しし座

「ミル姉さん」いつ見ても面白い。
ウッチャンは扮装させたら日本一と思っているから。

二番手がドランクドラゴン(2人とも射手座)の塚地(女装限定)の扮装。
マニアックネタより面白いのにと思う。


そのままのチャンネルにしてたら「グータンヌーボ」が始まったので何んとなく見た。
米倉涼子さんが「結婚のメリットって何ですか?」って真顔で尋ねていて
「今は仕事かな?」って言ってたんで
ふと思うこと有って、わたしんち恒例の星座当てっこを次女と始めた。

最初は蟹座とかの水の宮系かなって思っていたけど、
独身で仕事も(キーワード)うまく行く星座と言えば?
江角マキコさん(いて座)とも仲良しと言うことで「しし座かな」って思った。
ウィキペディアで確かめたら「しし座」だった当たった~。
独身で頑張っているしし座と言えば思いつくだけでも黒柳徹子さん、
天海祐希さん、いとうまい子さん(結婚した)
米倉涼子さんと言えば名前と誕生日が私の母と一緒だった。
母は若い頃、社公家で明るく良くしゃべる所など黒柳徹子さんに似ていると思ったものでした。
しし座は仕事に生きる方が性に合っているのかな。
母は家庭との両立はあまり出来ているとは言えなかったし
仕事は辞められなかった人だから。
義母もしし座で、
私のようにかぎっ子(子供ながら働いている母に気を使っていた子供らしくない子供)を
経験させたくないと思って家庭に納まったがそんな私を義母は快くは思ってくれなかった。

義母も気が若いと思う、昔で言うところの職業婦人バンザイってところでしょうか?
母もスズキの軽(たぶん3代目のフロンテ)の車に乗ってましたし(その頃の女性の免許取得者は少なかった)
母も今に生きていれば今の時代のお母さんたちと比べても少しも進歩的ではない普通のお母さんだったでしょうに。
同じ悩みを相談出来る友人もいっぱい居たでしょうに。
スポンサーサイト

にこにこぷん

長女が、赤ちゃんの頃は夜泣きに親も泣かされました
やっと親も眠れるはずの時間帯に泣き出したならもうお手上げです
その時考え付いたのがドライブ睡眠術。
車の中ではよく寝ていたわが子。
仕方がないから車に乗っけて赤ちゃんにおやすみして頂く。
主人も巻き込んで車に乗り込み。
その内、車の立てる音と震動の一定のリズムに良い気分になるようで
もう一つの方法は、大好きだった(NHK)「にこにこぷん」
じゃじゃ丸、ピッコロ、ぽろりのキャラクター。
他に、しりたがりやの なあに
まねっこの まねりん
わらいんぼうの げらら
いつもやさしい はっぴい
いやだいやだの やだもん
たずら ぽいっと ぽっけ ぶるる もぐもぐ まだいましたっけ?
一人ひとりの個性を表しているキャラクター達
個人的にはこの頃の「お母さんと一緒」はすごく良かった。
ビデオの録画モードを6時間にして撮りだめしておいたものを深夜に見せる。
いくらなんでもしばらくすると寝てくれました
寝付くまでが大変だったので、娘も懐かしい様で「大変だったんだよ」
いと良くこの話を恩着せがましく話しては昔に思いを馳せています。

「鼻炎」不快頂点の荒療治

私が事務員として仕事をしていた時。
生まれて初めてのアレルギー性鼻炎になった。
それはそれは激しいくしゃみの連発。
止まったとしてもまた始まっての繰り返し。
周りもうるさくて迷惑かも知れないが当の本人が一番の大迷惑。
止まらないくしゃみに心の中は不愉快のド頂点。
見かねた部長(女性)が自分の飲んでいると言う鼻炎の薬をくれた。

本当は他人の(たぶん医師に処方されたもの)薬を飲んではいけないのだとは分かっていても
「もしかするとこのくしゃみが止まるかも」と、
藁をもすがる思いだったので、家へ帰ってから飲んでみた。

「こりゃ死んだね」と思った。


寝ても、、寝ても、、寝足りない 仕事中も眠い。
逆にくしゃみが目覚まし代わりに起こしてくれてる始末。
3日はそんな感じで明け暮れた。
人の薬なんて絶対飲んじゃダメと教訓。
それにくしゃみは相も変わらずだし。
ある日私はお風呂に入って始まったくしゃみに荒療治を決行。

自分の「鼻も、もげよ!」とばかりに右へ左へ圧すは引くはの大騒ぎをやって
ひとしきりくしゃみをした。
またくしゃみが始まるとこれでもかと繰り返す。
「あれっ?くしゃみが出てない、待てよ?一晩寝たら再発してがっかり」、
なんてこともあるし。
ところがこの日を境にもう20年以上今でも鼻炎で苦しむことが有りません。
なにが効いたのだろう?
荒療治が効いた。
私なりの用法容量が有ったし。
どうかしたら、鼻血が出ただけってことになってたかもしれないけど。 

きっと目標達成出来る!

最近やっと空腹感に慣れてきたかも。
時に飢餓感で「栄養をとらないと!」と思うのだけれど。
そんな時は鏡を見に行って「いや足りてる」と確認して来たり。
飢餓感は大げさかな、殆ど3食、食べているし。
今までのだらだら喰いのくせは、直してしまいたい。
「空腹ってな~に?」って感じだったから。
けれども、食べ物の入って来るものが減ると
「こりゃ食糧危機が来た」
と勝手に省エネモードに切り替わる様な気がする。
やせたい人には嫌なモードです。
代謝は下がるは内臓は休むは。

だけどまた体重を減らしてもよい時期に入って来るからひたすら待つ。
ここのところマイナス1をキープしたままで動きがない。
まあ増えないだけ、ましだと思って頑張ろう。
若い頃なんて減らそうと思えば2~3キロくらいすぐ減らせていたのに。
デーンの感じを、ちょこんにするにはまだまだです。
ちょこんはまず無いわ。

l
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード