ジャイアントパンダ

ちょい前の話ですが、パンダの赤ちゃん、死んでしまって残念でした。
園長さんと飼育員さんでしたっけ記者会見が開かれて。
園長さん
目のあたりにうっすら泣きはらした様子がにじんでるように感じてましたが
感極まってとうとう泣いておられました。←(感激してどうする)、
じゃなく「堪えきれなくなって泣いておられました」

理路整然と話されてた飼育員?の方との対比が、かわいいパンダの赤ちゃんの死に「なんで?」
批判めいた身勝手な感情も、園長さんの涙でかき消されてしまいました。

一番悲しいのは関係者と、何よりお母さんパンダでしょうに。
パンダさんは子育てが相当に大変で難しいみたいで。

子育てにパンダは二人?は必要?とか思ってしまう。

ぱぱぱんだとままぱんだ「ちょっとご飯(笹)食べてる間あなた赤ちゃん見ててよ」なんて
「ちょっと」なんて時間じゃないぱんだの食事時間

お母さんでさえゴロンゴロン丸っこい体で赤ちゃんうっかり寝返りで圧死事故。
ぱぱぱんだなんて、もっと赤ちゃんの存在忘れてゴロンゴロンしそう。
狭いパンダ舎 あぶないあぶない、だからパンダは子育てお母さんだけで、

パンダは着ぐるみ来た人間みたいだから(勝手な感想)
母親と父親の子育てお茶の間劇場二人?の住まいが勝手に繰り広げられてる。
自然界での本当の子育てはどんななんでしょう?興味津々
赤ちゃん育ててる大事な時も「ゴロンゴロン」の時間に奪われてる気がする
パンダは個人主義?

あの模様は保護色ですって?どこらへんが?何に隠れるわけ?
パンダは謎すぎる。
目は垂れ気味に見えてそれは目の回りの黒いマスカラ風のマーカーのせい
案外眼光鋭いとしたら「かわいい」という保護色

スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード