犯罪抑止

このところ日本では死刑執行の話題が出ています。
死刑執行数が異例の多さで驚くばかりです。
日本人がどんなに不健康な土壌で暮らしているかが
世界中に知れ渡ると言う点では死刑囚の多さは日本の恥を
(先進国なのに(精神面での)途上国の様な(思想環境)が根底にあると)
発表している様なものだと思います。
自殺者も増加の一途を辿っているところでは一般の人でも
「死」というテーマでは「身近に悩まされる切実さが有る」事でもわかっていると思います。

どこかに犯罪者を、犯罪に駆り立てている要素が有るのかもしれません。
捕まれば、屋根のある部屋、食事付き。
世間も暮らしにくいならなおさら。

病んだ状態にいる犯人が時々そんな感想を述べています。
死ぬことより生きることの方が辛いのでは?
と言う思いはたいていの人が(スランプの時等、)経験していると思います。
まったく思わない人もいるのでしょうが。
犯罪に移行するかどうかは環境、状況、
考え方の個人差などで決まって来るのではないかと思います。
悩みの、長い短いの期間の差も決め手の一つになるのかもしれません。
「この先犯罪を起こすことはないと思う」と
何となく幼い頃に身についてるようで自分はラッキーと思
っていたりする人もいるのではないかと思います。

それでも、そこまでに至ってしまった死刑執行は
感情論のようにも取れることもあると思います
犯人に対しての憎しみは当たり前の心理なので当然だとも思えるときもあります。



病気なのではないのか、としか思えない様な犯人もいたと思う。
だから「刑」が全く身にしみていない事も。
反省できてない犯人に死刑。
結局見せしめ、かと思ってしまう。
今後(未来)冤罪とかも含めて。
納得しているのが傍ばかりでは犯罪抑止にならないと思うのですが。
本当に犯罪者が反省するような罰になっているのでしょうか?
反省につながる罰。
この罰の方が犯罪者の身に堪えなければ意味がないのでしょう。
とても簡単に考え付くことではない難しいものが有ると思います。
死刑という結果より、前段階にも問題(暮らしやすさや人らしいつながりとか)が有ると思います。

死刑執行は神に代わって行うくらいの判断が居ると思うのです。
それは十分考えての事でしょうが。
あくまでも数への驚きのみです。
見たまま聞いたままの未熟考な単なる感想ですが。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード