気をつけて

まさか
3月21日大荒れの大雨と強風
この辺交差点5メートルくらい後ろで雨で前が見えなくなったのか
バイクの男性が進む気が全くない様子で停止中。
雨の日のバイク走行は確かに前が見えなくなる危ないよねと
思いながら車の中から機種変したばかりの携帯は上手く撮れるだろうかと試し撮りの写真を撮ってた。


昔乗ってたけど、スクーターの運転大変だったな~とか思いつつ。
事故こそ起こさなかったけど、何度か死にかけた
雪道で滑った!後ろはバスとか、
ムリな交差点進入車両に轢かれそうに!とか
球磨川にバイクと一緒に転落しかけたとか(笑)
狭い路なのに車はビュンビュンだったのであらぬ所くま川沿いを進んでたら
あぜ道っぽい道がだんだん狭くなるのでバイクを押しながら進んでいてバランスを崩して
グラリ!
もう懲りごり。


この後、この路側帯側、10メートルくらい先、眼に飛び込んできたのがバイク事故。
男性は頭を打った様子で、すぐに駆け付けた男の人に助けられてましたが。
何台かの車が脇にそれては援護に備えようとしてるようでした。


この時はすでに撮影は続けてはいなかった。
偶然にしても撮りたくないですが、天候にかかわらず十二分に運転には気をつけたいもの。
スポンサーサイト

番組改編

大きな

椿の画像を調べて「乙女椿」と思うんだけど
椿にもあまりにいろんな種類が有って。

そろそろ番組改編、新番組が始まる時期ですが
今日のフジTV郵政改革の説明

民営化をひっくり返すのは何か亀井さん小泉さんへの恨み節っぽい。
だけど過疎地の方の民営化のデメリットも大きい。
小泉さんの政策は「元気で」「強くて」で「中心部」で無ければ弾くゾ!
と言う強い者、主流者の天下を築く政策だった。
ヘアスタイル通りの「ライオンは勝つのだ」政策?
だからと言って緻密に練られた政策でも無かった物をまた(郵政民営化)
緻密に練られて無い政策でひっくり返すのは混乱に拍車をかけるだけと思うけど。

特定健康診査受診券

あおり

4月は案外検査忘れていたりで駆け込みも多いらしく。

去年どうだったか忘れてて改めて検査結果は2週間後だったとか色々思い出したが
結果が去年より悪そうなのも数値を思い出して(冷や汗)
体重1K増ウエストも少々?増ヤバいです。

引き続き頑張る。こんな事でも無いと痩せようなんてしないから
このシステム嫌いじゃない。
罰則はないらしいけど受けてないと将来不具合も。パンフに書いてあった。
税金やら国の負担今後の事を考えたら健康に留意するのも納得だし。



はるかな目標を目指して。
こんな写真を見る様な気分。

寒冷化?

風景

木々の場所は空気が澄み渡って気持ちが良い。

最近、寒くてしょうがない。
同じ異常気象でも寒冷化現象じゃないかと思うくらい。
去年からずっと
夏もそれほど暑くは無かったし。
ダウンジャケットをまたまた引っ張り出し
暑くなれば突然、真夏?とか寒暖の差がすごい。
太陽光が届かない程の大気汚染?
黄砂で光化学スモッグ警報が出た。自然環境に警鐘。
それで歩きや自転車が増えて喉がおかしくなって。
今日は久々に晴れ空も青空

今日のテレビ
ミヤネ屋で丸岡さんに誕生日にめんどくさい麺打ちセット。
こんなプレゼント正直いやだと思うけど。「早く食べさせろ」の一点張り。
無理やりうどん打ちさせて、まずいとかひどい形だとか言いたい放題。
政治問題も扱うくせに偏った政党支持者。あおり人
何で人気が有るのかさ~っぱりわからない。

通りがかりの犬に

?番犬

「リクこっち向いて」


ばんけん?
        
             殴られた?
ボクサー犬とか
土佐闘犬とか?
体の小さなチビ犬リクでも大型犬に「ガルルルル」が売りだけど。

きっと近所の猫の猫パンチが関の山。自分を猫だと思ってるのか猫ちゃんにはやさしいのだ。


「そうじゃなくて変な写りで面白顔」           娘撮影

朝の連ドラ そろそろ最終回

しだれ桜

「ウェルかめ」もそろそろ最終回で珍しく欠かすことなく観た。
やまだかつのしんが突然優等生なだんなさんに変身したのにはちょっと…と思ったけど。
成長の過程なんだからそれでいいんでしょう。
まだ終わってないけど。


今春からの連ドラタイトルは「ゲゲゲの女房」
水木しげるさんも奥様もご健在で、こんなに有名な凄い漫画家さんと同じ時代を生きてるって感動モノ。
そろそろウェルカメが終わってしまう

次は観ないだろうと思ってたけど水木しげるご夫妻は尊敬のカップル。
まだしばらくは連ドラの日々は続きそう。


今日の政治
最近の民主党は漫才が繰り広げられてて。
張本人の小沢さんが生方さんの辞任を引きとめ「まぁまぁみんな仲良く」だなんて言っちゃって。
漫才だったら本当に笑える。どっちが辞めろって思われてるかって話しで。
バカバカしいと言うかなんちゅうか。

おだんごうさぎ もこ

ねむ
首周りのふわふわ毛でまん丸い感じのもこ

おだんご もこ

和菓子のうさぎとおんなじ ふぉるむ

お耳は、せみろんぐ風

炊飯失敗 保温炊飯おせんべ

災い転じて?

温度感や何とも言えないパリパリ感が伝わらないのが残念なのですが
これが保温で炊いた失敗ご飯のおせんべ焼きです。
手前半分がお塩(味塩)と最後にジュワ~っと鍋肌からおしょうゆ少々のおせんべ風。
さすがに海苔が良く合います。
焼く

奥半分がバジルと(カンナくず状(名詞)がわからない)のチーズを振ったもの。
保温で炊いたご飯はどうしようもない代物でしたが
生煮えの半生米も再度焼くことで完全に火が通りおいしく食べられます。
ところどころ米粒の形が崩れた物体Xも形成後包丁スライス。
(冷蔵庫で一晩ねかせると上手く切れます)
程良く空気をふくんで、よりパリパリです。

焼くだけ


おせんべが無くなると良くこだわりのおせんべをお店に買いに走る子供達ですが
保温炊飯せんべが無性に食べたいと難儀な注文をしてきます。
まだ炊飯失敗はしてないので…
する予定もなく「幻の」となりますか(笑)

田舎の役員決めはいじめも多々ある

見た目が運動やってそうで健康そうとか、
ちょい年よりも若い目に見られるのでいつも損してる。
和田アキ子さん的体格や顔つきに憧れる。
かなりのストレスを感じていて、
精神的にも参っていても悲壮感も表に出てこない。
それは、次女が小学校高学年の頃だった。

役員決め。

本人私にとってはかなり辛い「自律神経失調症」説明しても
「何それ?」で終わるから言えずじまい。
挙句辞退者は手紙を書いてこいと。
「全員の前で読み始めた」病気を全員に発表する事になる。
プライバシーもなにも有ったもんじゃない。
こんなもの、なり手なんていないからいつもくじ引きになってしまう。
責任感から、やっとのことで出席はしたもののくじ引きで引いたくじは
当たりくじで。

役員を引き当ててしまった。

最近椎間板ヘルニアで退院したばかり、身心共に絶不調、
娘の付き添い付きで何とか出席。
以前から体調を崩していたので引き受けられないと言おうも
「腰が悪いなら寝そべった状態でパソコンできませんか」と言われた
「PC出来ないなら手書きでもいいですよ」とか(笑)
手書き…そんなプリント今まで見たこと無いんですけど。

結局、理由になってないと辞退を却下された、決まったのは3名

一人は(Aさん)仕事が良く解る人が引き受けたので
「くれぐれも協力お願いします」と泣きそうな目で懇願した。

「いいですよ」と取り合ってくれたから、しぶしぶながらも
希望はあるかもしれないと引き受けたのに。

初対面の私を含めた他2名のメンバーの内の一人は、
携帯の電波が切々で連絡がなかなか取れない相手(Bさん)
なんと、私が取りすがった頼りのAさんは
なり手がないと言う事で急きょ去年同様子供会の会長に就任。


急に、穴を開けた。      


このあと呼びつけ、何か話したいことがあるからうちに来いと

こちらとしては今後の活動のことかと思い、これから先頼りになる人
失礼があっちゃならんとヘコヘコと今に思えば馬鹿面こいて
訪問すればなんの事は無い。
こんな大役が舞い込んで来たからわたくし様の抜けた事による欠員は自分で埋めてくれと…。
呼び出ししてんじゃなくてあんたがこんかい!
心で叫ぶ。
ふらふらしながら家まで行ったのに。

ただでさえ役員なんてなりたい人はなかなか見つかるもんじゃないし。
何よりメンバーが知らない人だらけ。体調崩してて人付き合いが出来てない。
「それは無いんじゃないの」と言う趣旨の話をしたらば
キレぎみに「じゃぁ、あなたが子供会の会長する?」ですって。
それとこれとは話が、違うんじゃないの?


呆れかえったなんてもんじゃない、
話しても無駄で何せ引き受けたのは「子供会の会長」と言う大役。
あなたのとは、わけが違うといわんばかり。
こっちだって捌く人数は会長と同じ百単位なんですから。
考え方が根本的に違うみたい、っていうかなめられてる。
完全に。

「くじ引きのやり直しなんてあなたの為だけに出来る訳がない」
と追い討ち。下っ端の下々になんの権利があるものかの態。

今回のくじを引き当てた責任はどこへ行った?
会長の役が降って来たのと一緒にするな

だ!

もう凹みまくり。
四面楚歌状態で。
連絡の取れにくい人(B)と私の計二人で見切り発車。
引き継ぎの責任も適当。
「犬がいるからあなたの家には行きたくない」
とまで言われ引き継ぎ道具をも取りに行かされた。

こうなったら任務を遂行するしかない。
責任感だけはね。  ある。
体壊してでもやりぬこうとするタイプで…。
良く体壊す  
パソコンなんて普通に使えないとかなりきつい仕事。
各班長へのプリント配布から当番表作成。
当時なんてパソコンなんて触った事もなく表を書いたりなんてムリムリ。

出来あがりを配ったら配ったで非常にきつい子供会会員もいて
自分の名前の間違いに(原本から間違ってるからどうしようもない)怒鳴り散らされたり、

「今年の役員は馬鹿だの無脳」だの言いたい放題、
本人に向かっていったんだからどんだけ〜な地域かってこと
一番住みたくないと思った地、中央区なのに道が拓けてないしジメジメした地
「一応中央区の括りだけど」ぜんぜん便利じゃないくらい道が混む。

意地悪なのは承知のことだったが罵詈雑言吐き捨てたりいろんな人がいてびっくり。
そしてショック。
あなたは客か!お金も出ない仕事なのに。

高校生だった長女に(大学受験生)
サポートしてもらえなかったら到底出来なかった。
パソコンで地図も書いてたからすごいと思った。文句も言わずに手伝ってくれた。
(プール)当番表とかのパソコンに打ち込むところまでの下書きは私がしたけど。
だから大学落ちたのかな~「県大」。
高校からの推薦をして頂けたものの落ちてしまい
2次試験もダメで。返ってきた成績表あとちょいだったのに。

影響ゼロとは言い難い、娘には申し訳ない事をした。
でもどうする事も出来ず。
まぁ結果はそうだけど入った大学で詩人の先生に巡り合えて
今は詩人として頑張ってる訳だし 良い事も。
全ては因縁なんですから、いかんともしがたい。

ホント、せめて小学校に給与を頂きたかった。仕事量半端じゃ無い。
学校行事の連絡事項だけど地区の括り

おかげでこうしてブログを書くきっかけにもなったわけ。
それが無かったらこんな記事も書く機会も無かったでしょう(笑)

そう思うと案外よかった。そう思わなければやっていけない。
ブログは書き手の頭の中をまとめる事と同じ悩みの人が
他山の石として読めればいい。

追記
この後、夏目漱石の坊ちゃんを軽く再読
自分の気性が坊ちゃんとよく似てて笑えた。
実際は黙っていられないタイプ、学校は子供が人質にとられてて足枷がある。
文中に有るように「一枚の舌を叩いて恐縮させる手立てはない」で口は下手。

生い立ちも両親の扱いもそう大差ない。
母とは死別、父再婚。
ただ、婆やもいなければ教職に就くような頭もなかった。

現場だけが共通点。

ただ悲しいことに坊ちゃん役だけでなくうらなり役も引き受けている。

うさぎさんの習性忘れてた

もこさく

柵なんぞ張り巡らして「どんなもんだい、もこちゃん」と得意げになっておりましたら。

なんとなんとなんだか俊敏な物体が、ものすごい勢いで視界をでさえぎったと思いきや

もこちゃんが柵越えを果たして高みの見物中じゃないですか。

決定的瞬間
      ぴよ~ん

うさぎの特性を忘れきってしまってた!

飼い主の間抜けたアホ顔瞬間の徹底的場面と、もこちゃんの名シーン。

撮ってみたかった。茶古呂n
柵の高さはせいぜい40センチでしょ。

「うさぎさんを馬鹿にしちゃいけませんぜ旦那」(もこは女の子なんですけどね)って感じなんでしょう。
「でもね、強制退場っすよ。てへっ」
ハハハ…
しかしカッコ良いな~もこちゃん 丸っこいだけじゃないのね。

お家は食べるものです

2つ目の

別宅の末路




残骸
「このお家、味がいまいち」「食が進みませんでした ケプ

 「どこが?」



浅田真央さんのエキシビジョン良かった~楽しそうで。衣装も。
いいんじゃないかな?そんなに急いで大人にならなくても。
天真爛漫な笑顔とは合わないほどの厳しさを持ってる。

ヨナ選手はまとまってたけど ちょっと詰まらなかった。
もしかして荒川静香さんを意識してるの?
今回も韓国にメダル数でもかなり負けてしまったらしいですが
国をあげての力の入れようが北のやり方を彷彿とさせる感じで感心するよりも少し唖然とします。
あそこまでして勝たない韓国ならほんとうにダメでしょう。
日本のマスコミもここは韓国?ってくらい韓国の応援したし、
国も予算を削減気味だし韓国大好きな現総理だから負けたって気になんてならないんでしょう。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード