政府の人任せ節電は体力任せ

書いても記事が消えるので書ける時までしばらくお休みします。


家でも電器をサークラインから電球に変えた。
LEDはまだ完全に部屋全体を明るくは出来ないのだそう、
確かにLED電球のヘッドライトの車とか自転車は、一極集中型の明るさ。

眩しくて眼潰しくらったって感じになる。
その後、残像現象前で「光の玉ちらちら」、
見えにくくなるから絶対に見つめないように注意。
でも、ライトを上げてなくても路面の高低差で眩しく煽られたりするもので。

先日気温が30度近い夏日となった。
部屋も、30度まで我慢してエアコンをつけないでいる。
一週間程前までは、ストーブが必要だったのにとか、この気温差の酷さ。

家事程度でも、汗ばむのでエアコン設定温度29度とかは暑いと感じる。
じっとしてる分には良いけど、動きまわる営業担当社員には分が悪そう。
悪い環境の中で感情もコントロール健康管理と相当大変、
良い仕事ができるんでしょうか?
政府の対策がなんとなく「日本人いたぶり」に感じて仕方ない
最初は、張り切ってたって長~い夏
湿度も高いとなると節電は一歩間違うと病院送りに。

人任せ節電は、どうかすると体力任せ、
仕方がないから今のうちに体力つけとかないと。
今の政党と一緒に猛暑突入は本当に不安で心もとない。

スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード