ついに眼科へ

きら2
目に不安を覚えついに眼科へ。
もともと眼科自体殆ど通った事がなかったので、遠視や乱視等の症状は良く解らないが、子供が、近視でいっそ「オルソケラトロジー治療」でも、って考えてみたから近視の症状ならわかる。
予備知識は、ほぼ無し。

まず機械の前に座って検査、その後、視力検査「これは?」「つ、か、た、し、い、…」とか片目づつ、ひらがなや記号「じゃこれは?」「した?」「いいえひらがなです」下の方になってくるともう不確か。
「した?」「みぎ?」「うえ?」みんな疑問形。尋ねてどうする。
反応が無いと「右上?」答えが増えて行く。クイズじゃないのに。

でも裸眼で左右ともに1,2。
市原悦子さんをもっとまん丸顔にしたようなにこやかな先生の診察後、説明を聞く。
なんせ声もなんとなし似ている。
「近くが見えにくいのは老眼です。 」ガーン
「老眼」もうちょっとましな名前にして
レンズを入れたらま~きれいに読める事。
以前はもっと濃く見えていた字が多少薄く見えていた。
何でもエコだってことでインクをケチっていたわけじゃなかったんだね。
絶句
メガネは掛けるまでもない軽い老眼らしいけれど本が読みたい私は処方箋もらって近くメガネをこしらえるつもり。
近くを見る時だけだからいちいち掛けないといけない。
メガネをかけたまま遠くを見るとぼんやり見えるし気分が悪い。
メガネは本を読む時だけみたい。
ちょっと勢い、そがれた気分。

メガネは知的さを装うアイテムです。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード