自己判断で助けないの?

川でおぼれた時の為、向こう岸の対岸までロープを飛ばす銃(ガン)なんかを
河川の川岸に等間隔に設置しとくとかは無理なのかな。

心臓蘇生装置(AED)とかは各施設ごとに設置されてるけど。
昨日台風による増水で中州?みたいなところに取り残された人にロープを、
まさにロープガン(救助用ロープ発射機と言うらしい)で飛ばしてたけどあんなのが有ったら
救助隊を待たなくても人が一人居合わせるだけで助けられるかもしれない。
流れ着く先に張られてないと意味ないけど。

巻き尺見たいな巻き取り式だったら、起動に電気も要らないし。
くれぐれも救助を待つ対岸に居る人 目がけて飛ばさないようにの注意が要るけど。

これから先、水害の被害増えそうだし。
救助用のロープが有ると思っただけで心強いんじゃないか。

今、有名な薬物使用での裁判が行われてて、

自己判断で救急車を呼ぶ呼ばないの判断をされたら瀕死の人はたまらない。
明らかな相手の異変を見てても救急車を呼ばないなんて
相手を見てて恐くなったとか名声に傷が付くとか自己防衛のみの心理で
いっそ、只の無関係の傍観者(心理状態の一つに傍観者効果)になってしまいたいとか?
無関係の第三者の傍観者だってどうかしたら罪の意識を感じるのに。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード