熊、食べ物を求めて

もこ

うさぎの「もこ」牧草が主で
ぱりぱりサラダ、乾燥パインが大好物同じ食材のものでも
作った会社が違うと
もう食べない。

巷では、熊さんが子連れで民家近くまでやって来る。
人は、命も落としかねないので恐怖の対象になってしまった熊さん達。
この環境激変、熊もパニクってるんじゃないかな
見れば健気で悲しげな親子の姿とかも、おなかをすかせた子供に食べさせたかった。
NHKで観た米国人だったか、野生の熊を調査していて、
全く熊たちに警戒されない熊の達人?さんがいた。
クロクマの生態Lynn Rogers リン・ロジャース博士

熊だって人が恐い、人が自分たちを襲う気がないなんて分かろうはずがない
「だって、ほら、射殺するじゃない」って熊は思ってる
普通、熊の達人じゃないんだから、信頼できる関係性が築けるはずがない
だったら住み分けの線引きをするしかない
昔は訓練した犬を使って熊を追いかえしていたのだとか。

森林破壊の里山、住めない状態、線引きを取っ払ったのは人間。
テレビで熊は可愛い動物なんかじゃないと厳しい顔で警告している、
人よりデカくなるし強い、怖いってこと、
それも一方では解るけど、デカく強く生まれついたのは神の思し召し。

これがうさぎサイズとかだったら形勢逆転になる、蹴散らされておしまい。

人間の都合で可愛いと扱われたり恐いと扱われたり熊にとっては迷惑なお話。
現状では仕方がないくらいの数で出没、人も襲われてて
共存共栄とか多様性論議中に日本が(動物から利益を得る)真逆をやって世界中に配信。
熊出没は環境問題そのものの危機を表してる。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード