運転事故に共通は道幅じゃなく原因は無責任と思う

男性の運転の上手さは、子供の頃のブーブー遊びが功を奏してる。
動かす動力に詳しいし、車に興味があるからうまい。
今の車の状況の車輪の位置とかにはかなり詳しい。
妙になれたバックでのハンドルさばきスピード車庫入れ、
早いは良いけどカッコつけて危なっかしい速度。
そんな感じで、スピードが上手さのバロメーターと信じて疑わないと言う慢心が凄い。

自信いーっぱいだからスピードもいーっぱい、
げんきよーく事故る。

日々の運転手の数で男女差はないくらいに見かける
仕事での運転、我が家の配達担当の人は女性ドライバーだし。

昨日の運転手は男性、軽トラで爆走、この人、前方の赤に気が付くのが遅く急ブレーキ!
危うく追突されそうになった。
ルームミラーで表情を確認
ちっとも悪いと思ってない顔、むしろ怒ってるような運転

恐ろしすぎて追突されないように気を使いつつ左折、
道を変え遠回りしたのに先の道でまた出合った。
(信号に引っかかってたみたい)
この時もなお爆走中。
この人、「気は確かか」と思うけど、本人おかしいと思ってないから、
爆走しながら去ってった
誰か教えてあげて、謙虚さを失ったらどうなるのか。
反論がすごいから誰もが押し黙る。
だから、誰も意見しなくなる。
そして野放し。

信号待ちで出入り口を詰めて←(詰めるのはいけない事)しまって
前が進みだしても、心が狭すぎて絶対に入れようとしない運転手。
車間感覚のなさ
これは、女性にも男性にも多い。

ここからはおふざけ
車間を詰めてくる車程、下手くそだと思う、車のリア部分から
後ろ向きにマジックハンドでも出してぐんぐん迫りくる車を
これ以上近づかないように後ろへ下げてしまいたいくらいだ。

エンジン掛けてる時だけ磁石のS、S極とか利用した車
造ったらいいんじゃないかとか、車の前部、車の後部に互いに反発極。
反発極同士でこれ以上寄れないというもの。
これで車間を保てたら良いのになんておバカなこと考えて、話し合ってた。

でも、寄り付かれて反発で前に弾み出てしまうだろうし、
何より駐車場でS、N極でくっついてえらいことになる(笑)
車のお団子
磁気自体が車を壊す?そういえばマグネシュウム合金とか、今話題。

他人ごとではありません、
無事故無違反を続けるべくとにかく初心を忘れずに、戒め
安全運転を心がけようと思います。

厳密に言えばとこのところのご時世、ますます人の運転は信用できない。
人や物を検知してブレーキの掛かる車を改良し検証しつつ早く造って。

感情論ではなくて

今回運転中、児童へ突っ込んでの死傷者を出した事故
無免許の上、居眠り
次々にありえない罪を増やしつつ、なぜか罪が軽くなってしまった。

感情論で裁いてはいけないと言うようなことを
どの弁護士もことごとく言っていたようですが

感情論ではなくむしろ冷静に考えても、罪に罪の上塗りしたにもかかわらず減刑される形。
「無免許で車を運転」はどんな罪?
とりあえず運転は出来ていた免許証取得後の免許はく奪事案ならまだしも
このケースの場合、完全な無免許で。
乗るのなら緊張の運転になるはずなのに。
今ではゴーカートくらい簡単に動く車だから
猫も杓子も車の運転はできる、運転において何が重要かそれは規則なはずで
にもかかわらず運転してる。


居眠って…
自分がハンドルを握ればどんなことになるか緊張もしないで運転した、
ふてぶてしさの果てのこの結果。
の上、わざわざ疲れてしまうようなことをして…何より故意としか考えられない
こんなことをすれば、どうなるのか、
いくらなんでもわからなさすぎ、、今まで何を学んできたのか。
一晩中運転していての突っ込みだから危険運転には当たらないで過失だという。

最近の全ての事件に共通なのは、緊張感の無い無責任な人ばかりが罪を犯していると言う点。

罪は罪なのに「情状酌量」は反省猛省が少しでも相手に伝わった時。

結果を考えることのできる(幼児でも理解する)居眠りに繋がったのは「故意」と取れるはずだけど、
少なくとも私たち運転手はそう言われる
「どうなるかわかってるんだろうが!!」と言う叱責を受けるのだ。

犯罪者が故意にいねむり運転し出したらどうする
日本には矛盾だらけのへんてこな法律ばかり、
改正していかないと弁護人の詭弁も相まって被害者の遺族は泣き寝入りさせられる。

アボカドはうまいですにゃ

サニーレタスちぎって、
薄切りサラダ玉ねぎ、きゅうりのスライス
アボカドは剥いてざく切りレモンで和えて
有ればカニ缶スープも少々とか、なんならハムも入れちゃって軽く混ぜ合わせ
薄切りのスライストマトをトッピング

味付けはポテサラ同様塩コショウマヨネーズで。
ポテトの代わりにアボカドでちゃっかりポテサラクラスの食べ応え

アボカドは森のバターと言われるけれど
ポテサラより爽やかで、これなら食欲が無くても結構食が進みます。
アボカドは時にペースト状で色んなブレッド類サンド物で売ってたりしますが
個体を感じられる方が好みです。

アボカド狙いで注ぎすぎて…いかんです

朝一目にした映像は

今朝見た気がした小熊射殺は幻か?
ところ変われば抱っこされたりかわいがられる、くま。
また見た目、白黒熊だとかわいがられる。
ひとたび黒一色とか白一色で人間より強ければ恐怖の対象。

将来ロボットスーツでも開発されて襲われようが何しようが
噛まれても甘噛み程度に感じられる未来服が出来て着用できる日でも来れば
ヒグマも「かわいいかわいい」ってもんなのでしょう。

自分より大きくて強いものが存在すれば脅威でしかない
上には上が居る強い生き物からすれば熊なんてのは無力な弱い生き物の部類にもなったり。
ネズミから見たらば蛇なんかが脅威の生き物で
でも本当は人よりも大きいとか力が強いだけが脅威じゃない
よく知れば世の中恐いもんだらけ。
全てになんて対応しきれないけれど、浮上した事件はその中のただの一件
想定内だと騒ぎ立てられる。この事件一般人には想定外でしょう。
囲いの隅に雪が積もってクマにとって脱出可能な良い登りスロープが出来ていた。


不条理なのはいつも人間が基準
だから熊は、力は弱くとも「熊から見て→」最終的には恐怖の思考をする人間に
文字通りの動物的勘が働いて
命がけの抵抗をするのかも。

だけど動物として観覧料を取り見ていただき
そこに囲ったのも人なら、全てが人間の采配で今このようにあるとおもうのに。
クマが理解をするならなぁ、
そう思われているであろう、やっぱり野生のクマは恐ろしいと思う一人間の言い訳。
共存共栄は自然ではまず無理で、囲いが堅牢であってこその共存可能。

つくづく野生に暮らすクマと理解し合える(襲わない)
野生生物学者のリン・ロジャーズ氏が凄すぎる。

低反発マットレス

通販で失敗したからと言って低反発否定派ではなく
使ってます。
西川の低反発マットレス、これは良い。名前は何だったっけか?
通販の物のように柔らかすぎず。
しかも一万円もしないで買える。
敷きパッド型で四隅にズレ防止のゴムバンド付

難点
硬めの低反発でも、薄いシーツくらいではだめで
低反発の特徴、やはりちょっと暑苦しい。

またその上に薄めでもしっかりした作りの敷き布団(季節に合わせたパッド)
を掛ければ(乗せれば)硬すぎず柔らかすぎずの調節ができる。

腰痛は、腰部の沈み込みは絶対にアウトですので
今のこの敷き布団形式で何の問題もありません。

CNチャンネルで「無口なウサギ」放映中
「ベティ・スー」ウサギさんは変な羊のほうがお好み(笑)
無口なウサギ「Untalkative Bunny」のシーズン1が観たい

起き上がれない敷きマット

通販で買った敷きマットこれが失敗。
アメリカ人の会話形式で始まるTVショッピング

良い商品なんだと信じ込んで買った、買ったんだから良いものだと信じたい
低反発がゆる過ぎなのか、時間と共に徐々に徐々に体が沈んで行く。
最終的に底に付いた感さえある寝心地も悪い。
「フカフカ」は短時間ならいいのでしょうが、底に到着したらば痛いし人型のくぼみも完成
寝返ることもままならず、
まんじりともせず朝を迎える羽目になる前に引っぺがすことに
睡眠時間が長くなればなるほど明け方の体の痛みもさることながら
沈み込んだが為の起き上がりが大変ですから。


マットの海に溺れて、じたばた
反動をつけないと向きを変えたぐらいでは起き上がることができない
そのうえ、腰部分が深く沈むので腰痛は発症するし

これこそ、すごい勢いでお蔵入りした商品。
ずいぶん前に買ったのですが難点は少しは解消されたのでしょうか
今でも「何万人愛用者」って使ってないし、人数に含まないでほしい。
夏なんか暑苦しくって大変

重い言葉をさらっと言いました

「今度生まれ変わったらっていう人が居るけど私は今度生まれ変わる予定はありません」
このCMに少なからずショックを受ける。

一方から考えれば「この人生を悔いなく生きます」って宣言かもしれないけど
まだまだ先ある人生さわやかに言い放って大丈夫か。

たとえば、子供にこのCMの意味がどういう意味かと聞かれたとして
性教育を話すくらい難しいテーマ。

聞きようによれば、神の采配である生まれ変わりを
神の領域を超えてきっぱり否定したって感じ。

そういうことが言える段階に有る人は一握りでしかなく
ある程度今の人生に満足してる人じゃ?
出だしからくじいてる感ある人生走者もたくさんいる、、私も。

いろいろな障害を乗り越えても乗り越えても多難であれば
「せめて来世は」の生まれ変わりの言葉に励まされるというものだし
今まさに罪多き人生を送りつつ罰を受けるでもなく生きてる人にも、
輪廻の否定と取れる言葉はCMにしては重たい言葉を軽く流し過ぎ。

大桃美代子さんの「PAC3配備は武力行使」発言にも驚きましたが。
恐いもの知らずの北朝鮮を韓国でさえ脅威と思っているのに。

体に聞く

ついついやってしまうのが、食べ過ぎなのだろうけど、
それ以前に味覚が次なる食への追及になってしまってる。

つまりは、おなかに尋ねていない、
おなかが空いて食べているならこうも気分は悪くはならない(笑)
美味しい食事の定義「食事前グーグー鳴るのが最高の調味料」

ほかで言うなら運動したい欲求とかも。
汗をかいたら気持ちが良いとか、
今の子供たちの中にはその感覚がわからない子もいるようで

これも食味優先のせいで動くより「食べたい」の勝利のせい。
年を取るとこの域に再び入ることに、
動きたくても年には勝てないお年頃、そんな世代がやって来る
そうならないように体に尋ねながら

分離した他人のように「本当にそれ美味しく食べてる?」って身体に尋ねてみる。

年齢当てクイズ~

以前、何かの集まりでもう少し親睦を深めようみたいなノリになった時のお話。
こういう時、何かのアトラクション的なゲーム(余計な事)を考え付く、、人が居る。

その当時流行のもの。
で、いきなり始まったのがこの会のリーダー的役割の女性思い付きの「年齢当てクイズ」
うれしそうに「年齢当てクイズ~」と絶叫したかと思いきや

何かしらないが順番に年齢当てが始まった。
日本人くらいでしょう平気で年を尋ねてくるのは、海外じゃ怒られるしそれがエチケット。
いくら「若く見えますね」の褒め言葉を用意してようが案外予想外、絶句する時もあるでしょうが
見え透いたお世辞で切り抜けられないくらい予想通りとか。表情に出てるし

ま、それはともかく以前のわたくしは年齢不詳的容姿をしており若く見積もられておりましたが
しかしこのときは主人もおりまして、状況が悪すぎる。
ふたりしてこのゲームの餌食に。
わたくしらは年の差カップルでして今では「ふーん」というくらいのレベルでも
当時は
「へ~」くらいな勢い。
いまの20歳とか離れてる人たちの足元にも及びませんが

当時は若かったし、うっかりはじまってしまったゲームに口をはさむことはできなかった
特に言いたくもないことの二重の発表。
当事者に言わせないで当てて発表させるなんて
当てた後、余計なことに「すごいでしょう?」の感想まで言うゲーム発起人

あのゲームテレビでこそ大流行でしたが、
あれは好きこのんで自ら「当てろ」「当ててくれろ」っていうノリの人たちが出てるのであって
テレビに出られて目立てて、うれしい、楽しいって自らにメリットのある人たちなんです。

好奇の目にさらされることを知ってかしらでか←知ってか知ってか
相談もせず始めるなんて。
だから自分で書くときは書くという自分認可のブログなら良い。
もう年を気にする乙女でもない…と言うわけでもないが

ハムちゃん天に

ハムスターのじゅじゅが4月1日に天国に

娘は新学年準備期間につき帰省中、しかし履修届に不備を見つけ急きょとんぼ返り
まるでじゅじゅの為にだけに帰省したかのような日程
ひとしきり泣いてお別れの時。
お庭に花を添え
「今までありがとうね、そしてごめんね」
充分にしてあげられなかったかもしれないけどずいぶんその存在に癒された。

娘の帰省時間ほぼ半日の間の出来事
日曜日だったので餌をあげただけ、ばたばたしつつ出掛けたり
朝、ちゃんと様子を見ていればよかった。
午後のぞいてみたらまだぬくもり残るけれど…

昨夜まで、ご飯を催促に二階から降りてきていて
一回り小さくなっていたけれど勝手に元気と思っていて、
ハムスターは弱っていても元気そうに振舞うし、毛並みもきれいだったから

本当にわからない。

ちょうど4月で2年。脱走は二回
一回目は餌につられて自ら帰宅
2回目は足かけ5日間の別荘長期滞在(ほぼ絶食みたいなものです)、
生きて戻ってきたのには正直驚きでした。

「散らかし屋」でしたが手のかからない静かで穏やかなじゅじゅでした。

ダストボックス

今までもダストボックスは指定のごみ袋がセットしにくくて毎回イライラ。
ごみ袋を外すとごみが漏れ落ちていて、またまたうんざり

冷蔵庫、レンジ、うまく組み込まないと決まったサイズでは入ってくれない。
スタイリッシュな、シンプルヒューマン社のダストボックス
スリムタイプなのでピッタリ。
足で開けてごみを「ポイ」するタイプ、ゆっくり蓋が閉じることで煽り臭も無い
重くなっても移動もキャスター付きで楽だしロックもできる。

少々高い買い物だったけど何回も買い替えることになる
使い勝手の悪いごみ箱よりずーっとまし。
イライラすることもないし、

最近の会社
アイディアの出し方がどうも、おもちゃっぽくてせこい、日本の誇るカメラの進化たるや
進化??
もはや、自分でない「誰?」を取るカメラが「売り」らしいけど、
プリクラ屋さんって
楽しい気分で
ワイワイ撮る特別な現場。それを家庭用にする必要があるのかな
お化粧ができるのはまだしも
「眼を大きく」とか「輪郭を細く」とか実物写真の信ぴょう性がなくなるだけ。





プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード