感染症対策

木村もりよ医師(厚生労働省検疫官)の記事を読んだ。

日本の感染症対策は間違い(厚労省)で犯罪的でも有るのだと。
水際対策など出来るわけがない事。
(インフルエンザと断定の症状が出るまでに時間がかかるから)
確かに他国からみるとあの患者の追跡報道等
滑稽だと言われても仕方がない気がする。
日本が公衆衛生学の遅れが有る(途上国だそう)なんて思いもしなかった。

6割のタミフルを治療のみならず予防的にも服用する日本。
耐性新型インフルエンザの輸出国にすらなりかねないとの警告。
公衆衛生学的行為では、確かに迷信的行動が多かった気がした。
マスクだって他国では罹患者が付けるものと言う考えが主流。
日本が奇妙で神経過敏に思われても仕方無い。

罹ってしまう側とうつしてしまう側。どちらも初めは健康体だったはず。
うつったとたんに白眼視される事の意味がわからない。
自分も昔病院でインフルエンザをうつされたことが有った。
あの時は本当に寝込んだ人が多かったらしい。10キロも痩せた。
その後も半年くらい体調不良を引きずった。
「インフルエンザ」と聞くといつもそれを思い出す。
うつされようがうつしてしまおうがそれが故意とでも言いたいのだろうか?
不可抗力だと思う。
日本は中国の過剰反応(ネチネチ、ネチズン)を笑えない。
後もう少し患者が増えたらどうなる事やら。

正しい対策模索して軌道修正してほしいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード