ギア・チェンジ

今、乗っている車はオートマ車。
なんか物足りないって書くと走り屋の人みたいになるかな
私たちの世代はぎりぎりマニュアルからオートマへの移行時期、少数派がオートマ車だった。
オートマは操作誤り事故が話題になっていたから「オートマはヤダ」ってよく言っていたもの。
今は車も進化して来た。
多数派に押されてオートマに乗ってみようって気になった。
乗ってみて確かに楽。
マニュアルは操作が多く足も忙しいから車の運転に集中出来てた気がする。(自然動作にはなっていた)
だけどオートマには自分の手足のようなフィット感がない様な気がする。
なんかワンテンポ遅いって言うか出足が悪いような…。
デジタル化したテレビなどもスイッチ押しての反応がかなり遅い気がする。これって進化?
運転中雑念が浮かびやすい、なのに運転出来ているっていうのも怖い。
だけどこんな感想も最初だけ、もう完全にオートマ脳。
「これ乗ってみて」ってマニュアル車持って来られたら

逆にオートマに初めて乗ったとき以上に緊張すると思う。
今回も、スバル車が良かったんだけど手頃でコンパクトな普通車の車種がないので他社のにした。
今度のスズキのディーラー、最初っから車が故障。燃費も悪すぎるし。
(その後一斉無料点検のお知らせが)めちゃくちゃ危なかったのに、その後の対応もいまいち。
私の永年無事故無違反の夢を絶たないでくださいね修理後の車は調子がいいけれど。

あらためてスバルの方が良かったと後悔。
かなり前、スバルのディーラーさんにスバルのアルシオーネがカッコいいって言ったら
「時代を先走り過ぎました」って言ってたけどアルシオーネSVXはいいと思う。
人が乗る分には。
だって私には持て余す、が必至。
それと、時代のニーズに合った車を作ってほしいです。
スポンサーサイト

手首のグリグリ

もう10年は共にしただろうか?で最近2年くらい前に治った。きれいさっぱり

手首に何かぐりぐりが出来た。日増しに大きくなってないかい?
これは何?
内心悪い病気じゃないかとドキドキしながら病院へ。
レントゲンを撮っている時も心なしか手が震えている。
気もそぞろ。
先生に呼ばれ診察室に入る。
先生がレントゲン写真を見ながらこれは「ガン…」えっ?
よく聞こえませんでしたって顔をすると、先生紙を取り出しボールペンで「ガン…」今度は丁寧版で再び?
って「ガーン」と来ていたら、「ガングリオン」と続く何
始めて聞いた。
紛らわしいから先生もからかうんだろうか心臓に悪いったら。
まだ安心はできないけど。
結節種とかで腫脹した関節部分に袋状のゼリー様の物が溜まる。
殆どが良性だけど腫れた部分に穴があいたり?等の明らかな変化が、稀に悪性化することも。(殆ど無いらしい)
早ければ注射器で吸い取れる。
しばらくすると硬くなって無理みたい。
見てくれが悪いので、手術で取ってしまう人も、若い女性に多い病気。
「若い」、に気を良くしてもちょっぴり痛みは有る。
ズクズクするくらい殆ど気にならないけど。
タレントのあややこと、松浦亜弥さんにも出来たけど「ガングリオン」が可愛いのでそのままにしてるなんて言っていた。
なんか わからんでもない。
ところが私、左手の物が小さくなって来たと思いきや何と右手にも。
右手の時など勝手に「ガングリオン」と自己判断して医者にも診せなかった。
そしてこの「ガングリオン」出来た順、左手右手の順に居なくなりました
私は子供に人間年をとれば自然水分が減ってくのだから干からびて治ったんだと悲しい説明をして納得してもらった。
私もついでに若い人に出来るんだから治ったんだ。納得だ、と思った。
でも干からびるって、ちょい太り気味なくせに?

甘柿の元は渋柿

父は植物好き。
若い頃から、和蘭とか温室までこさえて育てていた。
こんな葉っぱ観賞して何が楽しんだろうかと思っていた。
(葉っぱを観賞するもんだと思っていた)
葉っぱもぱっとしないのにしばらくして、じみーな花が咲いていた。
花の咲く段階になってもなんかぱっとしない。
渋い、わびさびの世界は子供だった私にはよくわからなかった。

父は以前、農業改良普及所の指導員だった。

い草、水稲などが専門。
田畑に出ての指導だからすっかり浅黒い人になってしまった。
植物が好きなのはきっと昔からなんだろう。

家は田舎だから果物の木が色々有った。
柿、桃、栗、ポポ(ポーポーが正しいらしい。味はおいしい?人それぞれだけど)ぐみ、等。
田舎の日曜日はなぜかワクワクするから早く起きてしまう。
そして父のすることを見ていた。
柿は初めから甘いと思っていたが違うらしい。
渋柿の台木に甘柿の木を接ぎ木して甘柿にするのだ。
渋柿苗木(台木)をカッターで切って品種改良の甘柿の木を挟むように接着。
あとは保護テープでぐるぐる巻き。(抜粋書き)
そんな感じのことをすると何年かのち秋の味覚、柿が食べられるのだ。
うちの柿は大振りの富有柿だった。
甘いので蜂に狙われて黒ずんでしまうものもあったけれどあの味はなかなかスーパーでもお目にかかれない。
自慢の柿だった。今でも生りますが。

連鎖反応・ぷよ2

何となく感じの悪い対応されたりすると。
そのいやーな感情は次々と連鎖する。
まるでドミノ倒しです。
どこかでストップをかけないと。

この人何いらついてる?
「行きずりの人に、嫌な気分にさせられてイラついている」って
腹の立つ行為もよい方向に解釈して相手の立場に立って無理からぬ妄想。
そうすれば許せる
そうなるべく努力中。ときにムリ。
そうすれば怒りのストップかけるのは大成功。

だけど逆にいい気分は連鎖させたい。
うれしい気分はストップかけずに次々連鎖。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード