きな臭くなって来た北の挑戦

北朝鮮が捨て身の攻撃に出て情勢が怪しくなって来た。

戦争はうらみの連鎖しか生まないのに。戦争を起こす前から惨憺たる状況は想像が付くのに。

中国は中国で大国なわりには資本主義のプロでは無いので(っていうか全くの素人なので)
大半がめちゃくちゃな商売で、のし上がってきた。

それではもう通用しないって事がこれを機に身につまされてほしいもんだ
北の挑発と言う経済とは全く違う大問題で正しい仲介を迫られている。

上手く立ちふるまってくれないと、この中国と北朝鮮は同じ(地球上生物)仲間で有りながら
地球上で謀反ばかり起こす超問題国扱いされる。

核爆弾一個で地球も環境もめちゃくちゃこれが捨て身でなくて何と呼ぶか。
たとえ、敵地に爆弾が落ちようと結局は、天に向かって唾を吐く様なもの。
昔の戦争とは規模が違う、早く気が付いて。

話は変わって。
フィギュアスケート浅田真央さん
感想は、随分やわらかく優しい大人の演技に変わって来てる気がした。
印象がすごく良かったから  子供っぽさからの変わり目「産みの苦しみ」的な。
これでジャンプが決まれば、誰もおっつかないハイレベルな真央ちゃん誕生って感じがした。

と、小塚選手いつも安心して見てられる職人さんを連想してしまう。
寸分たがわぬとか、たとえ転んでも何かの間違いじゃ?くらい私の中では完成形!
スポンサーサイト

一歩前進

この度娘は希望の大学に合格 (指定校推薦)では無かったので心配しましたが
来春から福岡県です。嬉しいようなさびしいような

新幹線もつながり行き来は便利になりましたが何せ車でチョイ出掛けるって感じじゃない
いつの間にか、えらい開きが出来るくらい大都会になりました。

好きな県で良かった、たびたび行く機会(口実?)が出来てうれしいという。

高校とは随分畑違いな分野で←こちらでもかなり資格取得出来ました。
充実したカリキュラムで資格取得を目指すのですが、きっと大変でしょう
色々と迷いつつもやりがいのある事に辿りつけば良いと思います。



「筑前煮」またの名を「がめ煮」「旨煮」と呼ぶのが主流?
堀りたての新里芋を頂いたので
茹で


つるりんと剥く


入っているものは
きつね色に炒めた鶏肉、里芋、にんじん、蓮根、ごぼう、フキと筍の水煮
切干大根、干し椎茸の戻し汁と白だし
お砂糖に薄口醤油が主のちょっと定番と違う味付けです。

コクが有って甘辛い感じ、里芋でとろりとした煮汁です。
この味は義母仕込み、好きな味付けなので超聞き込みました(笑)
最後に濃い口少々で煮絡めるのも良いかも。

警察はなんか的をはずしてない?

まだ若かった頃バイク時代の最後(前回の記事に続く2回目)の違反切符のお話。

バイクを駅に止め目的地へと通ってた頃の話で、
帰宅路のことだった
駅の駐輪場からバイクを出して来て1~2メートル先に一時停止線が有る
でもバイクに乗っかったばかりで安全確認済み
何せバイクは耳からの情報がかなりある
車は絶対に来てないし、人だってだ~れもいないのが確認しやすいのは
箱型で外部との遮断型でないバイクの利点で。

その上見通しはかなり良い場所。
そんな事も有って停止線では停止せず。

「しまった!」ここいらには、派出所が有った。
運が悪いったらありゃしない派出所の裏窓
窓からたまたまの偶然「ちら見」の警察官に見られていたようだ、
ついでに捕まったって感じ。

またまた手招き、飛んで火にいるなんとやらだ。
あまりに落胆の私は何でまた…と自分の不運を呪いつつ
ぶつぶつこれが2度目だみたいなことをつぶやき
「なるほど~あんた常習者?」みたいな格好に「ええ~っ!」んな訳ない
不当な調べに合うのが二度目ってこと。
まじめなまじめなまじめな…ド真面目な私に向かって何を言うか。
…警察官の前で墓穴を掘ってしまった。

こんな時印鑑なんか持ち歩いてるわけじゃ無いから「親指?ぼ印」を押す事になる。
なんとなく不快感を感じる警察とのやりとりや、やり方
警察への憧れなんてもう全然なくなり。

本当に貧しい学生時代や親との独立直後、警察はこんな若者からお金をむしり取る、
暴走車、ノーヘル、改造車、悪い奴にさんざん迷惑かけられてるのに取り締まらず
こんな、たまたま目に入って来た、怠惰な取り締まりで
警察によって貧民な上をさらに苦しめられ


警察さんにはその後、ある事件での犯人逮捕とか紛失自転車発見とか助けられもして
今では感謝の気持ちもあるにはあるが。
やはり苦しかった時の警察からの仕業には
不信感と不誠実の思いはぬぐいきれないものがある。



将来の夢

子供の頃の夢は警官になる事だった。
ただ漠然とカッコいいからって事だけで、危険なお仕事だとかは全く見えてない。

でも今は全然違う、警官には、ちょいと恨みも(笑)うらめしや~
今でこそ普通免許2○年無事故無違反者だけど
その前バイク通勤だった頃警察には酷い目にあわされたから(笑)

亡き母あと父親の再婚、独立、帰る家もない、就活時期に入院などバッドタイミング
亡き母はとてもとても父をフォローした人だったのに父は一人じゃ何も出来ない人
再婚は母の遺言でも有ったけど。
職探しに入院でタイミングが合わなかった私は自力で職探し。

アルバイトで繋ぐも、とかく不安定な一時期が有った。
そんな折、出食わすのがいらん所に張り込む警察官だ
有る、車も人もまばらでヤーさんも住むと言われる通りをバイクで走行中。

張り込む警察官発見!

ニュースでこの近辺、銃撃事件も耳にして新しい
「もし」…流れ弾にでも当たったらでビクビクそしたら
「ピーピーピー」笛。    と来たもんだ。
ちょいちょいちょいと手でこまねかれた
ノロノロノロと吸い寄せられるように、、
はなからスピード出してない。
何ですねん???何か事件でも起こったんですか?と聞こうとしたらば

「は~い、一時停止しなかったから違反ね♡」ですってさ。

っていう事件が起こった。
まったく、人通りもまばらな場所に仰々しくパトカー止めて目立ちまくっておきながら
何かと思えばこんな「ちんけ」な違反者を捕まえに張り込んで喜んで。

すわ、「やくざの抗争流れ弾」の連想は妄想に過ぎず
「つい驚いたが運の尽き」で。
こんだけ条件整えば一時停止も見逃すってもんでしょう?。
「無駄に違反者を捕まえましょうよ」で罠にはまったって感じ

聞けば違反者のお金が警察の収益とな。
今日の夕飯は高級レストランのディナーになりましたか。よかったですな。

こちらは違反金5000円支払ってスッカラカン
また、ジャガイモ生活だと言うのに。ここは海の上?甲板生活??

貧民を苦しめるなんて警察の本末転倒警官になる夢雲散霧消。





            続く






妖精扱い



トルディのてんとうむし 

もう6~7年前の出会いで、雑貨屋レジ前くるくる回るキーホルダーのディスプレイ
ぶら下がってた  くるくるくるくる回して
トルディのいろんな(全部一体ずつ)うさぎやら小鹿やらのぬいぐるみの中で一番目を引いた
どうやら、てんとう虫らしいと言う感想。

正直かなりユーモラス、選りによって、これをチョイス?(笑)
なのに、もはや我が家では妖精扱い 別格扱い、超出世。

この子は男の子で妖精で、お話して…あぶないあぶない大丈夫な人?と思われる。

でもそのくらいかわいい何とも言えない佇まいで何か特別なオーラを放ってる感じ(笑)
自信ありげな表情でちっこい手足(何故か4本)は開放的
目線は前向きの上向き、おてんとうさまを見てるかのような明るい表情

なん体かいる「ぱんちょ連」の中の一体、全部違うお顔でちゃんと見分けられる!
変だけど、かわいい呼び名が付いている(笑)
最後に必ず「ちょ」が付く。
ええ~となまえは?んん~?

予想通りの民主党

NHKに岡田さんが出てる。
余裕あるらしく時々軽く優雅そうに微笑まれたりしながら

「自衛隊は暴力装置」これを「言い間違いだからごめんね」みたいな発言。
日頃思って無いとこう言う問題発言はしないでしょう
私が子供の頃の中学教師は自衛隊を志願する生徒を執拗に説き伏せ
あきらめさせた酷い先生だった。
偏見の持主の
左に傾き過ぎた民主党は
日本は今後、非暴力で話の通じない方々とお話し合いで
尚且つ無抵抗で美しく?散っていけば良いとでも思っているのだろうか。

空気を感じるのは(NHKサイド)解説者がとても静かな事
穏やかに民主党を擁護、見守るかのように。
NHKは本当に様子がおかしい。

民主党が政権を取った時感想を書いた記事が残ってる、大筋予想は当たった。

そのくらい民主党は発言が幼稚だったし無責任だったし優柔不断だった。
もう2度とない民主党政権
今、やりたい放題無策で無責任をやってると
間違いなく次政権では野党の運命にある民主党
「あんたたちに言われる筋合いは無い」と言われます。

親中(派)家の方々の話を聞いて、信じ込んで
あんな(洗脳政治をする)中国とまともな話し合いができるとは到底思えない。

お掃除中のハムの居場所

お掃除中のハム
ピンポン玉になるハム

段ボール箱の中、どこででも落ち着くハムのジュジュ
「寝た?」


受験間近の娘のお頼み

「じぇ~ったいにおせわするから~」そう懇願した末やってきたハム

おかあさん(←呼びかけ)「ハムちゃんがいないと悲しいよ症候群」

「ペットロス シンドローム」とは微妙に違う、で夢にまで出てくると言う

禁断症状の出てきた(しょーもない)娘は

ハムちゃんのひっ散らかったお部屋を見つつ眉をひそめ

そうして私を見つめました。

「ハム小屋のお掃除お願い♡」ですって。

宝くじ財団 仕分け

宝くじなんて、なかなか当たらないものなのに
CMじゃ、さも簡単に当たるみたいにうそばっか。
もしや、財団関係者にだけ当たってるとか?
ハデハデの宣伝
「また当たったの?2億円」とか
稀に存在する?宝くじのプロと一緒にしないで

そうしてたくさんの  多空くじ買って

宝くじ財団はウハウハ。

CM効果は財団の確実に当たる宝くじ  
空くじ収益金を財団のなんかわからない計上に加えないでください。

一人の出資は少なくても塵も積もればで世のため
生活に不便をきたした方達に使ってください。
出資者からのお願いです。



いじめっ子いじめられっ子の未来

いきなり重くてどうもです。

「いじめで死んではダメだよ」

私の子供の頃も普通にいた「いじめっ子」
かなり長いこと恨まれることになるいじめっ子。
男にも女にもいた。
でもその頃はかばう子、助ける子もちゃんといた。
いじめっ子の価値観で裁くから不特定多数がターゲットで。
いじめっ子は長いこと恨まれてたし、恨んでた(笑)
子供だからすごい残酷、でもいじめる本人は全然平気。

そいつに負けて泣いたら喜ばれるだけ。
単純な思考しかしないんだから。
答えも(いじめ発言の内容)ほとんどが、間違ってるし、当たり前だけど本当に未熟者。
残念なことに、その時は気がつかず後でつまらない人間だと気が付くのだけど。
言い返せばよかったって、今は思えるけどその時は…。

お互い子供同士未熟な、物の考え方をする者同士。
今、答えを出してどうする。一生付き合う相手じゃ無し、
だけど子供にはその一時期が耐えられないもので。

でもいじめっ子もいずれは、罪悪感を引きずることになる。
必ず、結局は自分で仕掛けたのだから時限爆弾は爆発する。
いじめた本人が気にしないまま一生終わるのは芯からの、バカ。
相手がそのおバカのたぐいなら、
反省する神経も持ち合わせていない
筋金入りのおバカなんだから
同情こそすれ、気にかける必要もない。
そんなのに、気を病んでかかずらわってるだけ時間の無駄。

いじめは結局どちらも傷つく、だから、親が(周囲の大人が)止めるべきだし
大人の責任と言い切っていいと思う
大人の真似する子供。

文化の日ジュジュの主張

ちゅうちゃん文化の日
ピントのぼけた画像でこれまたピンボケ発言を始めるじゅじゅ

「え~われわれは同じ大陸に住むうさぎさんいぬさんとの協定
境界線を守って生きております。
なぜならばうさぎさんや犬さんとの相部屋では大変あぶのうございます。
うさぎさんなどはとても広いお屋敷をお持ちですが
この御時世われわれハムスター、ちゅうちゃん族は食料危機のうわさも有る中
何とか生き残っている次第です。
わが、ちゅうちゃん国などでも他国の財政危機のどさくさに紛れ、弱り目に祟り目危機的時期に
他国の陣地に乗り込むなんてことは…恐ろしくて…とてもとても
…陣地乗っ取りは卑怯者のやることです。
うちで言うならゲージの2階部分を乗っ取られる様なものです。ちなみに我が家の寝床ですよ。

ですが、犬の「りくさん」にしろ、うさぎの「もこさん」にしろこのわたくし「じゅじゅ」においても
他人さまの陣地ぶん捕りなどと言う行為はいたしません。
見れば飼い主であられるご主人様の大国日本では
中国ロシアによる陣地ぶん捕り合戦「火事場どろぼー」が横行
大変温厚でお人好しとも取れる日本は、他国が窮地においては助けてあげこそすれ
足を引っ張るなど思想後退も甚だしい行為など絶対に考えられません。
かくも窮地の日本に対し冷たい仕打ちをする中国、ロシア2国間に強い憤りを感じる次第です。
この2国、付き合うことこそ不利益です」窮鼠猫を噛むです。
おわり

だそうです。

境界線は守りましょう

どれどれ

「誰もいないか、そ~っと周りを覗いまして、

ちょっとそこいらでもお散歩でもしようかと。

でもね、つるつる床は命取りなのよね~つるつるつるつるしてる間に

わしっ!と襲われて捕まってしまうと思うのよ。

それで、いこかもどろか思案中」


もこさんは自分のテリトリーじゃないと判断したら扉が開いていようと外へ出ようとはしません。

扉が全開だろうと、テコでも出てきません。

野生種の様な可愛げのない…でも賢いうさぎさんです
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード