裁いているから裁かれる

格闘ちゅう
すごい、勢いで小松菜をばりばり
小松菜を押えた手がきゃわいい。 


ん??なんか太った?


こちらはダイエット等に励んでおりまして「頑張れ」と自分に言い聞かせてる。
「頑張れ」と言う言葉大好き。
この言葉が嫌いなのは人からの贈り物に選り好みを言ってる様なもの。

ええっ?石鹸?砂糖?椎茸?みたいな(笑)嬉しいけど
嫌いな事物が増える時って心が疲れてわがままになってる時。
くたびれてるときは、心に余裕がないから何でも不満に受け取るもの。
お互いに思いやれれば行き違いなんてなくなるけど。

変な所から入ってった今回の話だけど死刑場公開も片手落ち。
一方で凶悪犯罪が増え「凶悪さ」には犯人側に感受性が消えて来ている感じで
対して綺麗事としか取り得ない一方だけが善のみの感情の固まりで議論に持って行こうとしてる

だから矛盾してない?って事はわかるけど

現状では平行線でしかない様な気がする。
殺人犯は、人を殺すことによって(殺された人=誤った価値観感や判断で)裁いてる訳で。
凶悪化とか全てがはなっから(環境やら土台から)の感受性欠如から来てる気がする。
卵が先か鶏が先かの議論になってしまうけど。
途中経過がなさすぎるのでは?
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード