美術

私の周囲には、何だか絵を描くのが好きな人が多い。
私の姉も美術が得意だった。漫画家になりたくて良く投稿していた、読まされる私、、。
それでいつも両親と論争、母は姉にとって今でいう毒親的扱いだったように思う。
私は次女だったので姉の心境はわかりかねるが、
姉と母は言い争いが絶えずいつも父に援軍を頼んでいた。
私は私でそれが原因で姉と不仲になった、心の中では父とも。
脱線したのでもとい
気まぐれに主人も暗闇にアゲハチョウみたいな絵をかいて
「あなたの絵は、なんたらかんたらと言う有名な画家のなんたらの絵のようだ」
と大いに褒められて恐縮しまくったと言っていた。
普段描く絵は、ひどい。私も。

主人の父は、自分で書いた水墨画か何かを掛け軸にするはどの絵画好きだったらしい。
そして娘は、2人とも美術部に入ったりするほど絵を描くのが好きなようだった。
県立美術館の特設会場に展示されたことも有った。
中学生レベルだから上手さはご想像にお任せとして。
止めてしまいましたので、そのレベルでストップです。
あっ!長女は今は油絵を描いています。

という私も、地元で有名だった美術の先生にデッサンをけなされるまでは、好きな学科だった。
人物画のデッサンの苦手な私は、先生のうなづきを、いぶかしんでいたのに。
「何が、お前の絵が合格だ」と言った先生。
美術は先生まるごと嫌いになるやら、恥ずかしいやら。。
多感な時期の身に答えるセリフで、最近まで許せませんでした。
先生も若かったんだし、今は、許せる大人になったので。

会場で他人の絵をけなしまくる人はどうかと思うが
どんなに上手で、立派な絵を描こうとその人の人と為りも大事で。
一流と呼ばれる人は、人格も自然と伴うものなのでしょう。
深い思いや哲学の様な物を備えている人が多く。
困難に思えても、自分を高めようと努力する。
だから共感を呼んで、生み出す芸術の世界を共有できるのだと思う。
とても届かない才能にも素直に、敬服することが出来るのだと思う。
いや、今思えば些細過ぎることが気になるお年頃の思い出です。
考え直させるから頑張れる、ありがたいことです。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード