栗 百選錬磨?


持ち帰った栗

もしも栗虫ちゃんなんかが
一足先に味見中でも、一晩お水に漬けて置いた栗の中からおだぶつ状態で発見されたりします。
傷んだ栗は水に浮かびますのでポイポイ捨て~の。


40分くらい茹で
茹でた茹で湯ごと、冷めるまで置いておきます。
おつむ部分の「とんがった毛が一本」みたいな部分に裂け目が
そこから鬼皮部分は案外簡単に剥くことができます。
裂け目が無いものは切り込みを入れ。

      ↑
傷んだ栗も一目瞭然

栗は、干して茹でると甘みが増します。
この後渋皮煮を作りました。
渋抜きの重曹を入れた時は理科実験かと思った(笑)
出来あがりはまた今度アップします。
今はスーパーで剥き栗も出回ってるようです。
剥き栗では渋皮煮は出来ない

スポンサーサイト

マイ・シェリー・アモール

「マイシェリーアモール」この曲、誰が歌ってるの?
なんて、とんちきな質問するくらい。
こんなに有名な曲なのにタイトルも知らなかったりして。
たくさん聴いて
他の曲もどんどん符合させていこうと思って
もちろん調べがいがある珠玉の曲のみ
「マイシェリーアモール」のリフレイン部分で
あっさり判明した。

メロディも(和訳も)歌詞も凄く良い。
「マイ・シェリー・アモール」スティービー・ワンダー

国会中継

民主党政策を裁くことは出来ない。
まだこの政治は始まったばかりだから。

最終的には責任をとると簡単に言われているようですが
民主党のようにここまで派手にテコ入れされた場合
責任を取って「辞めます」だけでは済まされない事

もっと重みを持った言葉で具体的な話をしてほしい。
いつも、壮大な理想論を聞かされてる気がして仕方がない。
所信演説はもういいです。
今日の答弁などいじめられっ子がいじめっ子に変わる瞬間を見ている様な気がした。

「(自民党に)あなたに言われたくない」に苦笑。
時にむきになられたり。大人げないケンカ?と思うようなシーンも
かと思えば、あんがい「柳に風」で過去に同じ星人の弁舌口調に共通点を見た気がした。
不安な部分は西村康稔議員の質問と同じと思った。
国民の質問でも有るんだからあんまり怒らないで。
こちらが怒られてるみたいだから。

クレーンゲーム



次女はクレーンゲームが得意。
たまに友達と行ってはあんがい高確率で賞品ゲット。
友達にもおすそ分けなんだと。
これはごく一部。自称 百戦錬磨(かなりあやしい)
画像が粗いですがミッキーの腕時計も。
ただ、どーでも良い商品とかドデカイ物とか、「かなり謎なぬいぐるみ」双方で
あんまり嬉しくない
なんでよ?娘よ、あんたもかい
後生大事に持って帰って来たくせに。
「邪魔い」
同感かも。
じゃ行くな。って言うかせめて、ほしいものをお願いします。
「…。」
これもかなりデカサイズだけど「リラックマ」だから許す。

詩的な人々



勝手にアップなので少し(かなり)小さくなりました。
どうも知人の方ですと私ごときが取り上げて良いものか迷う。

娘の詩の先生の出版記念会に出て、その帰り先生を自宅までお送りして
車を溝に落っことすという騒ぎ。
すなわち「脱輪」とやらを
近隣の人々を巻き込んで
現場から娘(「アンブロシア」寄稿)の焦った内容の電話をもらってこちらもアタフタ
何やってくれてんのよ
幸いにも隣人の方たちが騒ぎを聞きつけ出て来られて
角棒で「てこの原理」割とあっさり脱出、親切な方ばかりで助かった。

先生はと言うと、きっと隣人の皆さんが角材的物体を御所望されたのでしょうが
細っこい棒っ切れ自参で現れて周りの笑いを誘ってたとのこと
ハプニングも記憶に残る思い出となったのでした。
先生はかわいらしさも兼ね備えられた上品な凛とされたお花の様な方です。

後日近隣の方達にお礼に行った先でまた脱輪だなんて事
「それだけはやめて」です。

傘は、なかなか進化しなかった

じーっと見てたらなんか可笑しくなってくるのが傘。
降って来る雨をしのぐ傘。
その図がとっても可笑しく見える事が有る。
変なの雨を防ぎながらそれを、持って歩くことがなんかまぬけな感じで笑えてくる。
殆ど昔から進化してない傘。
傘の材質やら強度、デザインなんかは変わったろうけれど。
デザイン面でも黒だったら新しい感じは無いし。
傘を知らない人はいないけど、知らない人がいると仮定して
言葉のみで、傘を説明したらどうなるか。

結局馴染んでくるからお洒落に見えるけれど。

棒っ切れの先端に大きなお皿をひっくり返したような物がくっついたもの。
超最短、説明文。異星人専用辞書にどうぞ(笑)読者は鳩山総理?
「でも軽い材質で出来てるから大丈夫なのです、みたいな」でどうでしょう

そう考えると、とても原始的な「傘」なんだけど
この形態を変えるのは、かえって形体的に面白いことになる気がする。

今まで試みた人が…傘ごと(身体を)持ってかれるのが超危険というのがネック?
咄嗟の時自分の意志で傘を(傘が引っ掛かった時とか)放すことが出来る事は大事。

最近進化したのが「強風で傘がお猪口型(傘おちょこ)にならない強風に強い傘」くらいだから。
「耐風傘」って商品名聞いたら「台風傘?」って思ってしまいそう。

味覚の秋

金木犀
次女写り込む
道端の大きな金木犀


木
久しぶりに実家に帰った。
立ち寄り先の変な木(笑)
栗をいっぱい持ち帰った。富有柿にはまだ早かった。もう一回帰ろうかな^^
栗は渋皮煮にしました。美味い~
アケビにビワの木も有る。
グミの木はまだあるのかな?
ポポの木がもう無いのが残念

空気がきれい市内とは全く違う。

お風呂はぬるめの燗が良い

自宅のお風呂だったら防水ワンセグを持ち込んだり文庫本を持ち込むほど。
日本人の入浴時間、平均20分、それくらいは軽く入っていられる。
温泉は温泉成分のせいか40度くらいでも10分くらいで上がりたくなるくらい温まる。
だからかなりぬるめの温泉が良い。38度くらい?

それに昔は見知らぬ他人と温泉、抵抗なかったのですが
この頃では、見知らぬ人と一緒に温泉なんて抵抗感じる。
そりゃ歳を重ねるほどにそうなって来るでしょ。
歳を重ねるほどに、しゅうちしんが無くなるか、どっちが先に来るのかな(笑)
この二つの点は温泉経営者少し考えてくれても良いのに。
一つは家族風呂で解消できるけど。

フィンランドなんかは温泉経営者側が用意した体型かくしの?布(笑)
身に付けないと、いけないのだそう、お国変わればです。

それから、実はそうだったんじゃないかと言われてる。
夏目漱石の「温泉逆効果説」身内の方の話によると湯治の後の漱石は
(顔が赤くなって具合が悪くなる、普段と様子が変わる)っていたようだったと。

解る気がする。
確かに胃弱の人の熱めの(がまん)風呂は胃粘膜に負担がかかるから良くないと。
胃腸科の先生がTVで話してた。
だからやっぱり、ぬるめだったらよかったのではないかな。

ニュースの内容

退廃ムード漂わせ、破滅するまで非常識の限りをつくす
カリギュラ?

古き伝統も進歩の言葉の元に、もう古いと呟き、壊しながら。
どこに向かってばく進してるのか。
人間は機械とか電化製品みたいに進化なんてしてないのに。
身辺周囲ばかりがオートメーカー化して人間も機械の一部になった気でいるようで
車の前でも悠然と危機意識をなくした人みたいに歩く。
もう、どんな人物が出て来てもどんな事件が起きても反応がだんだんと鈍く。
方々から集まって来ては、はたまた、どこに漕ぎだしていくのか。

周りを見て「変」だとか他国との違いとか常識とか
「知ったことか」の反応をする事が勇気とか美学とかと曲解してる
意固地な偏屈人間。
皆どこかが変だけれど迷惑だけは最小限に
かけない努力は必要です。

経済が閉塞感。
世知辛い。
木枯らし
温暖化の中でも「寒い」

夏場のハムスターの寝方



夏場の めくてちゅちゃんを紹介し忘れてたので。
これが暑さで、「でろーん」と伸び切って表面積を増やしつつ
体を冷やすように寝てる、めくてちゅちゃん。
決して決して、「没」ちーん状態の写真では有りません。
伸びてる後ろ足が何とも かわゆし

たまに布にくるんだ保冷剤とか敷き込んだりしますが、あまりお好みじゃないみたいです。
もう寒いくらいですから、今は、わたわたにくるまってまん丸状態で寝てます
季節外れですが、こんな夏が今では懐かしい。

かわいい

2歳6か月2009ハム

メクテチュももう2歳半、相変わらず食欲大盛だし元気だし。
ただおなかの毛がところどころ抜けちゃって、やっぱ御歳なのですね。

最近、ピーターラビットでおなじみの品種「ネザーランドドワーフ」の
灰色うさぎさんを飼い始めました。
昔飼ってたチロを思い出しました。
大人しい「白色日本うさぎ」だった。目が赤い。
今回のうさぎさん写真はいずれアップするとして

大人しめのおっとり系と思いきや来たばかりで うさぎさんのくせに猫かぶってまして
かなりなお転婆、いたずらうさぎさんのようです。なつっこい奴です。
名前は「もこ」もしくは「もころちゃん」もしくは「ぴょんちゃん」
よそよそしさを感じると「ウサギさん」と呼んでしまっていまして
お名前定着には時間がかかりそうです。

でもハムとうさぎではずい分ちがう
ハムスターは餌の催促が激しいけど、うさぎさんはかなり受身です^^
餌を両手で持つ事が出来るハムスターに対して餌は うさぎさんのくせに犬食いするし
あんなちっちゃいのに表情が多彩なのはハムスターかも。
でもうさぎさんも本当に可愛いらしいのです。

台風一過

昔は、台風と言えば沖縄や九州が専門。
後の地域は専門外みたいなノリが有ったが、今は台風の行先は予想が立たず。
沖縄県などは屋根瓦やら家の作りから何もない時期から台風に備えた造り。

台風慣れしてると言えばしてるのかな、「台風接近情報」自然にこの時期になると、気にする。
風が凪いでいる時期から早めの台風対策をしたら後は、じっとしてる。

案外首都圏以外のニュースとしては台風一過後、被害状況が伝えられたりしてた。
最近ではTV局、一局位は早めにニュースにしてくれるようになった。
台風状況を伝えるのに暴風雨の中に立つレポーターが絶対に見られるけど。
暴風雨状態の時あまり外に出てはいけません。


平成3年あたりの台風では電信柱が広範囲にわたってなぎ倒されたり
大木がぼっきり折れていたり。
そこらあたり雨で車が浮いてたら「ここって川だったよね」なんて娘の言葉に
思わず「うん」とうなずいて、後から間違いに気付いたと言うくらいの大水。

屋根瓦が飛んで。
屋根瓦屋さんが大繁盛したと言うか、瓦不足。「風が吹くと桶屋が儲かる」じゃなくて。
電線が切れて停電。信号が機能せず低速走行、譲り合い走行。
こちらでは車の運転が荒っぽい中にも案外法則が有りスムーズ。
大木による進路妨害、切れた電線による進路妨害、ひやひや苦笑しつつの走行、などなど。
どこか落ち着いて状況把握してるかも。
でもこれからは、台風も超が付くくらい大型になるらしいので
ますます気を付けて行かねばなりません。

弱肉強食

夏目漱石の坊ちゃんがマスコミに追い詰められて教職を去る場面
「生卵攻撃」を思い出した。
精一杯の反撃。
今もちっとも変わらず。
論調でひとまとめにして大波で押し寄せて犠牲者を出しつづけてる。
今は反撃なんてしようもない。
大波は本当に恐い。
論調は本当に恐い。何でそこまで叩くのか 何の権利が有って

ぎろんじゃなくていじめ

そもそも全くスクープにさえなって無い
どこもかしこも同じ論調
その結論で正しいの?マスコミさん
裏から、たどれば一目瞭然
謝罪なし、道端の雑草扱い。

豚骨ラーメン

インスタント以外の有名店の中ではがぜん「とんこつ派」なわたしだけど
独特なとんこつの匂いがダメという
醤油系、塩味系が好きな方の意見も有るように
私にも食欲をそそるとんこつの香りとちょっと苦手なとんこつ臭も有る。
食欲と結びつかない香り(笑)
微妙さ加減が人にはわからないと言われるかも

老舗ラーメンの味再現は老舗銘柄の生めんスープで作れるけれど
こだわりの具材がそろわないからやっぱりラーメン屋さんの
暖簾をくぐって食べたくなる
主人とは違って今流行りの新しい作りのお店より古い作りでカウンター付きのラーメン屋さんが好み。
外せない具ってもんが有って、まずチャーシューこれだけは外せない。
とろけないタイプの脂身の鶏、豚、牛はかなり苦手。
だから、煮込みが効いていてとろけてしまうもの。
それと きくらげ、のり、紅しょうが(こむらさきは?)、小ネギ、コショウ少々
メンマとゆで卵は気分で、メンマはとんこつラーメンにはちがうと思ってる。
老舗「こむらさき」はストレートの細麺。
こだわりがすべてそろってて良い。チャーシューにちょっとの不満はあるけど
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード