警察が嘘をつき雪だるま式に大きくなって管内は雪だるまアート乱立

深夜テレメンタリー
テレビで郵便局強盗事件ジャクソンさんとオースティンの(逃亡中)誤認逮捕らしき番組。
どこをどう見ても誤認逮捕。
警察の捜査で「しまった!自分たちのほうが間違えた」時
よくやるのが証拠ねつ造や証拠隠滅
警察の威信を守るため。

子供の頃「小さな嘘は辻褄を合わせるためやがて雪だるまのようになるよ、やがて
誰の目から見ても嘘とバレるようなことになるから」と、親から先生から教わったのに。

嘘を暴き正義を貫くはずの警察が小さな嘘の果て大きな大きな「嘘だるま」を製造
「日本人以外の外国人みんな同じにしか見えなかった」これが、
うそをつきはじめの発端ではなかったか。

そして取り調べの乱暴な事、罪なき人が誤認逮捕され挙句乱暴を振るわれ、
この恐ろしさは、いつ誰の身に降りかかるかわからない、しかも警察は総力を挙げて
とんでもない嘘をつき始め冷静な第3者の民さえ欺こうとする。
警察の総力結集、この多勢に無勢」で嘘がまかり通る社会の出来上がり。

権限を振りかざしてなおかつ集団が一丸となった時ほど恐ろしいことはないと思った。
保身が働くと悪の組織へと変貌する、警察や学校。
そしてそれは様々な会合でも。

スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード