黙秘

昔映画で「黙秘」と言う物を観た。
スティーヴン・キング原作のミステリー映画。
主演キャシー・ベイツ(ドロレス)の演技が、とても良い。
なんだか最後までなんか陰鬱なムードの流れてる映画だけれど何故だか何度も観たくなる。
最後までドロレスに加勢する感情が続いてしまう。

裁判員制度が始まった今、再度見て観たい映画だ。
観たいと思わせたのは「黙秘」というタイトルにもある、
かたくなな主人公の意思を表しているような字面でもある。

心情や環境を総合的に見ても不幸としか言いようのないドロレス。
視点が変わることで観てる側の心情も傾いてゆく。
そう考えて冷静に観ても主人公に同情してしまう自分がいるけれど。

この映画がドロレス、サイドから見た映画で無かったら…。間違いなく?
この中で罪を暴こうとする刑事は邪魔で脅威な脇役でしかないのですが。
ドロレスのした事も犯罪なのかどうかと混乱してくるようで。
かと言ってドロレスに同情的でない感情も人の心を失っていないかと。
人の心理を良くくみ取った映画と思う。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード