一年前の番組かと思った

「イッテQ!」の番組久しぶりにちょっとだけ観た。
例によってイモトさんに酷いことをやらせてました。

背中に火をつけてバンジージャンプ
プールに水が張られてるから背中の火はそこで消える
にしても、スタジオは爆笑なんですね。
正直全然笑えないんですけど。
未だにイモトさんの扱い、あの立ち位置で番組当初と同じ様な内容で
引っ張り続けていたという懲りない面々
即良く見てるビフォーアフターに切り替えた。

国柄で面白いと思うツボが違うように日本は変だ。
ブータンの王様と王妃が日本でイメージを壊さなかったか、

格闘技をご覧の時も投げられる人を見てさえ顔を痛そうにゆがめられておられ。
日本など女性が強制的にバンジーさせられる図、
嫌がれば嫌がるほど笑いが起こるなんて。

いじめじゃなくてなんなのでしょう。
こうゆう構図学校とかでも、ままある光景。

お笑いでお金も発生しないのに嫌がることをして、させて、げらげら
醜すぎてとても観てられない
さげすみの目の実行の最中に、どんなに醜い顔か鏡を向けてあげたい。

今の学歴社会考え直さないといけないのに

今の世の中で日本中を席巻してるのはトップに立つリーダーたち。
世界にも非難されるよう日本企業(社会)の在り方は保守的で相当におかしいのに
問題提起しても 結局元の木阿弥
元の鞘に納められ初めからなかった話、挙句に亡き者として扱われる。
問題提起はある部分間違いないことを言っていようと

田舎の県には、現存する保守王国(会社)が点々と存在していて
古頭任三郎が時々太古からの(いにしえ)の権力を振りかざす
見えない刀を振り回す、見えない分、恐ろしい思いをする。
そして結局黙り込むしかなくなる、もう何年も続いている社会形態

挫折知らずで、ある意味世間知らず、相当に偏った教育制度で育ち
そんな欠陥ありの学歴社会でトップに立った者たちが日本を牛耳る。

そうして採用者は自分に似たリーダーを探し出してその社に据える。
だから狡賢さが最初から要求され、そういうサイクルで日本はぐるぐる回ってきた
目が回っているので、誰もが足元がふらついてなにも言えない。

子供の頃持っていた社会を変えようなんて輝いていた目は
もう、とっくにどこにもなく骨抜きの姿で、何も考えず
いったい、この日本で地位があること高給を取ることが本当の評価なのか、
考えてもどうにもならないと狡猾さが生かされる社会を運営し続ける。

何の希望もない記事になってしまった。
でも、日々誕生する中で個人尊重、他人を思いやれる理想の会社を立ち上げ経営する、
起業家達は素晴らしいと思う。


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード