んでいたらと思うと、逆に、

地震直前は、いずれ惨状となる場所から移動するように言葉をかけていたり
お風呂が壊れなかったとかでも助かったし、不思議なことが随分と続いた気がした。
神仏信仰のお陰とか、新築でも仏壇用和室を設けたお陰とか、
以前完全とは行かない多少懐疑的(怒られそう(笑))に思っていたこと
霊魂とか、知らせとか、未来とか、しみじみと、「有る」と
感じるようになった。

地震後二年間の集大成

熊本地震の大揺れに伴い自身の身近も余震(余波とでも言うか)
二年間みっちり動かされた。

ゼンマイ仕掛けと言うか動かざるを得ない、
この押しても引いても動くのに相当な労力のいるこの私が
周囲は(家族)皆、仕事優先がトッププライオリティ

見えない力に突き動かされた二年間だった、
思い描いたことが実現の形になって現れた顕著なもの
それは土地であり、家の外観から内装設備に至るまで。

そもそも地震直後からあまりこだわり過ぎの快適な新築住まいを考えていたわけではなかったが
テレビで父と息子さんの被災者家族が映し出された時、
清潔な快適そうな新築のアパートからの放送だったのを見て、古い物件のアパートを探していたが
自分もこれを要求してみたい、そう思ったのだ。

今まで暗くじめじめした家だった、そこでは体を壊してばかりだったし
アレルギーも、なんとなくだるい、何より動線も考えてないから
物が多く、ごちゃごちゃしてるので頭の中もごちゃごちゃ、
日当たり悪く暗い個所が点在、目が見えにくいからふらふらするし。
人も呼べない、思い出すだけで劣等感呼び起こす、家で、人も遠ざけていた。
そう思った時、珍しく良い物件を要求したいと思ったのだ。

清潔で有ると言うだけで(前の家は掃除してもきれいになったと言う実感がない)
何よりシミや色あせはどうしようもなかったし段差も多く、シロアリにも悩まされた。
そう、こまごましたお直しでお金がやたら掛かる家だった。

新築アパートは快適で何より気分が上がった、食欲も出て
遠くまで歩くと気分が悪くなっていたのも引っ越してからなくなったし。

ナポレオン・ヒルの「思考は物体で有る」は家を建てた時、実感できるみたいだ、
思い描いたことが形になった。デカすぎの主人の骨組みは別として。
いずれ建て替えなければいけない傷んだ家ではあったがまだ先かなと思っていたし
建てる前は健康面から診て工務店やハウスメーカーとの何度も何度も繰り返す話し合い、
耐えられそうにないと思っていた。

それが、住みやすい家からの出発は英気を養ったのか
ましてややり直しを要求したり、暑い夏場エアコンもない現場での話し合い
良く耐えられたなと、ほぼ自分の要望であり、外観へのダメ出しや、今は外構
家の者はとにかく家より仕事優先、ま、それがないと家が建たない!
全部任せると言われた、(仏間と家の骨組みやら立地は別)わけだけれど、

老後の預金も投げ出す勢いの出費だったが、
建て替えは地震前からの予定ではあったのだからしようがない。
想像を形にする手伝いをするのはハウスメーカーだし、大工さんだし、関わるたくさんの人たち
お金を出す以上、「要望に答えていただきたい」と考えると感謝を忘れた言葉になったりも
したのですが
日本で支援を(国はずいぶん四角四面だったが)受けられた感謝と、

日本の国民の皆様、それに世界中支援してくださった方、心を寄せてくださった方々に
改めて感謝申し上げます。

地震のことを久々に話していたら

ちょうど新築の自宅の内装を改めて見て、
随分収納の少ない家が建ってしまったと言う感じだった。


地震があったからこそ壁面収納とか増やしたかったのに
各寝室にクローゼットがあるのみでリビングには全くない、
最近の家はこんなものなのだろうか。
おとといなど揺れたと思ったので地震速報を真夜中に見てたら、やっぱり出た!
「み、宮城?」熊本じゃない!?なんてこともあった。

これではちょっとした家具を入れなければならないのだろうかと悩む。(絶対に置かない)
以前の家では背の高い本棚が地震の揺れで耐震グッズの突っ張りくんを跳ね飛ばし何にもならず
でも、揺れることで両扉が開き更に揺り落とされた本が小山に、扉がつっかえ棒になる形で
不安定な傾きにになりながらも倒れなかった。←絶対に倒れない形(笑)

真横にあったのだから相当に危なかったはずだった、(昨日もこの話をしていた)
危ないと思ったので横に一応ゴロゴロ転がっては見たのだけれど、、
家具は極力置くべきではないと言うのが地震を体験した者の感想。
だからこそ壁面収納にこだわったのに、パントリーもダメだったし
構造や間取り的に作れなかったのか、なかなか使い勝手に工夫が要る。
主人の、こだわりの仏間が限られた時間の中で相当に時間を要したのが原因なのだけれど、
本当に悩みの種を蒔くのがうまい。

とにかくこまめに物を溜めずに捨てるとか、元から買わないとか、カウンター棚を設置するか。
リビングは購入予定のテレビボードのみで辛抱するしかない。
地震、大雨浸水などの恐怖から構造強化にお金がかかり過ぎて
どうも内装に響いてしまった。

大阪の方々にもかなりお世話になりました、今回の地震は本当に痛ましいことです。


熊本地震復興工事は終わった?


町ではめっきり道路修復の場面を見かけなくなった、
それは地震以前からするとめっきりというくらい補修工事が行われていない。
でこぼこの道路は急に襲って来て「ガッン」と音を立てる衝撃、体全体が傾く、前にのめる。
そこかしこで起こる。
その度、「衝撃録画を始めます」という音声。
ドライブレコーダーを付けたのだ。その録画回数の多いことといったら。

腰を痛めても車に乗り続けていたのでは完治のしようがない
一体地震後の復興工事はどこで行われているのだろう?
個人宅で個人が身銭を切って出したお金での再築のみ。
一角で黙々と続く大きく変化が見られるとすれば熊本城の工事くらいだろう
中央区だろうと植え込みの雑草がすごい、まるで廃墟の庭のような公道。

熊本の土木関連の政治は弱過ぎる
よく働く女性市議は口の悪さで失脚しそうだが、
一体何もしない政治とどちらがマシなんだろう、熊本は地震があったこと自体忘れたか。

キラキラな照明を輝かすのはパチンコ屋さん、この施設のなんときらびやかな再築
何よりも目立ちそして巨大。

復刻のシンボルのように目立つパチンコ屋連を延々横切る時、涙出そうになる。
元気なのは遊技場ばかりかと愕然とし。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード