やっぱりうさぎが好き

(前回の続き)私が子供のころの話。
可愛がっていたうさぎが野犬に襲われた。
その後父の悔しさは、逆転の発想へ。

そうして我が家へやって来た子犬。
ビーグル「うさぎ」を追う。
紀州犬「いのしし」を追う、を掛け合わせた雄の中型犬。
耳垂れで全体薄茶、耳だけがこげ茶。
名前は「ジョンコピー」なぜかそう呼んでいた。何でジョンコなのか?
その頃じゅんこちゃんと呼んで仲よくしてた子がいて
それでジョンにコが付いたのじゃないかと
その頃の発想なんて自分でもよく分かんない。
ピーの語尾のおまけは可愛いから、そこは判明してる(笑)
2月生まれ、うお座。血液型、?A型っぽい?それっぽい犬柄をしてた。

名前どおりのお人好しの(スヌーピーでもおなじみのビーグルの特徴)おまぬけ犬、憎めない犬。
力が強くてマイペース、何度鎖を(結構太目の)ひきちぎって縄抜けしたことか。
そうするとかならず、信じられない臭いになって帰って来る。
どこ行って来た?
犬は人が嫌うにおいが好きらしいのでおしゃれいぬ?
冗談じゃない!というそのくらい臭い。

ある日野犬が2匹すっごい唸り声をあげてけんかをしている。
それを見ていたわが愛犬「ジョンコピー」臆することなく
果敢に飛び込んでいく。(田舎には昔、普通に野犬がいた)
「ジョンもなかなかやるじゃん」と思って見ていたらわずか2~3秒でキャンキャン鳴きながら帰って来る。
見れば野犬に尻をひと噛み。
お尻の肉(皮)が切れて垂れ下がっている。痛そう。
秒殺。

わざわざ、お尻を噛まれに行って来たの?
そういえば、にわとりや猫に威嚇されただけですぐに逃げだしていた。
うさぎなんて絶対襲えない。
人も犬も大好きなおとぼけ犬のジョンコピー。
飛んでるハチを「パクッ」と食べてあわてて吐き出したり。
(どうやら口内を刺された)
しっぽを追ってくるくる回ったり。
のみが発生してかゆがってるのを見て笑ったら、
急に振り返りあま噛みされた。
笑ったことを不快に思い怒ったようだ
困ってることを笑ったら怒るなんて人間並みの感覚がある。

ホントに、可愛い犬でした。
10年生きてお腹の病気で逝きました。
だけど今では飼うにしたら犬には相当に条件がいる。無駄吠え噛み付くはご法度だ。
でも父はともかく私が犬を飼いたいと言えばうさぎ、うさぎを飼いたい時には犬で。
どうしたものか。
今は両方飼ってるから不思議な感じ。
犬は主人担当、うさぎはもちろん私で。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード