母からの命名

小さい頃の話
私の母はとても厳しい人だった。
本当にスパルタ式に育てられたと思う。
その割にはちゃんと育ってない、ごめんね母。
3、4才のくらいの頃かな、幼い記憶の中、唯一恐くなかった時は
私をあやす時。

母の両腕の中で私が、寝付くまで子守歌を唄うとき。
優しく背中をとんとんしながら
「ちゃっころもっころり~ん」と唄う時。なんだ そのフレーズ。
ただそのフレーズの繰り返しなだけ。
なんかお茶目な節と鼻歌作曲で眠らせようと抑えた母の高くて細い声。
私は、ちょっとぽちゃぽちゃしてたから。
私の雰囲気と名前をもじった唄。

母は厳しい人だったけれど
私の話をいつも笑って聞いてくれて
「○○○は面白かね~」って眼を細めながら。
私と違って社交的な人だった事が幼いころの私にはとても不思議に思えて
短い間だったけれど凝縮した濃い、いっぱいの想い出がある。

あんな田舎なのに母はお店でもどこでも値切るのが上手だった。
ちっとも嫌な感じのしない
言われた方も
「困ったなァ」って笑いつつなんか嬉しそう(笑)
人付き合いでリラックスをあまり感じたことがない私とは全く違う。

母には大阪のイメージが有るって勝手に思ってた。
親戚がいた、ワンピのお古とかクリスマスには←(はるか年上だったから姉に)
小さめの額縁サイズにクリスマスに因んだ絵が描かれたチョコレート送ってくれた。
硬いのだけどチョコにしては大きくて食べがいがあった。

イメージは黒柳徹子に似てるって(おしゃべり好きなとこ)勝手に思ってた。
あんな早口じゃないけど(笑)


母は私が15の時亡くなったから、せめてもの思いでブログ名に残した。
初めての親からの命名。
〜母の事を守れるのは自分だけ、知らない人に曲解されたくないから。
だから書く。小さい頃自分の母は日本一と思ってた(笑)
あらゆる事が血のせいではないとここまで生きてきて解ったこともある〜

うちの娘達にも、時々感想をもらったり画像の手伝い
それにネタにも使おうと思っている。

ななほしてんとう虫

天道虫、とも書くみたい。
これでは何と読むのか判明しない人もいる。

でもてんとう虫ってなんて素敵なフォルムなんでしょう。
半円形で鮮やかな赤に、ラッキーな数を身にまとって。

まるでデザイン工学でも学んだ人が人工的に作ったのかと思わせる。
あの虫に限っては、ひっくり返してもメカニカルな感じがするし。
ただあんまり指なんかに止まらせていると、
黄色い置き土産を残して飛び去ってしまうという
文字通りの離れ業をされてしまうのだけれど。
あのままで、雑貨などのデザインとしてちりばめても十分可愛い。
あれがカブトムシとかだと、「男の子限定」みたくなっちゃうけれど。

うちの「ぱんちょ」(てんとう虫のぬいぐるみ)たちは、
何かすっごく前向きな目で笑っているので、いつも癒されています。

じゃりン子チエ

頑張った時の自分へのご褒美で買ってた漫画本。
自立して間もない頃は、負担になるほど金銭面でひっ迫していた。
実家からの仕送りもゼロ。父は再婚。
身寄りは断たれた、帰る場所もなくなった。

「漫画本のじゃりン子チエ」
(赤貧チルドレン!共感) 節約生活。
1か月どころじゃない。
ジャガイモ生活。
漫画本のじゃりン子チエを読む、これは励まし本。
じゃりン子チエの漫画本を買う、これは自分への贅沢なご褒美だ。
何の褒美だったのか、今となっては分からない(笑)

アニメ化されてから、漫画本は途中放棄。
その後もかなり続いたらしい。
チエの生きざまもだけど、893が嫌いなテツ、
チエの祖母の菊、酔っ払っている時の百合根。
力では勝てるけれど人間関係の強弱は違っていたり。
マサルとチエは互いに高め合う、幼なじみとなっていくのだろうし、
マサルはどこかでチエを尊敬しているような、描き方が面白い。
猫には猫の哲学があったり、人間より人間みたいに悩むし。
(アニメ版吾輩は猫である、の様な)
ヒラメちゃんとかカルメラとか、本当よくまあ、
たくさんの個性描き分けられるものです。
こんな人情味あふれる人間関係に強くあこがれたものでした。

マフラー改造車取り締まりはどうした

今日、車を走らせている時、後ろからものすごい音を立てて走る車に遭遇。
何の音?と思った。
車の性能から行くと、静音に成るべく
メーカー側は苦心しているのに、まるで逆を行く。
飛行機のメーカーだって騒音は、多くの人たちの苦情となっているのに。
飛行機なんて、
「すみませんねぇ、この通りの巨体なもんですから轟音を立ててしまいますが・・・
今後なるったけ音を控えますんで(防音装置とかで)本当悪いんですけど…」
的なメッセージを(好意的に)受け取ってればこそ
許可がおりているようなもんなのに。
今日轟音を立てて追い抜いて行った車も、
(いつもトイレを血眼になって探しているんだろうと思っている)
飛行機の離陸時かと思うくらいだった。

これはもう飛ばなきゃ、うそ。

と言うかここからいっそ飛び去ってほしい。

音だけ凄い!
なんてまーったく台無しな車である。
大きな音ほど危険で(危険な人が運転してますよと)、
危機が近づいていると気付かせる点では
爆音がするのは正しいし
確かに大事な事なんだけど。

そしてバイク。
あの人たちの立ててるしつこいアクセルふかしは音は単なる自己顕示欲?

虫捕り

パンチョ捕獲1


(ぱんちょ)わーいわーい、てんとう虫の髪飾り、可愛い??

(外野)「髪有ったんだね?って言うか~そこ、オデコだべ」 

(ぱんちょ)ん?

2パンチョ捕獲

(ぱんちょ)「ほらほら、そのてんとう虫つかまえたの。
虫かご虫かご、早くしないと逃げちゃうよ~!」



パンチョ捕獲4

『ガチャン!』
「・・・えっ!? どうゆうこと?」
(その後てんとう虫はかごから逃げてってぱんちょだけが残ったとさ)



我が家にはてんとう虫(もしかして、ぬいぐるみ)がいっぱい住んでいます。
名前もちゃんとあります。
顔がみーんな違うので、見分けはつきます。
総称を「ぱんちょ」と言います。
(画像byむすめ)

栗のイガイガ

私の実家は文字通りの田舎である。
土地が安いので、庭なんて広々とある。
柿の木、栗の木、ポポの木、ぐみの木、果物の木がいろいろ。
私はあまり栗が好きではなかった。
そんなにおいしくもないのに、もったいぶってトゲトゲで身を守り、
鬼皮、渋皮なんて生なんかじゃ剥けたもんじゃない。
今でこそ洋菓子の中でもゆるぎない素材としての位置にいたりするが。
・・・(マロングラッセ・モンブランetc...)

秋になると、栗の実がいーっぱい落ちる。だから渋々お手伝い。
栗は剥く時は、トゲが痛いので長靴をはいて、
足でカラを開いて、出てきた実を火ばさみで挟んでバケツに「ポン」だ。
そうするとイガの山ができる。
昔お風呂がたきつけるタイプだったので、栗のイガも焼かれる運命にある。
しばらく経った栗のイガは枯れて茶色になって、
ポロポロ折れるけれど、トゲトゲはやっぱり痛い。
田舎なんて外灯がなかったから日が沈むと外は真っ暗。
暗がりの風呂の焚き付け場は、我が家の裏口でもあった。
イガの山をサンダルで踏みつけ、ズボッとやれば、たちまち足はトゲだらけ。
片足ケンケンで家に入って、虫眼鏡片手にトゲ抜きにひと苦労。
栗にはいい思い出がなかったけど、今は好きだから変わるもんだ。

かぎっ子とモナリザ

私は小さい頃かぎっ子だった。
父は公務員で母は事務関係の仕事。
5時すぎると母が、6時過ぎには父が帰ってくる。
小学生の頃の一人でお留守番はとても長く、暗く、怖い気持ちにさせたものだった。
田舎の事、近所といっても友人宅は子どもの足では遠く感じるくらいの所にあった。
おのずとかぎっ子はテレビっ子になるからテレビのある部屋に行っちゃう。
よーく覚えているのがカレンダー。
なぜかモナリザのカレンダーをかけてあってそれが
暦部分だけを一か月分やぶくタイプ。
安っぽーい商店宣伝文字入りの。
だから、一年間ずーっとモナリザ。
見なければ良いものを、気になるから凝視してしまう。
テレビなんてそっちのけで存在感発揮しまくりの
モナリザ。
居場所を変えつつモナリザの貼られているのと同じ壁に背もたれて見ても
どこに座ってもモナリザがほほえみかける。

こっ、
こわい。

さびしい時は誰かの存在が、ホッとさせるものだけど
こんな存在感なら いらない。
美術館でならば 映える芸術作品、何故にカレンダー?
しばらくして、友人宅のトイレに同じモナリザのカレンダーがはってあって、
正面向いてギョッとした。

小宇宙

茶道はいいですね。
あの所作がよい、うちの娘たちにも習わせたい、自分もだけど。
あのふくさを畳んだり広げたりお茶を出すまでの、一連の動作。
ちゃかちゃかした性格の者にはめんどくさい。
足が痺れたのトイレ行きたいの雑念だらけになるのがオチ。
ひとつひとつていねいに、心乱さず涼やかにふるまう。
めちゃめちゃ憧れます。
短時間だけど全てにおいて整ってないと出来ない。
そして最後にはお茶をふるまう。
この精神、今の私にはないかな。
「お茶出してあげたけど なにか?」位にしか思わないからね。
このままじゃいかん、さつばつとしとる。

追記
日本が、世界が平和になったらいいな、人々が健全で
明るく、
そうなることを祈って
応援してくれた人たちにも感謝です。
助けられたこと多々。
こちらからも陰ながら応援して行きます、これからも。
プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード