ブログ、普段何でおとなしいのか

ブログの良いところ。
良く考えたら自分の為にはなったのかな~ブログ。
自分の文章を時がたって第3者的立場で読み返すと、こっぱずかしいこと甚だしい。
過去の文章を読み返すことで、ちょっと変化した自分を確認出来たり。
第3者的に読み返すことで自分の欠点もよ~く見える。
避けたり書かないでいる所からもこだわってる部分が見えてきたりする。
頭の中まとめるのには最適。
口から一度発せられた言葉は消すことが出来ないけれどブログはさんざ書き直す、までは出来る。

そんなつもりじゃない誤解を受けそうな会話で何度失敗したことか。
文章でもたまには言葉足らずで失敗も有るけれど会話よりはずいぶん減った気がするし。
おとなしそうに思われたりしてたのは、言葉を口にする前に反芻しすぎてた頃のこと。
これを言ったら傷付けないかとか、誤解受けないかとか考え過ぎて無口になる心理。

昔、何でもべらべら、しゃべる人に「おとなしい事は良い事じゃない」って怒られた。
わたくし「あなたみたいに何でも口にして人を傷付けない為におとなしいんだよ、
考え無しにあなたみたいにしゃべってあげようか、傷つくよ」って心の中でよく思ったものでした。
今は、これを言う立場から聞く立場になった?

恐るべし憤懣の果ての大噴火。やっぱ小出しに出しとかないとね。

娘にネットの危険性を指摘されたりする世間とは正反対の親子関係。
「ほどほどにね」って言われてる。「はーい気をつけまーす」(笑)
ネットは使い方が大事、使い方によってはTVよりずっと客観的意見を探し出せる。
新聞なんてもう最早、読みやしない古い情報紙。
地域情報を仕入れるのみになってる。

今日の歩数10063歩

サテライト



娘が知人から頂いた写真集。ジョナス・ベンディクセンの「サテライツ」
佐伯啓思「自由と民主主義をもうやめる」の2冊をピックアップ
面白そうなものは何にでも好奇心。
良く解らないながらもいろんな方向から物事を考えてみる。

働くお母さん

今日はちょっと重い話題で。

専業主婦をしばし行ったり働く人になったり。
働く事も主婦も時には両方こなさねばならないのが女性。
今では多種多様なライフスタイルも有るけれど。
「家でじっとしてられない性分」と事務の仕事をしていた母。
当時呼ばれたカギっ子たち。
自分の子供時代の体験が、その時期、働くことよりも子育て最重要視の選択。
今は必然的に仕事を考えなければならない御時世だから余計に気にかかる。

適当に育てていると必ずその代償を求められる事態が心に「ぽっかり」を抱える子供
また、そんな単純な表現で済むようなものじゃない。

子供心に肝に銘じた。「自分が大人になったら…」
仕事と家庭、両立出来る体制を出来る限りで良いから整えてあげるべき。
子供の心を読み取ってあげて、メンテナンスしてあげて。
                     
                      参観日の思い出。
担任の男の先生が「お母さんのしてくれた嬉しい事」みたいなのが題で、意見を生徒から集めた。
その中の私の意見が「繕いものをしてくれた」
選ばれたことに少し(これお母さんのことだよって)喜んだのもつかの間。

先生は、その意見に対し「これは当たり前の事ですね」と言い放ち。
働く母にとっては当たり前の事ではなかったので、思わず泣きそうになったのを憶えてる。
仕事で疲れていても、母は母の人生を生きる、それはだれにも止められない。
だけど仕事の、疲れやらイライラなんかを知らぬ間にお家へお持ち帰りしてしまうのだ。
感謝していればこそ、それを気遣う子供。
それでも色んな事を見逃したり、やり残したりしてしまう。
それは子供にとっても母親にとっても のちの大事なことだったりします。

先を行く者の私にとって、今の子供達が置かれている立場がだぶって見えてしまいます。
糧にするのか腐るのかで人生が全く違ってしまいます。
自分は糧に出来た方なんじゃないかな。
随分時間がかかったけれど。

今日の歩数
今日は足がだるくて途中放棄の7336歩。
その代わり腹筋しました。

ちわわん

 ←いくら小さいつったって原寸大じゃありません。

以前の写真から一変。
考える犬、リク。
人のように物思いに耽っているかのような表情。
チワワを見てると不思議な感じです。
こんなに小さい。
犬はほんと大小様々な犬種でいっぱい。
果てはティーカッププードルとか。
松嶋尚美さんが「きらきらアフロ」で大真面目に口走ってました。
ティーカッププ-ドルはプードル+ティーカップのかけあわせで出来た犬(笑)
鶴瓶さんにツッコまれて慌てて言い直してましたが。
チワワはどうなんでしょう?ちくわ+ロングコート?色は確かにちくわっぽいけど。
                     (スムースコート)
最早生き物ですらなくなってる。    
お着物でも置き物でもない、生き物。

映画「ビバリーヒルズ・チワワ」←まさかこんなタイトルで決定じゃないよね。
日本で公開されたら観たいかも。
しゃべる動物のお話あんまり好きじゃないけども。声色があまりにも人だから。

今日の歩数10079歩

珍獣図鑑 イモト

イモトのすごさは今までのリアクション芸人さんも霞む程。
お母さんも強力キャラ。
でもイモトのこと心配して無いって衝撃発言 
頼みはお父さん(笑)

少しはだだこねて出し惜しめ。
「もうイモトは出ません」って真に迫る勢いで言ったら、かなりスタッフは焦るはず。
でもそんなキャラじゃないよね果敢に突き進んでるし。
「苦手も克服」これでも本が出せそう?(水、ヘビ、高いとこetc)
いくら得意なことだって特技の範疇超えてる要求。

悪知恵、差し金。
ギャラアップ(笑)
それだけの仕事と実績残してるよ。
でも「イッテQ!」から本も出るわけだし(絶対売れるし)


今日の歩数10040歩

最後の一葉


「あの最後の一枚が散る時、日本の政治が…」

なーんてよい枝ぶりだったので撮ってみたら偶然最後の一枚。
なんだかよく有るシチュエーションが浮かんで来て。

視覚も手伝う情報はもっと考えて。
世界は国民と政治家を切り離して見ててはくれない。
誰が笑われているかって事。

今日のNHK与謝野大臣(3役兼務)
為になり解りやすい話をされる政治家と言う感じがした。
言霊の話とかセーフティーネットの話とか。
話がわかると言う事は政治家として一番大事と思う。
政治は国民の物だから全ての人にわかりやすく。
言葉に責任を持たれる事が信条で有ればさらに心強い。

審議し尽くされていない言葉で周囲を巻き込み突っ走った結果今ある現状。
真っ二つに分つ対局論で終始する、くだらない討論会は聴きたく無い。

小沢さんの語尾「…ちゅうか」(て言うか)って言いたいのでしょうがとても気になる。
「ちゅうか」が中華に変換。
何かを暗示している?
何をおっしゃっているのか今一「ちゅうか」以外ピンと来ない。

現状が急速的に変わる事で行われる事、一気に流れる時ろくな事が無い。
立ち止まって冷静に情勢を見、多面的に見て行くべきと思う。
政党を選ぶのでなく人物を選ぶ政治の形を作ってほしい。
選挙の候補者選びの段階からから変えてほしい。

思い出の一眼レフ

カメラ

思い出のカメラ。ミノルタ SR-T101 (1966年製)
中学生の頃カメラ好きの父の影響で写真部に入った私は、だれも持って行きそうに無いでっかい
一眼レフカメラを持って行きカメラの力(でかさ)で他を圧倒、
写真部の副部長の座が実力無視で転がり込んできた。
メーカーはミノルタ。 さすがに重量感が有る。
(現コニカミノルタ、カメラ事業からは撤退)
ミノルタと言う名称のカメラはもう無いが大好きなメーカーだった。
デジタルが主流になってフイルム交換が必要なアナログは、なかなか使う機会も無くなったが
愛着が残るカメラ。

そう言えば、学校には現像室が有った。
酸っぱい(ひろしの靴下?byクレしん)香り漂う狭い一室で当てても良い薄暗い照明の中。
3種類くらいの溶液の中に漂う写真たち。
ピンセットで軽く振りながら、そうすると少しずつ現れ出るの人物や風景モノクロの世界。
微妙なさじ加減が必要 。
写真の出来をじっと見つめた頃を懐かしく思い出す。

今はニコンの一眼レフデジカメを何とか覚えてる最中です。
一眼レフで、もっともっとコンパクトなカメラが出来たら良いのに。
そうそうコンパクトと言えばジャパネットたかたで、
限定500個?オリンパス一眼レフのCMしていました。
だけど、機能充実デジタルカメラは、ある程度使いこなせるまでが一苦労です。

今日の歩数10013歩。

暗示雲

雲行き

一審?で、当然死刑!が最終的には当然無期懲役!なのだそうです。
この結果はあまりに差が有り過ぎる。
こんなに難しい裁判、参加する自信全くない。内容がいきなりから高度すぎた。
昨日の判決、今後の「裁判員制度を見越してのモデルケース」なのだそうです。
それも、酷い話です。
あの判決で不満を残させ裁判員制度を肯定的に?と勘ぐってしまう。
それ程酷い。
情に流されるな。
だったら電卓で量刑を計算?皆で電卓ピッピッピ。
導入に充たって論議が足りてない気がします。
どんな犯罪だろうと「死刑」とは言い辛い心理が働きそうです。

私を死刑に!
と懇願されてた星島被告、望みにそぐわない判決結果が出た時どう思ったのでしょうか。
この不当(被告にとっても)判決を反論も無く真摯に受け止めてる?

他の議員さんが言うのならまだしも
低額(定額)給付金すら配りたくはないですか?
小泉元総理は視聴率が取れます。
果てはTV局に大貢献。
何でも良いから担ぎ上げ、視聴率帝王を狙ってよいしょする。
「これは稼げる」と色めき立つテレビ局。
大沢孝征弁護士とは裁判員制度大賛成の件と言い
小泉さん崇拝の件と言い全く意見が合わなくて(笑える)
 
今日の歩数10005歩

お寒い話満載の政界



カゼ薬は用法容量を守って飲むのが常識。
カゼ薬を多めに飲むなんて事を急場しのぎに公人が簡単に発言するものじゃないと思う。
多めに飲む人がたまにいるし、それで良いんだと思う人が出てしまう。
国民の為にもおバカの見本になられては困る。
危険行為。その上お酒に抗ヒスタミン剤も飲んだなんて愚の骨頂。
「ごっくん」はしてないとかニヤニヤして子供じゃあるまいし。

記者が中川大臣に「お体大丈夫ですか?」って聞くわけない。
大臣の泥酔は良くある話らしいし、泥酔中川大臣にやたら話を振って
「俺?飲んでね~よ」とでもしゃべられたら話を振った記者、首もんのとばっちりでしょ?
何話しだすかとビクビクしてたと思う。

世間は本当笑ってる場合じゃない。

こちらはあのニュースお酒も飲んでないのに赤面ものでした。
不況震源地のアメリカに「エスプレッソ飲め」なんて揶揄されるし。
終いには日本の不況は政治のせいだとか言われるし。
あんまり変にふるまうとますます弱い立場に立たされてしまいます。
仕事の出来る人だったらしい。
国民に不利益にも程が有る。
今回は世界が目撃者だから逃げきれないでしょう。

今日の歩数10007歩

白ネコ宅急便

白黒仲良し
         
       ↑段ボール


白にゃん「アルバイトに申し込んだにゃんが白ねこやんかーって
      怒られるにゃんと思ったにゃんが今日から採用にゃん
    「えっとこの辺にお荷物が有るはずにゃんがどこにゃ?」


黒白仲良し
  
白にゃん「あっ!と、こんなおっきな荷物運べるわけないにゃん
       「黒にゃんにいさん呼ばにゃーむりにゃー」
     「 頑張ってのれん分けして白ネコ宅急便立ち上げるにゃん
      「にゃにゃにゃにゃ~ん」      (ジャジャジャジャーンと言いたいらしい)
待機中
白にゃん「さすが黒にゃん兄さんすでに待機中って事ですにゃ」
「しかもスタイル通り律儀にゃん見習うにゃん」



今日の歩数10131歩←ネコのじゃないよ

何でも有りの政界

怒っちゃうほど呆れて見てるのが政治の世界。

現在の自民党。

自民からの脱却を図ってるとしか思えない元総理。
とここで自民から出て新しい政党立ち上げたなら小泉さんを信頼するけど。
本当に自民党壊すんだ…みたいな。怒りの逆噴射でなければ。

それに民主党。

昨日の敵は今日の味方の意味違うんじゃないの?あまりにも無節操でしょう。
人気?の小泉さんにすごいアプローチの民主党。
政党の方針は臨機応変に変えて行くって事ですか。
民主は民主で次の選挙では自民党と違う政策を提示して
そうして自民党との違いを争点にして国民に選んでもらう立場に有るのにただ自民党に愛想を尽かした有権者がなだれ込んでくるのを指をくわえて見てるだけじゃないですか。
上げ足取りの政治にはもううんざりなんです。

それじゃ自民も民主も無いじゃないですか。単なる数VS数の戦い。
ナントカモナントカモ一緒。
アメリカのブッシュさんと仲良しだった方はもちろんサブプライムローン問題だっていち早く解っていたはずなんだから。
知らなかったったはずがない政治素人ですら知ってたって言ってるんだから。
郵政民営化なんかアメリカの国債を買わせる為のものだったのだし。
見直しの時期に来てるに決まってると
。←ある事情通による話。
TVじゃ話題があっちこっち飛んでは聞きたい事も不十分で消化不良起こしそうな何故か人気の田原総一郎さんが、はりきってるし。

大阪の橋下知事が結果を出しました。
あの政策を霞が関規模で起こすそれが一番なんじゃないでしょうか。
政治は結果だと思う。

逆チョコ?

チョコレート2009
近所に行くみたいに「ちょっとフランスまで」とか言って
旅行に行っちゃう人から娘が頂いて来たチョコレート。
いろんな味が有る、中身はチェスみたいにかたどってある。
おすそ分けのおすそ分け。
美味~い。
バレンタインデーなんかではいーっつも言ってた。
「男なんてチョコレート嫌いな人もいるのになんであげるんだろう、
女の方がチョコは好きだろうに」ってぶつぶつ。
当の主人が嫌いでは無いけれど、それほど好きじゃないもの。
昔あげてた頃は2~3個あげて残りはもらってた。
今度から逆チョコか。
日本だけが女性から男性へって形にこだわってて
外国じゃ、お互い(伝えたい側が)がプレゼントを贈り合うらしい。

いっつもこっそり自分用にも買ってたからね。
包んでもらう手間までかけて、最近は包装済みで助かってた。
今度から旦那に買って来てもらわねば
こりゃ脅迫だな。
いい歳こいてても、あのバラエティ豊かなチョコレートの数々、見逃すなんてできません。

今日の歩数1万と10歩
バレンタイン娘たちはガトーショコラ焼いたり何故か長女はキャラメル作ったりしてました。
今話題のキャラメルよりも美味いと親バカな感想。
ただ、どうしてもこのイベントに参加したいだけだったりして

ブログサービス

以前違う所でブログ書いてたことが有ってそこは絵文字とかが可愛いからブログの印象とかも明るくなって気に入って書いていた。
なのに、まー雑草(げろげろならぬえろえろ)の
生えること生えること摘んでも摘んでも次々生える。
その点FC2などは、へんてこサイトの餌食から守ってくれる機能が有るからほんと助かる。
勝手トラックバック先、まともなブログかと思ってじーっと読んでたら突然画面変わってエロ画面。
「見たくも無いのに見さされて何か感じろって迷惑じゃ」って
ダウンタウンの松ちゃんが、「ゆるせない話」で言ってたのを思い出した。
全くじゃ。
おかげでみ~んな削除した。
絵文字ごとじゃ、よそに引っ越しも出来ず。
あの費やした時間を返せ~

あの~

なんでちゅーか?
メクテチュ「あのーなんでちゅーか?」

ジャンガリアンハムスターのメクテチュちゃんは、
今まで飼ったハムの中では一番のきれい好き。
何故か体臭が「とんが○コーン」の香り。  ん~香ばしい。
トイレの場所は決まってるし、寝床でごはんを食べたりしない。
ちゃんと1階のダイニングルームに降りて来てからしか食べません。
ここは2階、ハムちゃんと同じくらいの高さ天井高が5センチくらい。
ここに布をかぶせておくと暗い所狭い所が大好きなハムスターは必ずここに寝床をこさえます。




ねむいんでちゅーけど

だからハムちゃんと遊びたい時はここの布を剥ぐと
寝ぼけて無防備なハムちゃんを簡単に捕まえられます。
当のハムちゃんは何度捕まってもここへ来て眠ります。
3歩、歩くと忘れるのです。
とってもきれいな綿ぽっぽな巣を作るメクテチュです。

メクテチュ「おはなしちゅーのようですがもうねまちゅーからねー」
と眠りたいようですので今日はこの辺で。

おやちゅみなちゃい。

今日の歩数1万と12歩
万歩計は腕時計タイプなので腕を振らなければ計測出来ない。
手荷物が有ると腕を振る事が出来ないので実際はもっと歩いていると思う。

誰が総理大臣?

もうお願いだから出て来ないで小泉元総理。
記者会見のセリフぜーんぶお返ししたいです。
自分こそさんざん言われてきた。
エラそうにふるまわないで、また被害者を増やす気かですか
今の麻生総理の方がまだましです。
釘を刺さなくて良いです出て来ないで下さい
マスコミは小泉さんをクローズアップしないで。
ここで出てきたのはオバマさんにでも触発されたんでしょう。
麻生総理も小泉さんに言われたらもう終わりでしょう。
小泉さんにあきれられるなんて…。

なんかの諺思い出す。
優しそうな顔して恐い人だ。
造反組とか言って切って捨てようとする冷酷な。
小泉さんの支持者小泉チルドレン?この団体は何をする気なんだろう。
何が出来るんだろう?小泉さんを妄信する宗教団体にしか見えない。
後ろから鉄砲?
後ろからスカートのすそふんづけられていた
誰かのセリフを自分の名ゼリフみたい吐いて。
皆で小泉教を信心してる。
麻生政権を全肯定して居た猪口議員。
小泉さんが反対意見唱えてますけど。

今日は2月の13日の金曜日。

悲しみ?よにこんにちは

娘に読んだら良いと勧めていたのがフランソワーズ・サガンの「悲しみよこんにちは」
このタイトルは上手いなぁ。
どういう事なんだろうって読みたくなって納得できるタイトル。
残酷で悲しいストーリー。
「悲しみ」として受け取る事の出来る正常な若者の感覚。よかったぁ。
私自身が最近読んだ。 いい年こいて。
若者の悩みと言う悩みをすべて網羅したかの様にストーリーは進行してゆく。
昔の若者なら共感の嵐なんじゃないかな?
今は?結果的悲劇を悲しみとして受け取れなかったりして。

子供達が放たれた環境の中でどんな感性で育っていかなくてはならないのかが
わたしには分からないから。
読ませて感想が聞いてみたいそんな作品。
遊びたいそして恋愛もしたい、色々と干渉してくる親が(義理の)うとましい。
加えて主人公に環境の変化も。
複雑な家庭環境と登場人物達の各々の個性。
それを、主人公が障害に感じた時どんな行動になって、どんな心理状態になるのか。

「実に興味深い」byガリレオ

そんな、心の葛藤を描いた作品。
(18歳)女性の処女作。

最後、作者の感情描写せめて救われる。
作者の心理が痛く伝わって来る。
娘には「時代は関係ないんじゃない?」とちょっとムッとして言われました。
それもそうです。ごめんなさいです。

フランス人は日本の芸術「浮世絵、紫式部、歌舞伎など」
日本人以上に?深く理解しようとする
また日本人もフランスの芸術やブランドが好き双方芸術性感覚的に似てる?

今日の歩数1万と30歩。

エクセレ~ント!イモト

今回の世界の果てまで行ってイッテQ!
さまぁーずの大竹さんが立場逆転「笑う犬」でウッチャンの小須田部長的役割を果たしていた。
供養からハリネズミそれでバリになったのかな?
バリなのに、ジャングル。

それにしてもイモトさん。
はっきり言って最初イモトさんには関心無しでした。
眉毛太々に黒くマーカーで塗って「何なんだこの人は」くらい(笑)
でも毎回見るにつけこの人は凄いよ、頑張ってるよ自分で道切り開いてきたよ。に変わった。
ホント頑張ってる、ギャラアップしてあげたら良いのに。

ジャマイカに行ってコーヒーの実が赤いのも、その実が甘い事にもびっくりしてて、
その中から出てくる種?がコーヒー豆?わけがわからん。
「エクセレ~ント!」なんて言葉はマリオがキノコ大好きボーイに(確か「これはバリバリキノコだね」とか言われる)キノコを渡してこんぺいとうをもらう時しか使わないと思ってた。
この必殺技?「こんぺいとう」(この技なんだかずるくさい)の為何度キノコ狩りに出かけたことか(笑)
(スーパーマリオRPGのお話)


コーヒーの味を見るのにマナー違反のスープ吸いくらい「ズッ」て音たてて吸ってた。
そうしないといけないらしい。

ハチドリに蜜を吸ってもらうため唇にハチドリの好きな赤い色を塗った時なんて
イモト変なおじさんみたいだったし。
見事成功したら不穏な感じのBGM流れていて可笑しかった。
そんな扮装じゃ仕方無いか。
ただ危ないお仕事だけは本当に気を付けてやってほしい。

わたくし、慣れた高さから(2メートル?)車庫の天井、トタン張り。
傘をば用いまして、小さい頃飛んだりして遊んでました(笑)
手を上にしたままの着地は結構怖いし危ないです。
となりのおじさんに見つかって怒られました。てへっ!
何の空気抵抗も感じないうえに、衝撃的な実験です、本当に危険です。

今日の目標1万歩と12歩で達成。
これからマイナス3キロ目指します。

数字は真実?

この前TVで、総理の支持率が20パーセント以下が3か月続いたら総理を辞任してもらうみたいなお話。

(注)
これでは今の麻生政権を擁護してるみたいになってしまってますが、
それとは切り離して客観的に読んで下さい。

高支持率がその人物(手腕、等)を正しく評価してるとは到底思えない。
今の政治家は後漢時代の十常侍ばかりみたい。
権力ばかりが重要視。

人気番組内の太田総理筆頭に高支持かも知れないけれどまくし立てタイプには
黙り込むしかないです。
黙り込んだからって単純に「やっとわかったんだね」
って気持ちになったわけじゃないから。
「こりゃ通じまい」ってあきらめたのかも知れないし
上手い言葉が見つからないだけだったり。
やたらしゃべれば、またまくし立てられるし。
黙り込んだ人たちを見て反対してないと勘違いしてしまったら支持派に数えられてしまう。

そんな波にいつも一緒にのまれてしまっている少数派。ざっぱーん

О太さんは、昔いじめられっ子だったとかなんとか悲しそう?に語ってながら
結構いじめっ子の要素ちらちら垣間見えます。

高支持率だった時、「国民が間違えることも有る」
って言ったのはあの小泉元総理だったんですから。
マジシャンが種明かしした瞬間かと思った(笑)
面白いだけで(影響力大きいだけに)TV見てるってわけじゃない。
何してくれてるんだろう?とか。
それが支持率上げてるんだとしたらかなり不本意なんですけど。
太田さんには賛成する部分も有るのですが。
視聴者サイドの私も人気に踊らされないよう「桑原桑原」です。
高支持率讃美は太田総理の自画自賛?

小さな番犬

警戒中2009


気が強い、ちわわんこ
雄です名前はリクちゃん。
この眉間のしわ恐い事。

周囲を見まわし警戒中です
かなり噛み癖が有りまして来た当時は良く噛まれたものです(
甘噛みでしたが
一番かわいがるのは主人ですが何故か私に一番弱いです
心当たりがないでも無い
だからいつも主人は不満気です。2人で呼ぶと必ず私のほうに飛んできます
よその人には吠えるし噛みつこうとしますし大変です
自分よりはるかに大きな犬でも果敢につっかかってゆき困りものです
相手の犬が本気出したらひとたまりもないでしょうに
なのに、このリクちゃんは、猫ちゃんがいても全く吠えたりしません
自分も猫だと思っているみたい

裁判は誰の為の物か(2)

壮絶としか言いようのないモニター使用の裁判が行われたようです。
遺族の了解を経てのモニター使用だったとか言われても、
だれが映し出される内容を想像できるのでしょうか?

亡くなった方、死者の尊厳の問題はどうなっているのかと。
尊厳を感じる事の出来ない犯罪者の犯罪だけに。
裁判は亡くなった方(被害者)が有って初めて成立したはず。
誰の為の裁判なのでしょう。
亡くなった方の生前の意思を裁判で再現できるくらいに心をつくす裁判にするべきと思う。
過激なモニター合戦をするようなことが無いように。

加害者はもう尋ねる事が出来ない被害者に答えをもらうくらい苦しむべきと思う。
遺族たちは、当事者(被害者)の意思を代弁するくらい苦しむのだから。
加害者は誰に向かって詫びているのかといつも思ってしまう。

折も折、今日TVさだまさしさんの「償い」が、実話に基づいた歌として流れていた。
この話の中に有る人くらい詫びなければいけないのだと思う。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード