ショーシャンクの空に

以前見て記憶に残った映画作品の一つ
「ショーシャンクの空に」
かなり途中では血圧の上昇しそうな作品。
主人公の置かれた立場に腹が立つのなんのって
アメリカらしい作品だけれど、とても希望を感じさせるヒューマンドラマ。
裁判では、かなり視点を変えつつ犯罪を考えて見なければ
冤罪者は絶対に生まれてしまうって思いも強く持った。
なんと言っても本当にどこにでもいそうなアメリカ人の主人公にリアリティを感じさせるし
予想外の胸のすくようなストーリー展開が面白かった。
今までに2回見た。
長女も高校生の時に先生に勧められ学校でも観させられたと言っていた。
やっぱりね。
かなり上位に位置する感動の映画の一つです。
アメリカ映画っていつも最後は、自由の女神みたいに右手を高く掲げて
勝利のポーズで終わるってイメージが有る。

良い映画なのに難癖付けたみたいになった(笑)
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード