演歌が鼻唄で

音楽は大好きこれは父の影響?
母は、こともあろうに私にピアノをやらせようとしたこれは失敗。
この話はのちの悲喜劇としてまた書くとして。
私が4~5歳の頃、新商品家電やら新しもの好きな父は、
自分の趣味も手伝ってスピーカー付ステレオをデーンと据え
「さぁ、お前もついでに聴け」とばかりにクラッシックレコード。
世界の名曲シリーズ全15巻。
丈夫な厚紙の箱には世界の名画がほどこして有る。
(1巻に2~3枚入り)を買いそろえた。

その他だと、ジャンルも幅広く「赤い靴」「青い目の人形」なんかも有った。
父の懐古主義?
私があまりにレコードの独特の歌い回しをまねをするので
娘は聴いたこともないのに覚えて小学生の時に
「あ~おい目~を~したおにんぎょは~」なんて古めかしいのを一曲やって
先生達の笑いを取ったと言っていた。
クラッシックは「はぁ?聴いたことは有るけど題名までは…」と父のもくろみにそわず。

比較的新しい方のドビュッシー「月の光」とかいい。
ジャズも好きだけどあまり正統派的なものよりアレンジジャズのが良い。
シャーデーも良い。凄く良い。
あとR&B、アースウィンド&ファイヤーこれも大好き。
洋楽の方が好きリズムもノリも明らかに違うから。
でも日本人アーティストと言えばやっぱ宇多田ヒカルの曲
世代を超えて聴ける。
20代だというのに人よりずーっと濃く生きているし元気をくれる。
内容は、惚れたはれたばっかじゃないし。
new albumではcelebrateが好き、リズム感が良い。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード