子役、特別扱いのなれの果て

ラジオを聴いていたらCMが流れてきて
「かわいい」時期は短いから今のうちに思い出づくり」みたいなフレーズ

子どもに対してなんて攻撃!(笑)
子どもの頃の誰しもあった「かわいい」(特別扱い) の連発時期、
自然に出る本当の「かわいい」から
社交辞令に、きめ台詞、話題が見つからないから話のとっかかり、子どもだからとりあえずと。
本当にかわいい場合は抑揚と表情、感情表現で見抜き。
でも、見抜くのは大人

当の本人にはそれが社交辞令だなんて思う知恵もないから鵜呑み。
かわいい振る舞いが調子づいて、ちょっと芝居がかってきたりして。

そうしてその時期が終わる。
急にくる、「かわいい」の言葉かけ回数が減る、極力減る。
さみしい、漠然と感じるこの寂寞感(笑)
でもこの一時期が子供の成長を促す残酷で悲しいけど大事な経験。

それが無理やり行われ続けられるのが芸能界とか、どこぞの世界。
文字通り「かわいい」を連発され踊らされ、終いは自ら進んで踊ってしまう。
子ども自らは子どもの時期だから判断がつくわけがない。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード