福岡往復

子の住む、福岡へ行ってきました。
そういえばここは夜間のごみ収集、だから収集車を昼間は見かけません。
街中にゴミも見かけません、よって嫌な臭いもしません、
これはカラス除け「対策」とか昼間の交通渋滞の一因にならないよう工夫の上、
こちらもならないかな~
ゴミ出しが朝方じゃなく夜間ならわざわざ身づくろい(笑)して出なくてもいいし。

着替えて下手したら化粧して、髪の寝癖も直して出なけりゃ
明る~い覚醒の朝ですから
皆がすっきりはっきり記憶のカメラに納められちゃいます。

スエットだろうがジャージだろうが
暗がりもなんかハイな変なテンションの夜、陽気にごみも出しますし(笑)

めぼしいところで買い物もしないで往復。
レジ打ちアルバイト採用されたそうで、ますます過酷に、いくら目まぐるしい方が性に合ってたって
無理しないでほしいもんです。
スポンサーサイト

観たいTVジャンルの変化

「テレビよさらば!」なんて思ったって唯一観てるジャンルがサスペンスや推理物に変化。
ちょい観出すと最後まで気になる、大体リアリティが無いから。
なぜか岸壁にいて、捜査員達がいるのに犯人が往生際悪く反撃しようとしたり(笑)

殺りく方も動機も、ストーリー進行も現実離れしすぎてるのが逆に観やすくなる
架空物の世界感で。

良くある設定でもストーリーのよいものとか人情とか絡んで最後まで観たくなる。
想像通りだったり意外な犯人だったり、犯人は絶対売れてる役者さん(笑)
臨場とか科捜研とか。相棒なんかは「水谷豊さん」娘がファンで
何せ役作りのすごさを滔々と語りつくしたせいですっかり…

湯けむり何とかとかシリーズものも再放送のほうで観ていたり。

昨日観た、これから見続けるかもなドラマ「ドクター」最強の名医
沢村さんの二面性が気になる。
逆にこのドラマのほうが役者さんリアル{地)だったりして。

ついに見つけてしまった

無口なウサギの中にまさに大間違い発見。
邦題「風水で開運?」の回「get a lifestyle」
これが古い時代の中国の民族衣装、例によってお袖にお手手
これはお決まりの大ボケか?大マジか
風景はまさに日本富士山、お池に盆栽、

中国の思想、風水との訳 そうなの?で何故富士山?日本語訳がそうなってた。
このアジア2国は本当に昔から外国人にごっちゃに認識
あいまいな国日本。

でもこれに新たにもう一国加わりそうな勢い、それは韓国。
日本の一部でだけ好感度が高い韓国、世界ではそうじゃないのに。

もう放送自体、高岡蒼甫さんでなくってもここは韓国かというくらいなおべんちゃら放送
韓国が優位であることを我が国のことのように喜び勇んで報告する日テレアナウンサー
恥も外聞もない。

フジも日テレも韓国に、韓国タレントに、揉み手でもせんばかりの勢い。
昨日の日テレの放送「仰天ニュース」は韓国大宣伝大会
日本のタレント達は自分から売り込みに必死なのに韓国タレントは勝手に持ち上げられ手離し

変な内容、、あまりの韓国絶賛ぶりに
韓国人が逆に呆れ果ててた、明らかにチラリ侮蔑的目、理解不能の目。
愛国心が当たり前にある国なら当然の表情。

デジタル化を機に「テレビよさらば!」するべきだったのだ。
一向に、楽しい放送が始まることはなく低迷の一途のテレビは
今に本当に韓国放送局になる。
今年の紅白はまだ日本だろうか?
韓国は韓国で、紅白出演には嫌悪感持ってるみたいだし。

正確でない情報がおかしな具合に広がって溝ばかり深く広く


歯医者

久しぶりに見た夢はとんでもない夢で

今年、歯科医院で詰め物が合わなくなっている(虫歯ではなく)のと、
噛み合わせ不具合など、歯並びだけは良いのだけれど少し歯が内向きに倒れ気味かも
でも、気にしつつもそのまま放置

苦手でも、もうそろ行くことに決めてはいるのだけど
今までのところと変えようか変えまいかで迷ってるうちに…という感じ。

時間にきっちり、あいさつもしっかり、クリーンな感じで問題はないのだけど
体育会系なのが玉にきず、娘は一度に二本(乳歯)の歯を抜歯され、げんなり。

早々に歯科医を変えた。
変化が苦手な私はなかなか踏ん切りがつかない

そんなことのせいか見た夢はどこぞの知らない歯科院。
歯科助手がテレビで見るタレントさん
よく覚えてないが、優香さんだったような、もう一人は覚えていない。
さんざん不安がる私になんだか えらく冷たい感じ(笑)
全部抜いて全部入れ替えインプラントだもの
未来過ぎてるし、荒療治、恐怖すぎる夢
朝起きた時の安堵感と言ったら

歯科医を変えるなという暗示だろうか

untalkative bunny

untalkative bunny「無口なウサギ」
このアニメは11月10日くらいで終わってしまうようだ。
調べてみたら、シーズン1~3があって日本語に訳され放送されてるのが2~3のみ
肝心なシーズン1は、英語訳だけしかないみたい。。放送さえされていない。
ユーチューブで観られるのみ。

フレンドリーとの出会いのお話、「friendly friend」
ダンスィングひよこの誕生の「animal music」のお話とか
いつ?と思ってたら、、無いじゃないの!
シーズン2~3の1話5分くらいのお話が30分放送で5つで26回分
それが順繰り順繰り回ってくる放送で終了してしまう。

シーズン1今よりちょっと赤鼻で雑な感じで味のあるウサギ
動きがすごく良い。
いくらウサギが無口でも人間の出てくるシーンはウサギと人とのやり取りがよくわからなくて。
ギャグがわからない。
何せずるい人間の騙しの糸口部分の会話なのでそこがわからないと漫才がわからない。
人はさすがに、だます{と言うかウサギが勝手にだまされる)係なので饒舌。
ウサギの純粋さとかも好感度の一部

日本語訳の全放送を望みます。

自転車のマナー

自転車の人って知らないで乗ってるんだと思う。自転車が車両扱いなこと。
今の時間帯に自転車マナーの悪さの報道をしたところで、
マナー違反の大半は今授業中、聞いてない見てない。
一番聞いてほしいのが学生さん。

たぶん一番偉ぶって乗れるが自転車環境じゃなかろうか?環境にやさしいことしてるとかエコとか

車で運転中ゆっくり前進してるのにわざわざ前を通過、後ろはポーンと空いてても
あれって降りるのが嫌なんですって!ハンドル切ってよけいに走るのも?
この年代のほうがいちいち止まっててしんどい漕ぎ出し運動してるのに。
若さの特権利用もせず最小限止まりたくないだなんて。なんのために若いのだか。 
昔「若いんだから」って色々苦難?をやらされた
そういうことを言う大人になりたくないと思ってたら、言ってるし。
でも、今は拒否ってでも自分の権利を主張する。

だから赤信号も元気よく突進
事故らなければ捕まらないし、軽い接触ぐらいなら立ちコギして逃げる、こんな時だけは力強い。
ナンバープレート(盗んだ自転車だと意味なしだし)とかが無いから。

自転車は法の目を かいくぐった乗り物。
違反者は大半が捕まらないし、そういうこともあってますます態度が大きくなるのでしょう。
一網打尽に捕まえましょう。

自分が悪くてもにらみつける者。
交差点で今まさにストップした車の前を何事もなかったようにブレーキ痕もなくすり抜ける者あり
本当にいろいろ居る。後ろから「どけどけベル」を鳴らして歩行者を蹴散らす者あり。
イヤホンなんてして乗るのは目を閉じ耳栓をしての走行とほぼ変わりない。

あまりこちらでは見かけないけど競輪の方たちだって抗議したらいいのに、マネされ印象を汚されてる。

ま、練習中の方は本当に優良ドライバー、スマート走行でかっこいい。
見分けは付くみたい。


目は口ほどにものを言う「無口なウサギ」

無口なウサギ「いつもいたずらばかりしてひどい目に合っているのに懲りずに…」
かわいくないだの…

この「無口なウサギ」の紹介文はなに?
アニメの一話「いたずらウサギ」だけを観ての感想?
そんなことないもの、行動もキャラもかわいい!!

このウサギさんはいたずらなんてその話以外では、観たことない。
なんといってもやさしいキャラ。いつも笑ってて親切なのだそう(フレンドリーの言葉)
 
難を言えばお金使いが荒く、{収入源は謎}変な物でも興味を持てばすぐに買い、失敗ばかり。
リスさんとも微笑ましいくらい仲良し、
なにより面白いのはフレンドリー{雪だるまにちっちゃいツリーが生えたようなピンクの生き物}
明るめの{不穏なBGM)とともに現れ、ウサギをとことんうんざりさせている、にもかかわらず仲良くしてる?
鳥のエミューさんだって印象よりいいキャラしてる。{ウサギに迷惑をかけるけど}

いつもひどい目に合っているのはウサギのほう。
人間のほうが明らかに愚かな感じ。だからと言っていじられてるばかりじゃないし

ちゃんと人に対して怒ったりしてるし、
人にいじられつつの共存 立場も対等に主張(笑)人と仲良く共生してる。

すごく意味深だし矛盾やら皮肉やら考えさせるアニメ。
しゃべらないけど目の動きがすごい!!対象物を細かく見ては驚いたり嘆いたり
くたびれたスリッパのような眼、陶酔して目を閉じてる時も

目は口ほどにもの言うを具現化してる。

秋物の衣料品もう少し何とかならない?

またまたやってきましたこの季節。
この秋の薄手の長袖がほしい季節が。

売ってない。変なプリント付きとか、なんかくたっとした冴えない感じ素材も変なら色も変
七分袖とか個人的には要らない。
袖口が窮屈だったりシャツ系は袖口サイズあまり考えないから。買ってから気が付く

長袖のように袖口のリブ使いがないためにサイズが決まらなくなる。
洗い物時の腕まくりができないのも困る。ボタンがなければうっ血する(笑)
袖だって暑いときはいいけど急な寒さ着替えもなく、
なぜかしら腕の寒さはなんか急に伸びたためつんつるてん着せられてた子供時代の気分に
伸びない袖口引っぱって寒さをしのぐ(笑)不憫な気分。

それは百歩譲って良いとして?も襟ぐりの空いたものには、ほんとうんざり。
この季節丸襟とかVカットを着ては必ず喉を冷やして喉が痛くなる。。

素材は薄手で秋物仕様なら襟ぐりは程よく詰めてほしい。
喉は人の機能として大事なエアコン部分、夏は冷やして発散
秋冬は温めて細菌の感染だって侵入を防ぐ、大事な喉なのに。

ハイネックは流行らないのかおしゃれなものは作れないみたいで、すたれっぱなし

かと思えば定番はタートルネック。
真冬は良いけど今から着てたら汗だくでしょうに。
薄いインナー重ね着調節で探すしかない。果てしない衣料品探索の季節
安い?(安くもないか)だけで同じものばかり
季節のはっきりした暑いか寒い時の服ばかりが考え抜いて売られてる。

テレビに出るのがお仕事ならば

芸能界で働く以上社会に対して不正を正そうとしたり意見を述べたりは難しいみたいだ。

自分の上にあるものに意見を言えば「立ち位置」を少しずつでもその場から遠のかせてしまう。

今の自分があることへの感謝を忘れてるという意見もあるだろうし、
悪いことでもないのにどこか後ろめたく感じていて自ら遠のいているのかも

意見や異見を受け入れるくらい世の中が正常であればデモ隊なんて発生しない。
アクターや表現者なら仕方がない。自分の立つ土壌に背くようなもので。
狂っていてもシステムはシステム

夜中に何気なく見てたら「ブラタモリ」やってて、タモリ倶楽部と
この2つの番組の時のタモリさんはいいけど
恩を感じているのかフジに出演中のタモさんはなんか、さえない感じ。

いまだ理解できないでいるものの中で活躍しても
自然と表現者は冴えなくなってくるのかも、観てる方の感じ方だろうけど。

またまた例の話で

「無口なウサギ」
このアニメ時々日本人が描いた?と思わせるほど。

画の中にもあるし、何よりも感覚のとらえ方があまりに似ている。
笑いのツボとか
行き過ぎた資本主義経済は同盟国としたらば当然なのかもしれないけれど。

病む部分も健全な部分もよく似ている。

なによりもカナダやアメリカのアニメで
「かわいい」に部類するキャラにはなかなかお目にかからない。
トムとジェリーのジェリーかその友達のひよこちゃんか、スヌーピーくらい。

チャーリーブラウンなどの子ども連にも「かわいい」には属さない。
ピンクパンサーもそうだし、
ディズニーアニメあたりは、きれいとか美しいとかリアルで怖い、の感想だし、
動物たちは擬人化しすぎに描いてあってちょっと個人意見としては不気味。

無口なウサギは厳密に言えば「ブサかわいい」だろうか?
私は断然純粋に「かわいい」という感じなのだけれど
「臆病なカーレッジ君」もチョイ似、いくら人気で及ばなくともウサギがいいのだ

シルベスター&トゥイーティーは音楽はいいのだけど吹き替えが最高に嫌なかんじ。
唾を飛ばすような話し方、舌足らず風に「ねこたん」とかいう単語
赤ちゃん言葉を動物にあてて使えばかわいくなるって思ってないから
吹き替えって本当に大事
「無口なウサギ」を録画待機中ちょっと思ったこと。ちょっとじゃないね

流行り物とロングセラー

韓国の歌手達には、日本の評価は検討されずに特別扱い
同じ土俵で勝負していない

例外少なく
国外の歌手だろうが人気の歌手となればファンたる者、
裏話から何から気になるもので(知りたい)独自で調べまくりは当然の行為。

日本の歌手たちの「ふるい」は細かい。だからなかなか第一線には残れない。
少なくとも日本人の眼鏡にかなう人たちが生き残ってきた。

歌番組での発言で、ふるい落とされる人。普段の行いでふるわれる人
油断した時の微妙な表情で、ふるい落とされる人。

歌唱力なんてあんまり重視されず。
人柄とか感じのよさは重要視。

韓国歌手などは日本語たどたどしく言葉やニュアンスでは振るいようがない。
個人的な情報もほとんど知ることができない、{神秘性は求めてないのに}
だから短命だしサイクルは短く、本人たちにも不幸。
同じスタイルと似たようなフェイス
「たぶん全員が良い人柄だろう」の だろう運転

今じゃTV自体が人気がないから厳選されないものばかりが溢れてきてるけど
「ふるい」がなくなったってこと

人気を死守するため幻想を捏造する芸能界。
だから最終的に芸能に興味がなくなる


正しい笑い

「微笑む」とか 笑うと、免疫力アップとか、笑うことへの効果はたくさん。

でも、笑ってるって人って当事者以外、意外といやな気分。
なんで笑っているのかわからないからだ。
{なんで笑っていたのかも聞ける相手と聞けない相手がいるもので}
わが事ならば、臆せず「なんでしょう?」当たりの言葉を発すべき。
まさか尋ねてくるとは思っていない卑怯者が多いから意表を突くのだ。

笑いって案外、陰惨な武器。
たまーに、正面にやたら笑ってる輩に出くわす。

「客に対して店員が」だから、あるまじき行為
店員同士、話しながらの笑いなので何が話し合われているかは定かではない。

笑ってるサイドの顔にも醜悪がはっきり表れる、やはり心が表現されているから。
笑いのせいで相手の顔もかなり醜くゆがんでいる。
嘲笑を浴びせかける本人の顔は醜いこと極まりない。

笑うことは人間だけの高度な機能かどうかはまだわからないが
双方の合意なしの一方的な笑いは、マナー違反であると同時に
争いを好む好戦的陰気な攻撃とみなされる。単なるへらへら笑い

免疫力アップするのは片方だけでもう一方はダウンする。

笑いは薬ばかりではない、毒もある。
相手が悪ければ猛毒。


そういえば昨日のTV「行列の…」面白かった。



安全な乗り物

いくら安全だといっても、安全な乗り物を作っても、
乗る人使う人がめちゃくちゃならシステム不具合の時、安全は保障できない。

日本の技術が何故世界レベルなのか
一つは
厳しい要求にこたえねばならない風土にあるからだと思う。

狭い土地ひしめく人口、
ひとたび事故が起きれば企業はつぶれかねない。
問題を真摯に突き詰め考え抜く企業
日本にいてのんびりできる猶予はない、
この日本の風土で鍛え抜かれた企業は強みなはず。

日本だけが自然災害の悲劇に見舞われているわけではないから。
厳しい状況に直面する日本から出て苦難から逃がれるのではずいぶんな差がつくような気がする。

これから先、災害、事故とシステムだけでなく安全に帰する日本人の姿勢も評価の対象になってくる。

流行に乗っかると非常にダサい映像として残るだけ。



季節とか無口なウサギとか

ずっと続けて運動しなければ。
ここから先は体調管理することなく健康なんてことはあり得ないでしょう。

汗ばむくらいの運動とか冬場はなかなか難しい。
空模様はいつもどんより 昔はよく雨が降るのじゃなかろうかと勘違い。

これが秋から冬場の空の感じで どよん、気分も勘違いしてどよん
夜は夜ですぐにあたりも暗くなって一時間は体内時計が狂ってるかな、
まだ19時なんだ~みたいな。

秋の夜長なんてしみじみ感じることなんてなかったけど忙しくなくなると
あたりの風景とかでようやっと気が付くもののようです。
季節の感じがそうさせるのでしょう

無口なウサギ わかったこと

TV好き、ダンスも好き、わけのわからないドラマ好き、
「クレヨンしんちゃん」に似てるストーリーもある
どうやら男の子のよう、だけどコスプレは女の子御用達、
編み物、お掃除、甲斐甲斐しいお世話して  超変(笑)

とにかく語らせるアニメなのは確か
ウサギさんが良い感じで書かれてる有名なお話は少ないなかで。

ピーターラビットは普通の男の子
「無口なウサギ」には泣けるようなお話もある。
リス君がいい感じで。ええ話やな~
名前がないから「ウサギさん」に「リス君」 ちょっと困る(笑)有名になりようがない?

人間以外声を出さないのも良い。

ダイエット 面倒くさいDVDの出し入れ

前回のハードディスクは、すぐに壊れたけれど、
アクオスは、わざわざ日本製と断ってあるだけあって?全然壊れません。

使用回数で仕方がないことなんていわれて高い修理代払ったけど。
アクオスは前の5倍近く使用しても全く問題ない。

シェイクダンベルのDVD、カーヴィダンスのDVD、無口なウサギの編集後のDVDと入れ代えが面倒

カーヴィダンスは主な動きを頭に入れて動くことに決めた。
おかげで2キロ近く痩せた。
やっぱり小食ダイエットでは停滞期は来るは、体調は悪くなる
体型はただ、しぼんだだけ、さえない見た目などの副作用ありだけど。

運動は痩せ方も全然違って良い。
年を重ねれば中年体型は仕方がないことかと思ってたけど、
姿勢も変われば、
くびれたり(かすかに)引き締まったり(そんな気が)もするもんなんだと改めて感動
続くかどうかが正念場
全く「あきらめないで!」です

運動習慣付くにはまだちょっとかったるい気分がある
運動大好きだった昔に帰りたい。

動物愛護 法改正

ペットを飼ってきて、今後の方針が変わった。

子ども状態の動物から飼いはじめないこと。
法改正なんて関係ない、飼いはじめるなら大人になってるのが条件。
これはペットの子育ては難しいと考える私の場合の意見

ある程度性質が決まった状態からでないと、うまく育てられなかった場合最悪になる。
だから、子猫とか子ウサギとか子犬とか見たとき
子どもサイズの小ささに「かわいい」とかは、思いはするけれど
ある程度育ったウサギでも、ネコでも犬でも充分かわいい。

というかむしろ、成長した個性の見える動物のほうが断然かわいい。
どんな子に育てるかなんて人間でも難しいし、
親が「こうだ、ああだって」仕向け「すぎ」て育てるのもどうかと思う。

ある程度どんな個性なのかが見えてたほうがその子を理解しやすい。
だから子どものころから飼うよりも、
「この子どんな子ですか?」って訪ねた時
ショップの人とか里親さんがこんな子ですよって答えられるくらいのほうがいい。

今後はそうしたい。
一度大失敗したことがあったから。
小学校で飼うことをやめたためウサギの譲渡が有り、
無類の兎ファンの親であると自覚有りの子どもは当然名乗り出た。

親に電話があるでもなく勝手に選別されダンボール箱に入って、我が家へ
やってきたウサギは相当な問題ウサギだった。白色で目は赤見た目はチロ

学校クラスの広々小屋から縮小され家庭用サイズじゃストレスなんてもんじゃない
小屋中暴れまくり、まったく懐かず とんでもないやさぐれうさぎで、大変だった。
こんな風に明らかに気性が表れてるのに選別する権利も失われのは
過剰な動物擁護者が譲渡される側に、当然あるだろうという良心につけ込んだエゴかと思う。
でも、ウサギさんには罪はないから、返品するわけにもいかず飼うことになったけれど。

暴れん坊ウサギも中には居るのだと改めて認識した最強のウサギでした(笑)


爆笑問題のたいへんよくできました

この番組終わっちゃうのもったいない。
以前やってた「太田総理」の番組はあまりいいとは思はなかったけれど

「太田先生」はなかなかいい
やっぱり経験した人の言葉は重いし本物だ。

先生は向いてるのじゃなかろうか教え方も面白いし問題の対処の仕方もうまいし
たとえ方もうまいからすんなり子供たちの耳に入ってくる。

最近番組製作者たち、面白い番組がなんなのかわからなくなってきてない?
なんでこれ終わっちゃうんだろ?ってものがあったり。
アピール不足

「雑学王」も。ネタが尽きたのかなそういえばこの番組も爆笑問題さん

特にファンではないけれど言いたいことはよくわかる。
ためになる人だと思った。
民営テレビこれで常に見てるテレビ番組は3本くらいになってしまった。

職場環境

もちろん全部が全部ひどいわけじゃない。
このお客からは何の利益も得られないと思っていても、
口コミとかのよい評判をこぼすもので

そこがわかっているお店とかは損になろうはずがない苦情にだって良心的に対処する。
上手な苦情対処で業績を伸ばす会社だってたくさんある

だから女性の場合仕事をしてないように見えて心配りや苦情の対処
そこからの仕事配分を考えて段取り良くこなさなければ仕事が山積みになる。

「苦情対処のような心配り」なんて仕事は目に見えない分、
はたの者には暇そうに見えてしまい次々と仕事をさせてしまうもので
そうしてそこで働くすべての年代の職員たちのバランスを崩し
ベテランだろうと新人だろうと上司一人の采配で「雇う」「辞めさす」を繰り返してしまっている。
微妙な働きをこなしている歯車もどんどん外す

働きたい人は山ほどいるなどといいつつ   「確かに」そうだ。
でも実際に入ってみればあまりにひどいので愕然としてしまう、
辞める人が多い会社は明らかに上がおかしい。

環境が良くない職場で誰が働きたいか
たとえそこの職場がつらいところでも上司の言葉一つでやる気も出れば
やって見せようという気にもなるというもので。

自らを振り返れないこと自体もう上司として無理というもの。

職場は観光関係

本県にはほとほとあきれる。
個人攻撃ではなく昔っから思ってきたことだけれど

以前の職場も怒鳴る、ヒスを起こす人格的に問題ありの社長がいたが、
今回の職場にもいましたがな。

聞いた話によれば、やりたい放題言いたい放題にもほどがあるらしく
卒寿まで行ってるのに周囲のだ~れも止められない。
そこにも、ものすごく問題があると思うのだけど。
こういう立場利用の権利優先が「なあなあ」の感覚でまかり通るのだ
これぞまさしく既得権益。

発言が現場優先でなく、全然わかっていない
男尊女卑セクハラ発言パワハラ、モラハラとすべてを網羅。
バリバリ幅を利かせて職場をかき回すのなんの。周囲が悲鳴を上げて辞める人続出。
短期間で何人辞めたことか。全く意に介さず

3年はよそで働けとの父の言いつけを守りそろそろ終わりの3年目。
後の子を紹介できないほどの、めちゃくちゃぶりだそう。

こういうことが、いつまでまかり通るのか、この県では。
とんでもない言いがかりを付けてくるおじいさんが県から表彰メダルをもらってたり。
県は保守的とか言われてるけど、悪い部分もあるでしょうに
ここももっとガラス張りにして、行動を表に示して、トータル的に見て評価してほしい
膿みを出さないといつまでもいつまでも古い古い古代思想、男尊女卑
しらふなのに酔っぱらいのように平気でたわごとを言う、県の体質どうにかならないか。



観光推進

ゆるキャラ「くまもん」かわいいです。
くまもんグッズは巷にあふれ、
仏壇もあれば、うちで購入では後で気が付いた醤油のラベルにくまもんが居たり。
くまもん発信の県の観光推進はようやく動き出したって感じです。

でも実物が一番いいのです、動きしぐさが
これ見よがしのかわいさとは違った、とぼけた感じがいいのです。

でも昔から思うこと熊本県って少し独りよがりなところがあって、
観光客よりもまず地元が盛り上がる、満喫する。
楽しんでるのを見せて「来るなら来たら」って感じ。
oitekiborinokankoukyaku
sorenikoreha tanosikotonano?

まとまりにくいとか、アピール下手とか自覚(自他共に)はあるようなのだけれど、
熊本ってこんなに名産品
(スイカ、メロン、梨、柿、栗、多種のみかん、マンゴー、イ草、米
今論議のたばこ、多種多様の野菜類ざっと考えても書ききれない、)とか多いんだ! なんていう
こちらから思うと「えっ!しらなかったの?」と思うような感想言われるし。
何でもあるから逆に[サービス精神]が出遅れたって話も聞いたことがある。

他県の進んだ観光見て(宮崎、鹿児島の観光客の迎え方)
井の中の蛙状態の観光が、変わることに期待したい。


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード