思い出の木

想い出の木

だだっ広い民家がちらほらの中にぽつねんと突っ立つ木。
実家に帰れば田舎は田舎なりに、風景を変えている。
この木は、子供の頃頭を超えるくらいの低木だったのに。
大きく成長していて驚いた。
しばらくどの木なのかわからなかった。
新しい道が出来ていたり、通いなれてた道が通れなくなっていたり。
思い出の風景は目をつぶればすぐに思い浮かぶのに。
なんでもないこの場所が目をつぶった、そこなのに。
遠く離れて見るとかなり存在感有る木になっていた。

今日の歩数8783歩
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード