きらきらアフロ

毎週深夜録画に取っているにもかかわらず起きだして観てしまうのが「きらきらアフロ。」
オセロの漫才をあまり見たことがなかったので
松嶋尚美さんがどのくらい面白いのか知らなかったし、
バラエティで、しゃべっている時も別に”ボケ倒す人”くらいにしか思っていなかった。
ところがそれが鶴瓶さんとコンビを組むことで水を得た魚の様に活き々していて、
しゃべりが面白い。

鶴瓶さんはどんな松嶋さんのどんなボケだろうが大ボケだろうが必ず返してくれる。
それが作られた台本が有るかのように面白い。
台本なんか無いって言うのは観ていればわかる。
それは松嶋さんの日常の体験談での「なんだったっけ?」のセリフの多さでわかったりする。
鶴瓶さんから観客の頭上に一斉に「ええっ?」ってマークが浮かぶから。
もちろん視聴者の私の頭上にも。
「人の頭の中、わかるわけないでしょ」って心の中では。

話も脈略なく飛ぶ時が有るし。特に鶴瓶さん。
きっと鶴瓶さんは、こんだけ(変化球って言うか剛速球を)
拾ってあげたんだから、松嶋さんの喋りを遮ってでも喋る権利が有ると、
「話の腰を折ったって良いやろうが、おれにもしゃべらせんかい」と思ってる気がする。
松嶋さんに押されてる気がするけど(笑)
「お前は何でも許されるんやなァ」の鶴瓶さんのため息にも似た心境の言葉。
松嶋さんはあれで、どこかとってもしっかりしたところが有る。   …様な気が。
話だってかなり面白い。(ツッコミさえ居れば、要フォロー者 鶴瓶さん適任)
ほったらかしてはいけない人(笑)
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード