PTA活動に学校は親に頼り過ぎてる

もう子供と言う人質も卒業、時効だから書いてみよう

「七人の敵がいる」見ていておおげさじゃないって思った。
PTAって本当に大変。
子供を産み育てるのに躊躇し二の足踏んだ、一番の原因はPTA活動
姉妹の年の差のせいでそれはそれは長い間拘束された。
長い期間貢献させられたと言っていい。
人数に見合った期間も視野に入れてほしいものだ。

こんなご時世ってのもあるかもしれないけど今の学校の拘束と行事の多さたるや、
私の子供の頃はPTA会長、役員にしろ学校への出入り、今ほど酷くはなかった。
行事が多いせいで親同士がもめ
自身の病気だろうが身内の介護だろうが全く容赦がない。
「みんなそうなんだから」で一括され。
無神経な一言(人によっては本当に深刻)、話し合いの場でブチ切れた人もいたっけ。

たとえ体調不良で役員を免れても何らかの仕事はしなければならず
炎天下の日、学校の草むしりに駆り出され不調なことも相まって滴る汗、
もう少し続いたら倒れるところだった。
学校役員以外の活動でも子供会の役員がこれまた重労働
地区員もしかり。
pc使えて当たり前、表も作れて当たり前です。
出来たら配り、名前のたとえば川田と河田あたりのミスでも
今年の奴は馬鹿のアホのとののしられ、(元表からの間違いですから)
只働きの苦情処理。

私たちの通った学校、校内の草むしりは生徒と先生でやっていた
「草むしり大会」(笑)
だが、しかし「自分達の使う場のお掃除は自分達で」が教育では?
学校職員でやれることも保護者に任せて、子供かわいさの親の弱みにつけ込んで
揉めていようが面倒事にはノータッチ。
挙句保護者同士までが我が子供がかわいくないのかとやり合う始末。
シメシメですな。

先生方夕方はバレーボール。凄い体力ですこと。

しかしテレビの主人公は元気溌剌、知性も充実理解ある家族、活動に何の支障が有ろう。
スカッとして当たり前。
色んなところで過不足ある保護者が集まれば揉めるのは必然。
わざわざ修羅場を作ってるようなもの
PTAが陳情、苦情の末の憤まんの掃き溜め場所に変わってる。
そういう不満が有らぬ噂の発信基地にもなりかねず。
心身ともに不健康な場と思った。

しかし真つばささんは正義の味方系のお芝居が向いてそう、
大袈裟なところもインパクト有って良い感じ。
先生役の人、羽鳥慎一さんが出てるのかと思った。にしてはすこし地味か?

スギちゃんにしろ、掘り出し物見つけるのがフジはうまい。
ホリ○モンさんさえ変な気起こさなければ、フジの失墜につながる経緯
こんなことに成ってなかったのかな。それとも素直に買収されてた方が…
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード