栗はイガイガを羽織ってる




面倒くさい栗。食べるまでが大変なんだから。
栗拾いなんて栗だらけの山を見たらうんざりですよ。
田舎でも栗の木が無いお家は、大変栗をば重宝がられるから敵わない。
そんな人等がいぶかしいったらありゃしない(笑)

そんなこんなで小さい頃あんまり栗は好きじゃなかった。
栗(九里)より美味い十三里(さつまいも)で負けてるじゃないか。
なのに、イガイガ、お次は鬼皮に渋皮と、もったいぶって何枚重ね着してるわけ?
そんなに食べられたくないの?って感想くらいしかなかった栗。
めんどくさいから真っ二つに包丁で割ってスプーンでホジホジして食べる、
だから余計に美味しく感じないのだ、栗はゴロッとしたのを食べないと。

そんな私が何を思ったか、渋皮煮なんかに挑戦
栗に対して「もう渋皮は脱がさなくって良いからね」と挑戦的。

始めて作った割にはよくできたと自画自賛。
煮崩れ部分は上手く隠せた?
家族受けも良しで、まずまず。
ブランデーが効いていてうまいぞな。

好みは歳とともに渋く。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード