にこにこぷん

長女が、赤ちゃんの頃は夜泣きに親もほとほと泣かされました
やっと親も眠れるはずの時間帯に泣き出したならもうお手上げです
その時考え付いたのがドライブ睡眠術。
車の中ではよく寝ていたわが子。
仕方がないから車に乗っけて赤ちゃんにおやすみして頂く。
主人も巻き込んで車に乗り込み。
その内、車の立てる音と震動の一定のリズムに良い気分になるようで
もう一つの方法は、大好きだった(NHK)「にこにこぷん」
じゃじゃ丸、ピッコロ、ぽろりのキャラクター。
他に、しりたがりやの なあに
まねっこの まねりん
わらいんぼうの げらら
いつもやさしい はっぴい
いやだいやだの やだもん
たずら ぽいっと ぽっけ ぶるる もぐもぐ 、、、、
一人ひとりの個性を表しているキャラクター達
個人的にはこの頃の「お母さんと一緒」はすごく良かった。
ビデオの録画モードを6時間にして撮りだめしておいたものを深夜に見せる。
しばらくすると寝てくれていました
寝付くまでが大変だったので、娘も懐かしい様で「大変だったんだよ」
良くこの話を恩着せがましく話しては懐かしい思いにふけっている。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード