捨て猫する現場目撃


今はそれほどでも無いけれど、以前ノラ猫さんがたくさんいたころ

家の近所周辺は猫好きさんが多くここらで唯一の猫嫌いはお義母さんくらい。
ノラ猫さんは多い。
私は猫好きだけれど別に餌をあげたりはしてない。
その担当は別にいらっしゃるから。
餌やりは良い事じゃないけど目くじら立てても仕方がない。
あまりにやせ細ってたらどうだろ?きっと手を差し伸べたくなるだろう。

そうする(餌あげ)人を責める前に、ずっとずっとたちが悪いのは子猫を捨ててく人。
駐車場に車が止まったと思ったらすぐに発車する変な車。
たまたま何気にボケーっと見てたけどそこに残されてたのは3匹の子猫。
運転してたのは30~40代の女の人だった。
ドア開けてさっと捨てた数秒の出来事。

自宅の)こちら側は駐車する人からは裏側って感が有るから
私の眼が有る事に気が付いてなかったりする。
いろんな場面でこっそり変なことをしてる人の現場を観てしまう事はたまにある。
あまりに非常識な事でも(マナー違反が多いかな)
いつもワンテンポ遅れて「こら~」、、もう居ない

飼うとなれば「人慣れしてるペット」が最大条件
スポンサーサイト

容量が大きいけれど 短命?

ブルーレイやハードディスクには耐久時間が有る。
それはわかってるけど
相当時間再生ばかりしてるとやはり部品の劣化も早まるみたいで。
有る程度で故障するみたい。p社製(p〜♪音で消す)
修理の人が言うにはディスクの品質、劣化具合もハード本体に悪影響だとか。
いくら録画容量が増えたところで再生時間が追いついてない気もするけど。

早ければ1年で寿命?ハムスターの寿命より短いなんて。

一台前のハードディスク録画は保存して有るのだから後々ゆっくり見れば良いと思ってたら
修理のたび初期化された。
観ることのない幻の録画番組がどれだけあったか


こまめにスイッチを切るとかしないと(通電時の熱に弱いそう)
家電は熱に弱いからファンが付いてるだから回転音がうるさい
熱発装置みたいな炊飯器なんてどうなってるんだろ?
決めているテレビ番組以外をほぼ観ない
なので、代わりにDVDや取り貯め録画番組専門だった。
それもこれからは抑え気味に観なければいけないのか。

何にしても垂れ流しに観たりせずもう少し大事に観た方が作品の記憶も消えないかもしれない。

くせ毛のシャンプー選び

くせ毛対策にな~んにも知恵が無かった子供の頃はクルクルヘアに随分悩まされたけど
ヘアケア対策も年を重ねるたびにいくらかの知恵が身に付き
今では、ゆる~いウエーブでまんざらでも無い。
ストレートパーマは一時的なのですが、掛けた直後は多少は矯正された。

でも、強く思うのはシャンプー。
くせ毛が悩みだった時はシャンプーを買いあさり。
何故ならシャンプー一つで癖の出方が全然違う。
安いシャンプーを色々買い。試し。
今に至る。
「これっ!」て言うシャンプーもメーカーの気まぐれで無くなったりで
また探すはめになったり。

でもこれが一番てっとり早いくせ毛軽減法。
くせが取れますと謳ってるシャンプーが案外癖が取れなかったり。
人の合う合わないは持って生まれた体質や水質もその地にもかなり関係あるみたいだから、
良く効く薬でも親子で違ってたり、シャンプーも。
今は、「ラックス」で落ち着いてる

油分の取れ具合で微妙に変な癖が出るのでその日の気候も考えてトリートメントで調整してます。
後は寝るとき髪を手で下ろしつつ決して枕で跳ねさせないよう。
「枕寝押し」は癖が取れるし癖がつく。

菅さんに言いた~い
菅さんのおっしゃる通り国民が倫理観を無くしたならば、鳩山内閣はふさわしいです。

鳥越俊太郎さんが言った「支持率低下はマスコミ報道のせい」これには本当に唖然とした。
もう呆れて呆れて。今まで散々…

絶句。

漱石の家と  ジェーンズ邸


(漱石の家はガラス窓から垣間見る見学)
それほど古い建物の感じはしない。
熊本居住期の漱石の家、第3の家と有る。
引っ越し魔の漱石
ここから見える郊外の景色(移設前の地)を漱石は気に入っていたと後に鏡子夫人が語っている。
ここ、水前寺は観光の地としても風景では負けていない。
古民家が見直されてる今、どこか茶室を思わせるような表門
されど「硝子戸の中」は(作品名にも有る 洋的家具。
すでに和洋折衷

水前寺公園、出水神社徒歩わずか 



裏手 東側
(雪の日撮影)





ジェーンズ

ジェーンズ邸はコロニア風建物(以前明治、熊本(古)城敷地内にあった)で有り
熊本の洋学校で有り、民は牛肉の重要性、栄養学を学び
徳冨蘇峰、学び舎で有り 
日本初の男女共学も実施。(しかしながら男尊女卑的待遇らしく、今だに、笑)

螺旋階段は当然ながら内側ほどに狭い。
以前良く見ていた足場の少ない急な階段をあがる夢を思い出した。

教室に張ってある様な説明掲示物
当時ジェーンズの授業を受けた
(先生は洋装和装(当時写真)生徒のエピソードなど読むと面白い。

学校の役目を終えた後のジェーンズ邸は日本赤十字発祥(博愛社)の前身となり
まさに色々な面でこの建物の中から主要時事が起こった。
保守的と進歩的(新し物好き)が同居し培われてきた県民性が垣間見える。

看板が、台無、、いえ…なんでもないです
ジェーンズ邸 漱石の家どちらも、ここ水前寺に移設。
移設なのが少し残念
この二つの(邸)も家も、直接には関係は無い。
強いて言えば共通点はどちらも和洋折衷?
この日の見学者は学校行事の?学生さんとカメラを携えた歩きの女性の方
若さ(活気)あふれんばかりの見学となってました。
私らは寒さに打ち震えつつ車に乗り込み(笑)

その他の漱石ゆかりの地もまた訪ねたい 暖かい日に。


雪景色



雪国

雪化粧のおかげで建物やら木々がコントラストで綺麗だこと。
深夜、雪が降り積もってるらしい雰囲気は
室内の空気感やしんしんするような音、ん?(聞こえない音なんだけど)なんとなく


雪
南国の雪掻き道具
なんかないか~?で車のトランクから出てきたラケット

お土産

2010お土産

北海道、お土産の一部

右は) 箱を開けた時、打ち上げ花火かと思った(笑)

五勝手屋羊羹 パッケージが明るくきれいで華やか

北海道とようかんが最初結びつかなかった

ふたを取って押し出して糸切りして食べる

携帯にも便利

糸が足りない?と思ったけど糸は当然長めに内蔵、きれいに切れました

くれぐれも点火しないように(笑)

じゃがポックルは評判通り

どちらも美味しい

最近食ネタが多い

結局は外出希望

もこ1
 
あっち向いて

もこ2

こっち向いて
御飯入れも引きよせて  ものぐさもこちゃん
もこちゃんの尻の辺りにうっすら見えるのが「かじり木」
ねじで留めても、すぐ外れてしまう。
普段、もこは、かじり木を齧ったり転がしたりして遊んでます。
もこ3

ケージかじって

詣で

2010神社
始めてここを訪れた昔、鳥居が見えたのでそこで電車を降りた。
だけど歩けども歩けども神社が無い(笑)
バイパスも横切っておぼろげに見えたこの風景(新しくなる前)を見つけてほっとしたのを覚えてる


2010
いくつになっても心躍る出店
はしまき、
焼きトウモロコシ
イカ焼き、
りんご飴 いちご飴
今回バナナチョコ(チョコババナ?)なんかが気になりました。
お詣りに力入れんかい(笑)

みかん




頂き物の
熊本県河内(かわち)みかん
小振りですが味が濃いし色も濃い。


写真では色合いが上手く出ませんでした、たまにヘタの部分からも剥いたり。
白い筋がきれいに取れる。
でも白い筋は食べた方が身体に良いらしいです。

熊本に、おいしい柑橘系は数あれど個人的に好きなのが
パール柑 デコポン 最高に美味しいものを探すのは難しいですが

巨大なみかんの晩白柚(ばんぺいゆ)
柚(柚の仲間)なんですか?知りませんでした。
柚とは中国語でまるい柑橘系を指すらしいので柑橘類はみんな柚の仲間になるのかな?

どれも良い香りです。

お気にいりの毛布



もこちゃん

頭隠して尻隠さず。

すっかりマット使いの名人(名兎)くるくるっと巻いてると、すでに潜り込み済み。
 
うさぎロール

口にくわえてマットを畳んだりなかなか器用なもこちゃんです。

このマット(毛布)だけは齧ったりせず、ほぼ無傷。

でも暑い時はポイっとな~

「スヌーピー」に出てくるライナス並みにお気に入りな毛布。

手放せません だそうです。

怒涛の大みそか

明けましておめでとうございます

模様替え等のせいも有り早めに大掃除に取り掛かってましたが
やっとのことで終わらせることができました。

人員も削減(お仕事で休みがばらばら)猫の手も借りたかった。

(在る)神社巫女で大みそか我が家の大掃除に2年連続欠場

今年は寅年

寅の手だったら、もうちょっと多めに幸運を引き寄せられるかも (よくばり)

家には寅年生まれが約2名ほどおりまして。

豪快な所が? っぽい。

今年のにっぽん「豪快な程に景気良く」と行ってほしいものです。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード