東電これが本当に姑息な手段

東電の賠償請求書類
分厚い書類送付して「これに書きやがれ!」(←個人感想)を感じさせる
厚かましい冊子に仕上がってるらしい。
被災者に対して神経使わせすぎの失礼な書類。
それはそれは細かいわかり辛い文面なうえ取り寄せ添付もたくさん有り。

第三者ながら細かい字を読んでると、かすむぼやけるの頭が痛くなる年代になり
つい最近も書類不備の年金通知もらって役所の給料泥棒的仕事に憤慨してたばかり。
もらった数枚の説明と計算文面でさえ、理解するのにげんなりなのに
さぞやその心ない書類に困惑されたことでしょう。

万人に分かるようにその位置まで遜って書けないのは頭が悪い証拠
悲しんでいたら東電がいじわるする。
泣いてたら蜂が刺したのことわざみたい
「わからなければ知らんよ」泣き寝入り組を増やすためじゃ?と勘繰られても仕方がない。

姑息という間に合わせの段階ならわかりやすい改定版も準備中で希望ありだけど
狡い(こすい)考えなら被害者は全然救われない。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード