ピアノ教室

私が小学生の(一年生、秋)ころ両親は何を思ったか事もあろうか私をピアノ教室に入れた
その頃の決定権なんては子供にはない。
自宅から一番遠いのが保育園、次が小学校。
中学校なんて休み時間に忘れ物を取りに行ける距離にあった。
子供の足では遠く思える距離なのに「小学校の帰りにちょっと足を延ばして寄ってくれば」
(保育園も素ッ飛ばして)って考えらしかった。
ピアノ教室は、小学校よりちょっと歩いた所に有ったのだ。
ますます自宅は遠くなるけど。

嫌いな理由は練習をしないのに勝手に回って来る教室の日の苦痛。
ピアノの椅子に座っても弾けるわけがない、練習をしないのだから(笑)
母はなかなかあきらめてくれなかった。
ある日私は教室に行ったという嘘をつくことを始めた。
月謝もカバンに入ったまま。
でも嘘がばれるときは必ず来るのだ。

この時の心境は、子どもながらすごいものが有った。
罪の意識がようやく芽生え始めた時期でもあった、
それまではなかったといっても過言ではない。
母の厳しい叱責のおかげで。

?マークの付いた先生からのお手紙(ここでBGNに「太陽がいっぱい」のテーマソングが流れます。)
そのバレた後の叱られ具合は(悲喜劇と感動の)私のメンツもあるので書かないとして。
後日母に「?って何の意味?」ってマークの意味を尋ねた事を覚えている。
母を怒らせた何の暗号だろうと思ったのを。(文面はまだ読めませんから)
母はその答えに私を脅かそうと適当な事を言っていた(笑)

それでも、その後2回も教室変えたもんね、母も相当しつこい。
そんなもん本人の意志とか尋ねてからやる気にさせなきゃと思ったから
自分の時の失敗は娘達で取り返してやった。
2人共喜んで?ピアノ教室に通ってくれたから。
長女は20才、次女は14才位まで。
私の「やっぱり、やっておけばよかった」を後に悔いる形で経験させなかったのは私の失敗が有ったからだから。
やっぱり母には感謝です。

十八番は完璧とは到底言えないけれドビュッシーの「月の光」久石譲の「サマー」等やサティ。
って私も個人的に好きなメロディ。
次女はさらに不完全ではあるけれど「亡き王女のパヴァーヌ」「戦場のメリークリスマス」。
後は感性と技術なのかな?なーんて偉そうに。
出来は、不完全でも譜面が読めたりするだけで私にとってはあこがれのピアノ奏者なのですよ。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード