最後の一葉


「あの最後の一枚が散る時、日本の政治が…」

なーんてよい枝ぶりだったので撮ってみたら偶然最後の一枚。
なんだかよく有るシチュエーションが浮かんで来て。

視覚も手伝う情報はもっと考えて。
世界は国民と政治家を切り離して見ててはくれない。
誰が笑われているかって事。

今日のNHK与謝野大臣(3役兼務)
為になり解りやすい話をされる政治家と言う感じがした。
言霊の話とかセーフティーネットの話とか。
話がわかると言う事は政治家として一番大事と思う。
政治は国民の物だから全ての人にわかりやすく。
言葉に責任を持たれる事が信条で有ればさらに心強い。

審議し尽くされていない言葉で周囲を巻き込み突っ走った結果今ある現状。
真っ二つに分つ対局論で終始する、くだらない討論会は聴きたく無い。

小沢さんの語尾「…ちゅうか」(て言うか)って言いたいのでしょうがとても気になる。
「ちゅうか」が中華に変換。
何かを暗示している?
何をおっしゃっているのか今一「ちゅうか」以外ピンと来ない。

現状が急速的に変わる事で行われる事、一気に流れる時ろくな事が無い。
立ち止まって冷静に情勢を見、多面的に見て行くべきと思う。
政党を選ぶのでなく人物を選ぶ政治の形を作ってほしい。
選挙の候補者選びの段階からから変えてほしい。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード