気分はいつもそんな感じ

底は床?

なんかへんなのが居る
さて、どちらの言葉でしょう?茶古呂それとも


這い上がる

いつでもこうやって這い上がって来た。
這い上がってお家へ帰るからね、早くしないとひまわりの種取られちゃう
足は倍速なんだけどね カシャコショカシャコショ 音を忠実に再現したらこんな感じ
スポンサーサイト

人がお出掛けした後

てんとう虫ならいいけれど

ぱんちょ「よいしょっと、お留守番時(どき)は、巣から出てこっそり遊ぶよ」

わざわざスズメ蜂の巣をつついて騒がせることは無い。
スズメ蜂は凶暴。

子供の頃からの教訓
案外嫌いな者ほどしょっちゅう頭の中に居たりする。で、悔しさとかでまんじりともせず
ま、子供同士のたわいない口ケンカだったりするのだけれど
一番嫌いな物に頭の中を全部支配されてる事になる。
実際口下手だったから、雄弁な(人)のが苦手で。
「沈黙は金、雄弁は銀」なんかじゃぜんぜんなかった(笑)

そうやって、気に病んでいることそれ自体がもう戦わずして負けている。

じゃなにも無かったことと、眼をつぶる?
考えては、いつも折り合いがつかない。

強いものが幅を利かせず
あんた達みたいなてんとう虫さんばかりだったら理解も
平和も
やって来そうなのに。

ぱんちょ「ほら世の中、弱虫毛虫って言うじゃない?負けるが勝ちもたまには有る」

たまに?
?それを言うなら弱肉強食でしょ!
「弱」しか合ってないし、それって救いがない言葉じゃない?



民主党の致命傷

「菅おろし」16人の反乱。(メンバーをよーく覚えておきたい)
菅政府のもとでは次の選挙で戦えない。じゃいったい誰で戦えるの?

自民党政権下と同じ様な動きを真似すること自体が民主党の致命傷。

見ていて常々思うのが、
政治家以前の問題、候補者の気にするところアメリカなどでは目の瞬きの回数とか
ネクタイのセンスとかスピーチスタイルとかあらゆるデータのもとで研究がし尽くされてるが
どこの国でも代表格はどこか威厳やセンスが感じられる。

重要視される小沢さん、お陰で壊し屋の異名いまだ健在。それを「世論のせい」にすり替えて。
小沢さんに関しては会話の接続語にしても表情にしても言葉選びにしても変わった語尾
「というかを(ちゅうか)と言うとか」中華?あまりにも、普段使いすぎる。
指導的立場の者が正しい日本語でないのはみっともない。
と言うか、一部では実力?重視、(仮想現実重視では?)であまりにも真実を気にしな過ぎ。

見ていて、顔が思わず不快に歪んでしまう、多分どなた(世界)が見ても印象は同じと思う。
政治家たるもの好感度くらい考えた立ち居振る舞いを、せめて良い方向に改善が有れば良いのに

話題変わって

変な番組作ろうと、開き直る制作者サイド擁護のスポンサー連。
本当に面白い番組を求める事も視聴者には許されないのか…ますますテレビ離れが進みそう。

ネズミキツネザル?

マダガスカル島は珍獣の宝庫、いまだ発見されてない珍獣もいるかも。
ちっちゃいカバとかゾウとかキリンとかみてみたい←ただの願望
この度、画像で見たのが「ネズミキツネザル」かなりかわいい

世界最小の霊長類だとか。

ここだけでもうネズミなんだかキツネだなんか猿だなんだか3匹も混ざってる。
命名、安直な気もする。

良く見てると確かに。

でもうちのチワワにもえらく似てる

メガネキツネザルチワワと命名したい、長い!

こうなったら十二支
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥、揃い踏みの動物が見つからないかな
耳はうさぎ足は牛、模様は虎柄で体つきは竜のようで蛇のようでもある、胴長
走りは馬で←(最早身体能力のみ)毛並みは羊で知能は猿並。
鳥のように羽根も有るけど退化してる、鳴き声はイノシシ、ぶきぃー?
結局そんななのにトータル(総称)して「犬」とか。コッカースパニエル的
でネズミサイズ。…見つけたくない。

名前はめんどくさいから「十二支」
おめでたいけどキモすぎる。


なんか気になるお国柄

日本の手前味噌なお話から始まり、褒めてんだか 
けなしてる←(自国をけなす気はさらさら有りません)んだかなな内容です。

日本と中国、韓国との違いをアメリカ(世界)の大半は知らなかったのだそうで。
最近になって日本は再認識され、なんだか評判が良い。

この度、中国の進出、韓国が頭角を現したことで、この三国の違いが露わになったのだそうです。

アジア主要三国全部ひっくるめ同じ位置付けだったのですが。

韓国は日本人と違ってゴーイングマイウェイ間違いだろうがなんだろうが自己主張も忘れません。
B型多のお国だそうでとても楽観的、良い面も多々?
海外でお行儀が悪くお咎めされても意に介さず、
「私は日本人だ」と偽って難を逃れようとしたと言う話も。

中国は中国で、もう説明する必要も無いくらい
「ルールは我が国」との認識、世界中に名を轟かせています。
アメリカと同じO型多のお国だそうで両国なんか力任せな所が似てる(笑)
大きい事は良い事だ、良い面も多々?

アジア三国こんなに違うのかと世界中を唖然とさせたのだそうです。
今や、お人好し日本は過去の反省からいつまでもいつまでも際限なく
汗と努力の頭脳を惜しげもなく提供。
A型多のお国だそうで、勤勉でそれなりに明るい良い面も多々

日本よりまず?中国韓国を潤わせる事に余念がなく
こう来ると血液型もまんざら外れてるとは思えないような?
我記憶のデータは幾分古くA型とO型は(またはB型)ほぼ拮抗してるので何とも言えません(笑)

さむがり犬

さむがり
お犬様寝殿

照明の関係でなんだか実際より随分赤っぽい。
買った時から電球の色は温白色で。

寒がり「リク」は即席「コタツ犬」に。毛布被せただけ
ウトウト
今はカメラのせいで顔を出してますが普段は完全潜り込んでますので、

居ない?居た~!(びっくり)

世論調査いまだに気にする

日本の動向や意識調査を探るのは世論調査。
大体この世論調査くらいあやふやなものは無い。
どこで、誰に(どちら派に)尋ねられたかで全然違う事を答えてしまうかも。
それは協調性であったり、迎合であったり世間体であったり、
たとえ、無記名で有ったとしても多少その意識は消えなかったりする。


もう、世論通り何度も世論が政治を動かして結果は出たはず。
かの小泉元首相が圧倒的支持を集めていた時、首相はこう言われた。
「国民が間違う事もある」と愉快そうに豪快に笑いながら。

意味深過ぎる。

世論大半はい~つも間違えてる。
大体、先導されたかのような一気に「10対1」みたいな圧倒的支持に偏った時は危ない。
拮抗しているときこそ誤った道に踏み込んだ時立ち直り修正しやすい。
でも、今回結果的に「御破算」になること承知で選んだ道で?
日本を決定的事案に結びつけなければもう道は無いと。賢明な思いから。
でも、経済の御破算だけで済みそうに無く。

日本は決定的事案が起こらないと(←立ちはだかる、足かせブーイングを一掃)
「このままだとこうなるよ」の想像だけでは動かないから。
それでは犠牲が出てしまうから。そしてジレンマ
民主党自体に足かせが多すぎて、殿は今まさに袴の裾踏んづけられてる状態。

犯罪心理

目黒夫婦殺傷事件で、犯人の動向、訝しがられてキャスターもいぶかしんで。

こんな行動はおかしいとか。
犯人だって犯罪は初めての(初犯の場合)ど素人なんだから、おかしな行動もするでしょうに。
計画的に動いたら動いたで計画的と言ってしまうように。

犯罪者だって捜査かく乱も考える訳だから、
わけのわからない言葉を故意に現場に残したりするでしょう。
犯人が一番心配なことは自分と結びつくことなんだから
己とは全く違う人物像を現場に残すことに
最善?を尽くすはず。せめて、念頭には置くはず。
見え透いた苦し紛れの嘘を吐く子供のように

どちらの推理が正しいのかを言いたいわけでは無く。
双方の考え方の余地を残しておかないとこれから先ニュース番組の四角四面な推理だと
この先の事件でも犯人が捜せなくなるような気がするし
誤認逮捕も。
キャスターは警察じゃないから良いけど、日本は他国のネットの勢いくらい扇動社会だから。

怒らない、叱らない

めったに怒らないとか聞くと「良い人~」って感想持つのが常。

でもよ~く考えてみると世の中、相手の為にも怒らなければならないような場面にしょっちゅう遭遇する。
自分より若い子とかには。普通義務でしょう。
世の中そんなには上質に出来てはいない。

幼少期
めったに怒らない人=父
四六時中怒って、叱る人=母

父と母どちらに愛情を感じたかと言うと「母」
父は寛大と言うより「放任主義」とか感じてた。
だから、たまに母に褒められると嬉しさは倍増。褒められ続けて育つと麻痺しそうだ。

最近、何でもかんでも褒めて育ててる親も。
「そこ叱る所でしょ」って、マナーを守らない事を寛大さで包みこもうとしてたり。

ま、うちの場合あんなに母に干渉されてたら「私くらいは言わずとも」と思っていたのかも。
一度ものすごい剣幕でしかられたことはあったけど。
キョトンとなった…そして理不尽と思った(笑)

叱らない事は無頓着とか、かかわりたくないとか逆に冷たさを感じる。
幼少期へんてこりんに育ったと思ってる、でも今はそんなの普通みたい。
と言うか、だいぶよい方。

炊飯器の失敗ご飯はこだわりのおせんべいに

炊飯失敗で保温で炊いたご飯は再形成で保温せんべいなるものに変身しましたが、
この度、炊飯器を象さん印に変え失敗しなくなりました。
それはそれでお子達は自家製せんべいが食べられなく残念のようです。
しかし、何も保温で炊かなくても普通に炊いたお米でもおせんべいは作れるのですが…

これに負けず劣らずのせんべいを見つけました。
炊飯せんべいの味に近いもの2品



「もち吉あられお煎餅」中はもっちり?外はパリパリあの味にかなり近い、
と言うか かなり美味しい。負けたかも
もち吉、ぬれせんのザラメも美味しい。
あとバター煎餅も



お手軽スーパー市販品なら「亀田製菓のこめつぶ屋」
旨みがきいてて軽いからこのくらい、すぐ完食。

やっぱり薄くスライスがコツのようです。

昔幼馴染のおうちで食べた。お醤油味なんだけど一味違うお煎餅。
お母様曰く
東京土産「卵黄を塗ったおせんべ?」らしいがどうも怪しい
もう一度食べたい。商品名からして謎で幻。。仕方がない、ためしに作ってみるかな。

衆院予算委

テレビ見ていて、全く建設的でないから
菅総理も厭味を言いたくなるような国会中継。

雄弁大会?小泉議員の前の議員さんなんか
しばらく日本にいなかったか?くらい時期錯誤な質問。
窮地だとわかってて意地悪くつつき回す。

今の民主党は現時点では
他の意見も聞き入れようとしているし、間違いは間違いだったというスタンスも。
民主党はまだ出来あがってないとつくづく思った、首相次第で全く違うし、議員さんもそう。
今は、鳩山さんのイメージが消え小沢さんが影響しない政治なら
少し静観したいと言うところ。民主党政権は続くんだし(ほかの議員さんはあぶなっかしい)
菅さん以外じゃ考えられないから。

スポーツ観戦じゃないんだから
論破するばかりじゃなく先に進めてほしい。
わざと足踏みさせて日本の事考えてる?

回転寿司

回転寿司は苦手。
昔なんて目の前で回ってたから
あまり真剣に見つめてると「く~らくら
最近←かなり前から、あんな形式(ファミリー席)になっていたのか
これなら良いかなって出掛けてみた。

人気のスシ○ー店に行ってみた。
感想、シャリもネタも大きすぎですぐお腹いっぱいに。シャリだんごみたい
シャリとネタがすぐ分離。さよなら~
あまりに(エビ天)大きいからって箸で切ったりしたら無残な天丼状態になりかねない。
ちょっとお皿が揺らぐともうネタがお皿の上に転んでるし。
箸で戻し戻し再形成、即席すし職人。
デザートも食べたいからって、胃袋と相談。
お皿3皿でお腹がいっぱい、もう良いって感じ。
あとは、みんなが食べ終わるまで「ステイ」お互いに気疲れするからもう良い。

きいたはなしじゃ、就職騒動?良くない噂のチェーン店の方が味は良いとかの意見も。
でもなんだかそんな会社じゃ従業員がかわいそう。


相撲

子供の頃は相撲を神奈川の相模と同じと思ってた。
神奈川県相模の人、文通と言うツールに出会うまで。

お相撲さんのイメージは寡黙、歌の上手い力士が多い、丸い、おっとり、おおらか、どっしり、
駄菓子屋のおばーちゃんがなかなか出て来ない理由はお相撲観戦、良い所(場面)だから

でもなんだかそのお相撲も変遷、寡黙じゃないし丸い穏やかな印象とは遠い
いまどきの若者のなかにもいる精悍な顔立ちもちらほら。
それは時代だから良いとして。

ところで不思議だった、朝青龍の日本語。
母国モンゴルから出て来ていきなり、いったいどこで習ったのか。
日本人で有ればこその聞き分けられ振り分けられる人間分布図。
最初から自ら選んだ?威を借ろうが優位に立ちたい心境から?
敬語の使い分けもできてるからすごいし、乱暴言葉に合わせた行動も堂に入ってた。

まるで標準語のように関西弁を話すアメリカ国籍の方のように
「日本語を教えてください」はその地がどこかで印象が変わる。
なんだか関西弁を聞いただけで「わらかす」人みたいな、
関西弁のアメリカ人はお笑い達者みたいな
期待しつつ聞き入ってしまう。

相撲はいつの間にか、変遷しつつどこかが変わってしまった?
伝統の土俵女人禁制よりもいけない物が流れ込んでいる気がする。
国営放送と言うはるかに高い位置にいて一般人の深入りも禁じて透明性がないからのような。

訪問者 ハムスター三歩歩いて全部忘れ


「こんにちは~」   じゅじゅさん新居にお引越し?

「は~い今行きま~す」


「あら!こんな所に何かしら?鏡じゃないみたいね~」




「ん~ガリガリ」全然取れないわ~




三歩歩いたじゅじゅ
「えっと なんだったかしら?」
見ていても何をやってるのかさっぱり!なんて断片的な、はむすたー

ハムちゃん小屋のお掃除ちゅう
ちょっと今日は空段ボールが見つからずシュレッダーの中に仮住まい。30分程度。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード