男子も選ばれるステージに立ってみたら

やっぱり羽鳥さんはツッコミを担当するより小さく小ボケてた方が印象が良い。
昨日の「マツコ有吉の怒り新党」

怒りが少なくてちょっと物足りなかった(笑)
公共の場ですぐ靴を脱ぐ人のお話。
靴下と靴どっちが、バイ菌かによる。
個人差が有ると思う。
靴より汚そうな、におい立つ靴下履いてる人、靴脱ぎ厳禁

番組の中でも取り上げてあったかわいく見せたいのか、おバカを演じる子。
まあ、世間一般皆が多少はしてること、生きてく上での挨拶、した手の媚媚術。
幼稚園レベルをみんなで演じておバカな国造りに一致団結。
おバカを封印し損ねて望まないおバカな国が出来上がってしまう。

AKB48とかおニャン子とかあの手の商売手法、女子がかわいそうで見てられない。
最初は進んで望んで、入るのでしょうけど、

一つの会社みたいなもので。
慣れて、そのうち社長のやり方とか社訓に合わないところもいろいろ出て来るころ
ファンも増えて来るので進退問題も命がけ。
たとえばモーニング娘なんかと比較してもみんな打たれ強そうだし、まだ媚が大人な感じの分
印象が違う。
それでもこの時代に未だに女子の特色を生かした商売をするのならそこは平等で。
採点方式、男子も経験したらいいのにと思う。

そうやって人に点数付けて評価していつも選んでばかり居ると肝心な自分を見失うと思う。
男子が苦手な事、外見だけじゃなく客観的に俯瞰で自分を見てみること。
意外な所が良いと指摘されたりして。

スポンサーサイト

今の芸人さん達、意外と生活に窮してるから視聴者よりも

最近のツイッターって2チャンネか、それよりもっとひどいと思った。
あのサイトって「なんとなーく」の流れが出来る。
特定人物の個人批判が書かれてるともう非難一色、ちょいと入り込む異論は隅に追いやられて
正当化するための意見で埋め尽くされ酷い時はその人がターゲットにされる
「どこが」いけないとかの短文ではなく。
本当に限られてる文字数の短文で、その人物を全否定。

キモいだの宇宙人みたいだのほとんど便○の落書き状態。

でも、話題の人物ってなぜああもテレビ等で挑発的発言をするんだろう。
だから、そういう心理になって書き込みたくなる気持ちはわからないでもない。
カッ!となってサッ!と書く。
一呼吸置くようにしてる、だから新鮮市場のツイッター私には意味がない。

長文でも誤解されるときはされるが、短文ではなおさらと思う。

あの世界(芸能界)にいる人たちはあの世界で揺るぎのない縦社会の中にあるのだから
ある程度いる自分を嫌ってる視聴者の罵声や誹謗中傷を低く見積もっているというか
視聴者自体を二の次と思っているので耳を貸さないのでしょう。
今は、マイナスでも視聴率が取れるという悲惨な時代。


不正受給騒動でほくそ笑む政治家たち

別に河本準一さんのファンでもなんでもないが
この生活保護不正受給問題、支給当初は不正じゃない
こんな世の中では無かったらこれほども問題視されなかったでしょうが、
芸人さんの生活不安定は世によく聞くお話。

芸人さんなんてこの先どうなるかわからない、なんの保証もない。
ましてや膵炎で入院、げっそりやつれてテレビ復帰
(急性膵炎って難病指定だったような)
先々を不安に思う気持ち分からないではない

でも不正は不正。
「擁護しない派」の人たち身の回りに助けねばならない人はいないの?
親族3親等までが助ける範疇だそうですが。


何が不快かと言うとこれを自民党の片山さつき議員が問題視したこと、
このかた政治家でもあり経済の専門家、有名度でも信用の失墜でもない限り生活は大安定でしょう。
ワンワン叫ぶのが職業だから。テレビでは独壇場

この構図まるで、東電のやり口に似てる、自分たちトップに立つ人間は何も削らない
だだ民間に呼びかけて
「あなたたちの税金が不正に使われてますよ怒ったらどうですか?」
「東電はあなたたちの家庭用の電気料金で成り立ってます怒ったらどうです」
と言ってるのと変わりがない様に民間が民間がと聞こえて不快。
材料も一般人で間に合わせ、その双方で「ずるい、ずるくない」の応酬をさせる。
日本国民同士でただでさえギスギスしてる上に仲たがいさせるつもり?

トップたちの思うツボ
しめしめ底辺でもめ始めたゾ

社会を変えるのは政治家でしょうに何もしないで民主と自民の一騎打ち対決ばかり見せられて
ヤジ飛ばしの国会押し問答大会
政治家の給料こそ不当受給と思う。

ペンちゃん野良生活に疲れたか

脱走ペンギンの(面倒くさいので勝手に命名)ペンちゃん、ついに捕獲。
この一部始終のストーリーは3泊4日の間居なくなったハムスターのじゅじゅ
と同じ心境だったんじゃなかったかと推測(笑)

自由を謳歌してはいたもののいつまで泳いだって仲間はどこ探しても人っ子一人
もといペンギンっ子一羽見つからない。

ペンちゃんの思い
そろそろ自力での餌取りも疲れてきた、昔なんて人間に手渡しで餌もらえてたのに
そんな、飼育員=餌やり人(びと)←ペンちゃんからしたら、も見当たらない。
近づいてくる人間はなんか違う。危険かも。で、しばし逃げ回る生活。

でも、そろそろほんとうに疲れてきた仲間にも会いたい。
そうこうしてたら自分を捕まえようとする人が、飼育員さんかも?
一か八かで捕まってみるか、この生き物=人間、に酷い目にあったことはなかったし。

この後、小さな檻に捕獲されたペンちゃんは不安が隠せない様子で、首をすくめ
仲間に一番会いたいのでしょうが
よりにもよって人だらけの記者会見場。
精密検査受けてから園に戻される模様。

ハムスターじゅじゅもこんな感じだったんじゃないかな、
案外あっさり自分から捕まえてくださいって感じだった。
自由体験してきたペンちゃん。

長崎県では園のペンギンたちが飼育員さんに促されて自由に海に入ります。
「ふれあいペンギンビーチ」世界初だそう。
しばし遊んで園に戻り、人なれしたペンギンたち。
ペンギンのテリトリーは意外に狭い?

こんな飼育が出来たら最高。
上からのぞく泳ぐ姿のペンギン、なんかウミガメに似てる

市場操作

市場操作が止まらない。
政権が民主党になってから民主党こそ出所がそうだからそういう手法が蔓延。
民主主義経済の弊害、本当に価値のあるものかどうかわからないものを過大広告
センセーショナルな売り出し方で発売時5人の利用者だろうが
「爆発的ヒット」の文言に騙される。
やがて嘘は真になりその時点では嘘をついて得た実情は時間が消してくれていて
消滅証拠不十分でお咎めなし。確かにヒット商品変貌してる、
そしてまたその多大な商品の購入者による(もともと過大広告だもの)実害が出だして下火に
この繰り返し。

こんな小手先ばかりをやってるから全然新しいものが生まれてこない。
今ある物を売りたいがために在庫処分的発想しかしなくなって
マスコミも政治家もみんながみんな血眼になって商品に付随させたいセンセーショナルを探してる。

小沢さんを一部キャラ扱いしだしたマスコミ。
面白がってるとしか思えない、それに便乗する自民党。
視聴率をしのいで、支持率をしのいで、、るつもり。

また当番する日になんと言われることか
はたまた当番の日は来ないと踏んでいての強気か。

東電自体に実害の出ないシステムをこそっと行っている、現在進行形。
民間を馬鹿にしてるというか卑怯
ふてぶてしい。美味しいシステムにニヤつきを隠せない東電
せめてもの家庭用風車を普及させるとか抗いたい。

ヒップホップ意味とか発祥とか

「月曜から夜更かし」でダンスが必須になったことについて
踊りのスペシャリスト?の関ジャニ村上さんのダンスに対しての考え方に激しく共感。
「ダンスはセンス、うまいと下手では雲泥の差がつく(初めからある程度の差が付いてる)、
ジャニーズにもおんねんな~(踊りが苦手)そんな子が
あんまり下手だといじめられると思うねん」
みたいなことを言っていて。下手だと確かに僻むだろうし引け目に感じると思う。

しかも何で先生がヒップホップ教えるわけ?
発祥も意味も日本と全く関係が無いし体格の違いすぎる日本人が躍ると恰好が付かない。
いつも、ちびっこギャング養成講座?とか思ってしまう。
ダンスを自己満足で踊ると悲惨なことに。

徒競走などで順位を付けない最近のへんてこな物の考え方意味が分からないと思っていたけど、
ダンスはいいわけ?これほど優劣の付くものはないのに。
徒競走でさえフォームがおかしいと笑いを誘うことがある。
でも走るだけで動きも単純、すぐ終わる。

その点ダンスはそうはいかない、踊りが苦手な子は音楽が終わるまでそして覚えるまで
文字通りの踊らされる羽目に。
マイケル・ジャクソン、ジャスティン・ビーバーメインボーカルのかっこよさたるや。
このくらいの域に来ないと、さまにならない。

日本って小さな国なのに多国籍軍で、節操がなさすぎ、グローバルとか寛容の意味が違う
日本の伝統軽んじ過ぎてる。

日本流のヒップホップはメイン無しのおんなじ踊り、ニワトリさんの餌の時間みたいな
カクカク踊って首にも悪そう
ただ技術オンリーの競い、全然美しくは見えない。日舞でいいでしょうが日舞で。

個人的感想です。

国会はトーク番組?

国会中継を聞いてるとトーク番組かと思う。
して、真剣に聞けば聞くほどお笑い番組かとも思えてくる。
民主党がボケれば自民党がツッコミ
自民党の町村さんなんかすごいツッコミ上手で。
ほぼ、真っ当に聞こえ言い逃れようがないので、今は、窮地の民主党。

政治家っていつもみんな「うそつき」とか言われて、野党になると忘れるみたい。
職業病としては嘘が上手くなって詭弁も上手くなって
まるでマジシャンのような言葉の魔術師が政治を牛耳って日本が壊れかけたことも。

見た目若いとか背もそこそこお顔もそこそこ有って
後マスメディアの押上げが有れば何人でも何人でも底なし沼から
有望そうに見えてしまう政治家が出てきて
文字通り沼ですから
沼の底から足を引っ張られて、思うような政治ができない。

国会中継自体が不毛な時間、時間稼ぎの言い訳の場な気すらして

ブログネタが迷走中

真相が明るみになってわかること。
躍起になって攻めたてていると後日真相が露わになって擁護の対象を間違えてたことに気が付く。
被害者は元をただせば、おかしな事件の発端人みたいなもので
どこら辺で事件が発覚したかで加害者の様なものなのに被害者扱いされて
「お気の毒」とか気遣われてる。

そういうこと今までもたくさん、シャレにもならない事件もあれば
巷のお話で最近のことならば二股交際、例のお話
スペシャル番組に出てきてあんなにしゃべってたら、矛盾も出てきて
いくらなんでも、わかられます。
なんか、どーも割って入ってぶっ壊した人っぽい。
でも似たような波長で集ってる感満載だから楽しそうでいいと思う。

この心理で早々に答えを出したがる推理流行の日本では早とちりの誤認逮捕が増えるでしょう。
名推理のお手柄扱いで「何を今更と」引っ込みつかなくなり
絶対にこいつが犯人と仕立て上げて後に引けず、これが今の警察の失態の真相と思う。

お茶の間捜査官と心理状態あんまり変わりがない。

そういえば、金環日食見れず仕舞い。
夜間は強風、朝方日差しに一縷の望みで飛び起きたのに雲にさえぎられて…
その雲の退かないにもほどがある

ピリピリムード厳しい目で見てるから

韓国のタレントさんで好感持てるのは
魚ちゃんとイ・テガンさんくらいでした。
イ・テガンさんは福岡放送のTVで見かけてた、関東近辺で活躍中の韓国の人たちよりずっとまし
日本語うまくトークも聞けるし、顔にも個性があるから

と、思ってたら整形してた魚ちゃん。
また個人的に好感度良しの韓国タレントが一人に減ってしまうのか
日本語がとてつもなく「たどたどしい」まだまだタレント見習い状態なのに
いきなり「立ち位置良すぎるでしょう」のバラエティに出てきてトークを聞かされるのは難儀で
芸能人、人柄が全然わからない人を好ましくは思わないでしょう、それを見極めるのがトーク

で、チャンネル替える

(個人的意見です)

お二方ともちゃんと日本語話せるしトークでも一応高評価では?

こちらとあちらで言ってることに一貫性が無い、日本が嫌いとか日本批判とか言語道断。
心して進出してこなければ。
そこを、簡単に許す緩いディフェンスではあまりにプライドが無い


月曜から夜更かし
番組終了時 本人発言 マツコ「私ジャバ・ザ・ハットみたいになってない?」
録画ではなくリアルタイムで観てて夜中に大笑い、しばし笑い止まらず。

顔が似てるんじゃなく…
あの番組でのあの様子は本当にジャバ・ザ・ハットかジブリで観た何かに似てた。

電力供給

追記
MBS毎日放送女性記者と橋本市長の詳細なやり取り約30分を聞きましたが
マスコミのまとめ方は酷かった、あの編集は酷い。
今では橋本市長の言うことがもっともだと思っている。

連日、マスコミは電力供給のお話ばかり
関西電力結局試算では5パーセントまで下がった。
電力会社からすれば供給するだけだから、どんな節電をするかで数字は変わる。

この数字ってあくまで自努力、使ってる側まかせでどうにでも変わるのでは?
結局努力次第では足りる、、と言うこと。きっと犠牲者も出しての数字。
指さして「そこ我慢しましょうね」強い人からの強制

足りる方向で答えが出てるのはマスコミも同じ
この最近の予測のつかない天災、とてつもない猛暑だって想定してないと

想定内とか想定外論争は語る資格なし。

冷夏だったらマスコミの勝ちでいいけど、暑い九州で毎年苦しい思い。
万が一の酷暑を思う時、停電でもした日には身の危険
健康な身体で「今年は節電にアタック!」きらきらお顔で言われたって
万が一の不安は隠せません。
そういう流れなので今年はまだエアコンを使用してない。 

この書きにくい言いにくい文言、最近の主流で言えずにいる人たちがごまんと居る。


マッシュルームにはまる訳

もう終わったと思ってたら「無口なウサギ」やってました。
最近、マッシュルーム食材がクローズアップ。

私はと言えば、お箸と言う題の「無口なウサギ」のアニメでマッシュルームにはまりだす。
話の中でウサギさんまんまるマッシュルームのたくさん入った器のものをご所望
一生懸命食べようとしている。
(これ、いったいなんて名の料理だろ?それにこのお店中華なんだか和食なんだか)

お箸がうまく使えないウサギさんはようやっと挟んだマッシュルームを「つるんぽ~ん」で
連れのリスさんの器へと飛ばしてしまう。リスさんはスープを飲んでいて

思わぬ具材が飛び込んできたにもかかわらずリスさん何事もなかったかのように
マッシュルームをスプーンですくって美味しそうに「もぐもぐ」

ウサギさんはそんな棚ぼた方式のリスさんの無努力お相伴にげんなりしてしまった様子、
ウサギさんあきらめて次にピラフみたいなものを頼んで
お米一粒一粒をちんまりちんまり食べ始める、気の長ーい。
お米は滑らないのでだんだん上手に。
お箸扱いもうまくなったと言うめでたいお話、

番組見てたらマッシュルームがおいしそうでたまらなくなった。
私は最近
軸を取った丸まんまのマッシュルームに塩コショウにんにくとオリーブとかで味付け
オーブンで焼いた(最初フライパンで焼いてから)マッシュルームに完全はまってしまったのでした。

脱走ペンギン大海原でのらペンに

たくましい脱走ペンギン、大海原でめっかった。よかった。
「迷子の迷子の子ペンギンあなたのお家はどこですか~♪」
自分に似た者探ししてもきっと見つかってない。
絶望する前に生きるので精一杯か

ペンギンを探してるのは動物園の人、言うところの犬のおまわりさん
「泣~いてばかりいる」かどうかはどうにも分からず
あんなに広い海、人で言えば東京ドームクラスの部屋に一人暮らししてるみたいな気分?

うちで以前飼ってた脱走ハム「じゅじゅ」が3泊4日の脱走後、
生還した時は餌なしでやつれて戻って来たけど、餌が無いので仕方なく戻って来たって感じで

ペンギンは自力で餌が取れる、それか仲間が居る狭い餌つきの園内を選ぶか、
自然界の生き物にとって人間に守られてることが本当に幸せかどうか、
生き物を飼うときいつも考えさせられる、、、、、結局は割り切って飼ってるけど
広々自由な大海原だけど異種だらけ、仲間がいない東京湾、探せば見つかる希望を胸に?
ペンギンはいま何を思う

心中複雑なのは右に同じ。

天気予報は雨でした

最近寝入る前は暖かくてもだんだんと冷え込んできて
明け方はかなりの温度差になっていて肌寒い、今朝は雨で余計に寒く感じる。

陥りやすい失敗ダイエット
旅行前とか里帰りとか何かのイベント後、体重増加が必ずくる。

旅行から帰った後体重がキープされていて喜んだのもつかの間。
羽目を外してタガが外れて身に付いた「満腹度の上限」が高めに設定されてることを忘れがち

リセットできずにそのままいると
必ず旅行後一週間後くらいでぷくぷく太りだすから、怖い。

適量で満足まで戻さないといけません


最初から天候不良の予報は出てた。でもよく考えず無視して選んだ。
うそつきで何一つ信用できない政党。

何がダメってうそつきだけはどうしようもない。
市民をだまし、消費者をだまし、オオカミ少年政党
ここまで一糸乱れもせず全党員が悪びれもせず嘘を付き倒す政党も珍しい。
嘘から生まれる不安。要らぬ不安までまき散らす、
安心のためのワンクッションの為に付いた余計な嘘のせいで不安が倍増、そして疑心暗鬼。
今更何を言われても誰が何を信用するか。

企業の雰囲気といいますか

日本中、数多の会社がある中で自分でじかに感じることのできる物から、
漏れ伝わる情報の物から、踏み込んで見て初めてわかる社風とか

会社って同じ意志持つことでも共通、得意分野でも共通
その他にも、ある程度の共通性で集う。

で、某テレビ局のことで思うのだけど、
単にわたくし個人の妄想部分も多々あるのだけど今まで数多くの不謹慎な
問題ある放送を見て想像してしまうこと
あの局に入ると何故いじめ体質っぽくなってしまうのか、、、勝手に検証。

もう最早、スタッフから何から境界線なくいじめ体質が蔓延してるのではないか
会議でいじられたらその恨みつらみを番組内で晴らしているとか
普通は、放送されてる緊迫感から理性で抑えられることを緊張感無く「ぽろっ」と言ってしまう。
この局の強みだったバラエティ、お笑い、冗談の区別がつかなくなってる
境界線なく、はみ出してしまってるそんな感じ。

それが番組にも波及、異常性にも気が付かずそのまんまオンエア。
お叱りやら、苦情が殺到しているという
それに反応してかキャスターからコメンテーター芸人達にまで
表情にも
強調的に怒りや嘲りのようなものを感じてしまうのは私だけだろうか

だから、この局で見かけるようになると
本当にこの人は別テレビで見ていた人と同じ人か?と思うような
社風から来るものなのか
変な人物に染まってしまっていて印象が悪くなってしまう。





月曜夜更かし

マツコDXさんをテレビで見かけたのは
今は昔、情報番組福沢アナウンサーの「ピンポン!」の頃、
島崎和歌子さんとふたり街中ロケで食べ歩きし
「不可思議な存在感を醸してスタジオで座ってる人」そんな印象だけでした。

あのころは小気味よく言い飛ばす巧みな話術がほとんど聞かれなかったから。
それくらいの感想しかなかった。

でも今は、マツコさん出演を探すように番組見てるほど、
バラエティ番組でゲスト扱いの物より断然トークの冠番組のほうが面白い。
順応性の優れた人だから相方が変わることでまた景色の違う番組になるのだ。

この前、関ジャニの(さいしょ「患者に」と変換された、ちょっと面白い)
村上さんとマツコさんトークの「月曜から夜更かし」?だったと思うけど
これも見始めた。

村上さんってニキビのCMに出てるな~くらいであんまり関心がなかったし
それとミヤネ屋の宮根さんにそっくりな大阪弁しゃべる人って思ってたくらいの印象。
ミヤネ屋に番宣で出てて宮根さんと掛け合い漫才みたいに息が合ってて
さすが似た者同士仲もいいんだぁ(勝手に思ってるんだけど)ノリまで似てると思ったのでした。

発言力有る、あるお方は女性で居ながら女性を擁護しないどころか
「殿方」とか呼んでへつらい過ぎだし媚び過ぎてる、
結局才能あるものはそんな悪いことするはずがないと犯罪者まで擁護しだす始末、
女性で居ながら女の敵
その点マツコさんは違う、言ってることに共感できるし
女性以上に女性目線で女性擁護してくれる
頼りになる。


芸能界は魑魅魍魎

書けないけど  たまに、感じたりする、
芸能人ってテレビの露出度イコール人気者って形式だけど
たとえば芸能人Aにテレビ出演起用を働きかける人が、
その(芸能人A)人を本当に快く思ってるかどうかはわからない、
嫌いだけれど、おべんちゃら言ってはいっそのこと起用して
その芸能人の犯しやすい失態を引き出して人気の落ち目を陰で喜ぶ人だっているだろう。
多用されてる時こそ本人の自覚が大事、多用されれば早く飽きられる

表面上ニコニコして観ていたって業界で誰が敵やら味方やら、
バーチャル芸能界を妄想してみた(笑)


今の芸能人を見てると、芸なんて何にも無くて、
親からもらっただけの財産お顔の良さだけ引っさげて
ただ、ひたすらに「大事な人」の好感を得ることだけに奔走して、生き残りの法を見せてくれる。
この世界を見てると、ただただ処世術のお勉強コーナーのよう。

弱肉強食、年功序列、まざまざと見せつけられても日本独自の芸能界ここに有り。
一般世界と芸能界どこに違いがあるのか
それはカメラがあるかないかの差、金銭が発生するかしないかの差

人物の差なんか今ではほとんどないくらい、極めたような秀でた人よりも
視聴者が好んでるのが手の届きそうな等身大、
だって隙あらば芸能界デビューをもくろむ「はぁ?」な人はいっぱいいる、
等身大好みはちょろいちょろいの隙あらば派

テレビに安堵を求める日本人嗜好なら仕方がないのかも。
最近ではテレビに、驚きより安堵を求めてる。


久々の小旅行

大学通う娘が呼子のイカが食べたいなどと渋いことを言い出したので、
ゴールデンウィークは佐賀に決定。
いつもは、鳥栖のアウトレットモールに立ち寄るくらいでほぼ素通り。

こんな風にがっつり佐賀を旅行したのは初めて、なかなか宿が取れませんでしたが
なんとか、古湯温泉と言う風情ある宿が取れた。
宿の女将に母の面影も、、佐賀の人、
母は熊本が長かったのだけれど明るい大阪の人?的な個性も併せ持った人でした。
母の幼少の思い出話が、この地でよみがえる。
「お母さんが子供の頃、犬を飼っていてねよく懐いてた、
小学校へ登校するとその犬が毎朝ついてきて…」
なんていうお話とか。犬の名前はシロだったかな

夜も朝食も出て来る料理がとてもおいしかった、ただ食べ物三昧になるのが少々苦痛
何せ、翌日予定のイカ刺しを美味しく食べる用の
お腹を空かせておかなければなりませんので。

宿は奥まった場所、
佐賀が温泉で有名なことはあまり知らず、お茶もとてもおいしい。
母の第二の故郷でもあるが
訪れたことがほとんどなかったからようやく名所と県が一致。
今は亡き母なのにその地に
母の面影を見るようなそして呼ばれて来た、そんなような気持ちもした。
佐賀には何にも無いだなんてご謙遜、祐徳稲荷、唐津城、嬉野温泉、吉野ヶ里等々。
都会の喧騒に疲れたら最高の地だし、大自然、海も山もあれば拓けた風景がある。

初日の福岡の柳川ではクリーク、、渡し船に乗る団体客を見ただけ(笑)
満員だなんだかんだで柳川のうなぎも断念、柳川から外れたとこで手を打つことに
うなぎを食べる予定のお腹があきらめてくれなかった。

帰省日の「肝心要」イカ刺しにしても行きたかった河太郎は案の定満員3時間半待ちと言う、
ここもさっそくにあきらめて、入れそうなところで手を打ち、待ち時間に携帯で口コミを読んでおいた。
手を打ってばっかり
イカ刺しの味は美味しいものでした特に天ぷら、ただし店内の雰囲気は口コミ通りで(笑)
ちょっとあわただしい店内で店員さんたちがあわくってると思えばあまり驚きもしませんでした。

それよりも狭い店内を何度も往復して走り回る子供には「親は何してる!」
怒り新党の投稿内容を思い出した次第でした。お店の人よりお客が頂けなかった。

つくづく辛口の口コミは信用できるが、
異常なくらいの褒め言葉の羅列の口コミは文章からしてどうにも怪しい。
心の準備をすることで嫌な状況も回避できる、役に立つ口コミ。

虹ノ松原、松の大木の壮大な距離、車でビュンビュン進んでも進んでも松、松、松
ほぼ樹海、、樹海の先には本物の海
一斉に蝉が鳴いていて「もう?、本当に蝉?」と思った。
逸話、松原ではセミは鳴かないのだとか、でも春ゼミが居るみたい

唐津での山越えでは鶯は鳴いてるし
「ほーほーけきょけきょ」
おもしろい鳴き方、、間違ってない?とにかく大自然、わが熊本にも相通じるものがある。
ただ観光地でのもてなし方は自然に振舞えるプロでした。
熊本県で名物3時間半待ちなんて有名個所有るのかな?
観光客に淡白な接し方と感じるところが凄くある
黒川温泉とかは素晴らしいでしょうが
そういう全国区が知る名所をもっと作らないと観光としては
まだまだ成長できる未開の伸びしろが有る感じ

食べ物三昧と言う胃にも無理有る予定を立てがちなところを改めて
「よその地でただのんびりする」も満喫したいものです。








二股騒動合戦のワイドショー

この前、昼間のPTAドラマが面白くてフジを観てチャンネルはそのまま、
その後にある見たくもない
「知りたがり」をちょっとだけ観てしまった。

したらば面白いことに、すごい剣幕で富永愛さんが塩谷と言う人の二股を痛烈に非難。
わたくし的には名指しにも驚いだが、どうにも「ダメ男を作ってるのが男に甘い女達」
と思えばとても頼もしい発言で、でもそれでもあえてオンエアした背景には
ライバル裏局「ミヤネ屋」司会の宮根さんを意識してのあてつけ発言に取れて仕方なかった。

この逃げられない報道、ミヤネ屋はどう報道するかと思いきや
塩谷さんの会見が流れ作業形式ほんの数分で終わってしまい
現場のレポーター(いつも宮根さんと息が合ってないかんじの)の
肩透かしを食わされた当然なる憤りを
ただただ「おこり過ぎちゃう?」とたしなめような形。
日テレ女性アナウンサーまでが、好みの男性ほらほら言ってみなって宮根さんに促されて
「ダメな男ほど守りたい」とな。
世の中結構な人が対象者に。
「媚、媚の媚」発言しないでほしいもんだ。

だから、全然、二股を要した人間の人間性には触れず(そりゃぁそうでしょう)
蒸し返してもしょうがないが以前あったジャーナリストの二股さんを使用。
使用しておきながら挙句「懲りてない」とまで弾劾した。
確かに!!全然懲りてない!むしろ美学のように語ってた。
スタジオ司会者に気を使いすぎ(笑)

この司会者の、無罪放免的扱われ方のほうが社会的にどうかと思うけど。

フジテレビにはロンブーの淳さんと言う方がいらっしゃるおかげでますますおかしな構図

このかた、もっと忌憚ない意見をはっきりおっしゃったらいいのに、
目上の人の意見に「うんうん」ってえらそうな相槌打ってる声しか聞いたことない。

おかげで個人的にミヤネ屋がお株を上げた感じ、で、たまに観てしまってる。

小さすぎる使用上の注意の内容文字

ネット情報も文字。
しかも限られた経営サイドだけが出した情報だけで利用するのは恐いことも多々。
運転手の責任が全部環境のせいにすり替えられてる、
マスコミの煽動センセーション好きにも困ったもの。

商品を購入しようかどうしようかスーパーやら薬局で
買ってはいけないものの添加物やら薬品名がいくつか知識の中にはあるのだけれど
何せ文字が小さくて読み取れない。
それでも年齢の割には疲れてない時とか
店内が明るいときなんかは
裸眼でも、ごく小文字まで目を細めれば読むことができていた。
普段眼鏡は必要ないから持ち歩いてないし。
でもどう考えても読むな~読むな~都合が悪いんだから読むな~

っていうくらい注意事項を書いた字が小さい。

お年を召すごとに、小さい文字が見え辛くなるばかりでしょうに。
文庫本サイズくらいのルーペでも各所にぶら下げてあれば気が利いてる店、
正直な店と思うけど、きっとそんな売り方メーカーが許さないんでしょう。
都合が悪いことだから隠したい、なるっ丈なら読んでもらいたくない。

面倒なことだけど守らないと大変な事が、めいっぱいの極少文字で書いてある時が有る。

スペースが有ろうが無かろうが
文字が小さければ小さいほど信用できない商品って判断して買いません。


買わん。

エコっちゃってる、このご時世店内は薄暗いから判読が難しい。
この「文字が小さい」がために購入を断念したものも数々
娘と一緒だったら読んでもらうけど
偶然この記事書いてたらCNの「無口なウサギ」ではちょうどウサギさんが眼鏡を御所望のようで
視力検査やってる、眼鏡ウサギ(笑)
でも、ウサギさん視力は最高によかった。

同じです、文字用に掛けた眼鏡では、ぼやけて気持ちが悪いし歩けません、
眼鏡を外せはスタスタ。だから眼鏡を忘れてしまう。
そんなこんなでカード型ルーペは持ち歩いてます。

ならそれよ。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード